毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

開店前から行列!「氷屋ぴぃす」の進化形かき氷を食べに吉祥寺へ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 Eat 吉祥寺のカフェ かき氷 フルーツ フォトジェニックスイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

かき氷といえば夏の風物詩のひとつ。粗めに削った氷にビビッドカラーのシロップをかけた一品を思い出す人が多いでしょう。吉祥寺にある「氷屋ぴぃす」で味わえるのは、キラキラと輝くフルーツやゼリーがトッピングされた、見た目のインパクト大な進化形かき氷。若い女性を中心に注目を集めており、夏だけに限らず年中行列のできる人気店なんです。

Summary

昔懐かしい雰囲気のある、和モダンな建物

「氷屋ぴぃす」があるのは、JR吉祥寺駅から徒歩5分ほどの場所に位置する「吉祥寺じぞうビル」というなんともユニークな名前の建物の1階。鮮やかな赤と白を基調とした外観は、洗練された雰囲気を漂わせながらも、どこか懐かしさを感じさせます。

引き戸を開けると、電動かき氷機で氷を削っている男性スタッフの姿が目に入ります。かき氷機から出てくる氷は、まるでふわふわと舞い降りてくる新雪のよう! ひと目見ただけで、軽やかな食感であることがわかります。

 

思わず夢中でシューティング! 宝石のようなかき氷

(cap) 「苺畑レアチーズ」(1400円4ヘクタール)
「苺畑レアチーズ」(1400円4ヘクタール)

人気メニューのひとつ、「苺畑でレアチーズ」1400円(4ヘクタール)、1500円(5ヘクタール)、は、自家製のイチゴシロップやレアチーズソース、練乳をかけた氷にたっぷりのとちおとめをトッピングした、贅沢な一品です。ちなみにサイズを現すヘクタールは、「苺畑」の広さにちなんだサイズ表記で、4ヘクタールは4×4個、5ヘクタールは5×5個のイチゴが載っているのでなかなかの迫力です。“ゼリー寄せ”にされ整列したとちおとめは、キラキラと輝く宝石のよう。あまりのかわいらしさに、つい写真撮影に夢中になってしまいます。
「苺畑でレアチーズ」は、カメラに対して正方形ではなく、ひし形になるようにセットして撮るのがオススメ。奥行き感が増し、より印象的な写真に仕上がりますよ。

こちらは、空気をたっぷりと含んだとろとろのホイップクリームに、紫陽花をモチーフにしたゼリーをあしらった「ふわふわ紫陽花ベリー」(1300円)。軽い口当たりの氷とふわとろのクリームが、これまた相性バツグン!また、食べ進めるうちにクラッシュゼリーやレアチーズソースなどが混ざり合い、味がどんどん変化。ひと口ごとに異なる食感と味わいを楽しめるので、飽きることなく、ペロリと食べられます。ほかにも目玉焼きを模したビジュアルがキュートな「たまたまかんきつMixレアチーズ」(1400円)や、ごまとパンプキンが合いがけとなった「山田のごまプリン」(1100円)など気になるメニューがたくさん!

 

かわいすぎるかき氷のミニチュアにも注目 

カウンター上にふと目をやると、かき氷のミニチュア食品サンプルがずらり。モノづくり
が大好きなオーナーの奥様が、一つひとつ手づくりしたものなのだとか!

細かい部分まで丁寧につくられていて、写真を撮らずにはいられないほどキュート。

眺めているだけでハッピーな気分になれる、工夫とアイデアの詰まったかき氷が食べられる「氷屋ぴぃす」。かき氷の常識を覆す、10〜15種類のメニューがお出迎えしてくれますよ。


◼︎氷屋ぴぃす

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 吉祥寺じぞうビル 1階
TEL:090-2333-3303
営業時間:10〜21時(日曜、祝日〜20時)
定休日:月曜日

Text:緒方佳子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

こちらのカフェは図書でも詳しく紹介しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • yui yui
  • もろんのん もろんのん
  • 村上萌 村上萌
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ