こんな女子会初めて! 友情がより深まっちゃう飴細工作り体験

こんな女子会初めて! 友情がより深まっちゃう飴細工作り体験

おでかけ 女子会で行きたいお店 伝統文化 体験 和スイーツ・和菓子 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今度の女子会どこにしよう…なんて友だちと悩んでいませんか?そんな時はちょっと趣向を変えて、見た目がキュートなうえに食べておいしい飴細工女子会をやってみませんか?子どものころ、お祭りで見かけた懐かしの飴細工。繊細な美しさにわくわくしたものです。そんな飴細工作り体験を友だちと一緒にすれば、お互いの絆もより一層深まるはず!そこで飴細工作りを「あめ細工 吉原 谷中店」で体験してきました!

Summary

1回の体験で作れる飴はなんと3本!職人さんが教える飴細工体験

西日暮里にある「あめ細工 吉原 谷中店」は、飴細工の体験専門店。和モダンな雰囲気ののれんが目印です。

今回体験したのは、1日4回開催されている飴細工体験会(1回3000円)。約1時間で、3本の飴細工を作り持ち帰ることができます。難しそうに感じますが、職人さんが丁寧に教えてくれるので、初めてでも心配なし!


体験で作る飴細工は、ウサギ、イルカ、クマ、コトリの4種類。時間帯によって作れるモチーフが異なるので、予約と合わせて事前にお店のホームページを確認してみて。


飴細工ってどうやって作るの?お手本を見ながら体験スタート!

今回は初級編、難易度1のウサギに挑戦!最初に職人でもある先生が作り方のお手本を見せてくれます。素早い手さばきに思わず見とれてしまいます。

その後、まずはベースとなる飴をしろ(バニラ)、ピンク(イチゴ)、あお(ソーダ)、きいろ(レモン)の4種類から3つ選びます。味で選ぶもよし、色で選ぶもよし、好みの飴をセレクトします。3つとも同じ色を選んでもOK。


ただの飴が、本当にウサギになるのか…若干不安ではありますが、いざスタート!


ヒーターであたためて柔らかくなった飴を手に取り、伸ばして折ってを繰り返します。軽く練り、棒につけたらまるく成形。イチゴを横にしたような形になったら、ウサギ全体のフォルムが完成!

その後は、ハサミを使ってよりウサギの形に近づけていきます。耳や手足をカットしながら整えていく時は、思わず力んでしまうほど緊張の瞬間。

このハサミ使いが肝心!柔らか過ぎると形が保てず垂れてしまったり、固すぎると今度は切るのに一苦労。力が入りすぎてウサギの足が飛んじゃった…!なんてハプニングもあるそうです。

なんとかウサギの形になったら、いよいよ絵付けです。これを行うと一気に飴に表情が!赤や黒など、食べられるインクで表情を描き込んでいきます。

目1つで表情が変わっておもしろい!同じ表情は2つとないので、みんなで見せ合って盛り上がるのも楽しそう!

完成品は、みんなで並べて撮影したり、見比べておしゃべりしたりなど、食べる前にも楽しめます!ラッピングしてお土産にすることもできますよ。

自分で作ったと思うとなおさら愛着が湧いて、食べるのが惜しいくらいですが、2週間以内に召し上がってくださいね!

体験のほかにも、ひやしあめや職人さんが作った飴細工も!

ひやしあめや職人の技が光る飴細工の販売も行っています。口の中に優しい甘さが広がるひやしあめ(380円)は、子どもの頃を思い出す懐かしい味。ほかにもウイスキーで割った大人なひやしあめ(650円〜)も!

職人さんが作った飴細工を購入することもできます(432円〜)。おとぎ話の中から飛び出してきたような表情豊かな動物たちに、思わずキュンとしますよ。


お店は西日暮里駅から徒歩10分。「あめ細工 吉原 谷中店」で女子会を開催すれば、きっとお互いの絆も深まること間違いなし!


■あめ細工 吉原 谷中店
住所:東京都台東区谷中3-18-6
TEL:03-6677-2688
営業時間: 11〜18時(土・日曜、祝日は10時〜)
定休日:火・水曜(祝日は営業)
料金:飴細工体験会3000円〜
URL:https://ame-yoshihara.com
取材先の希望のためURL記載をよろしくお願いいたします


Text:金谷はるか(vivace)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください