毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

おもちゃみたい!「ON THE WAY」のプチカップケーキは3色セットでオーダー

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 Eat 下北沢のカフェ カップケーキ フォトジェニックスイーツ カラフル
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

“サブカルチャーの聖地”との異名をとる、下北沢。古着屋や雑貨屋のみならず、飲食店が数多く存在する下北沢でひときわ存在感を放つのが、今回ご紹介する「ON THE WAY(オン ザ ウェイ)」。“キュートでフォトジェニックなカップケーキのお店”として、注目を集めています。

Summary

写真を撮らずにいられない、かわいすぎるミニカップケーキ

京王井の頭線・小田急線下北沢から、歩くことおよそ5分。ビビッドカラーの電飾が施された、ポップな店構えが目に入ります。こぢんまりとしつつもオープンな雰囲気。

こちらでまずオーダーしたいのが、ひと口サイズの「ミニカップケーキ1個(250円)、3個(600円)」。お店のスタッフにお願いすれば、写真のようにスティックに刺し、リボンをデコレーションしてくれます。コーヒー豆が詰まったカップに刺せば、かわいらしさが倍増!しっとりとした甘さのカップケーキは、コバラが空いた時にもちょうどいいスイーツです。


乙女心くすぐる、メルヘンなカップケーキ

もちろん、通常のカップケーキもあります。フレーバーのバリエーションは、プレーンな「カップケーキ バニラ」(380円)、定期的に味が変わる「カップケーキ シーズナル」(450円)の2種類。まるでおとぎ話に登場しそうなメルヘンなルックスに、心奪われる女子が続出!ひと口食べれば心地よい甘さで、幸せな気分に浸れます。

ちなみに取材時に提供されていた「シーズナル」は、淡いピンクが乙女心をくすぐる「ミックスベリー」。ベリーの酸味と風味がほのかに感じられ、意外とさっぱりした味。今後も、「クリームチーズ」や季節に合わせたフルーツを使用したカップケーキなど、バリエーション豊富に展開されるそうです。


こだわりのコーヒー豆を使用。香り豊かなコーヒーも要オーダー

「オン ザ ウェイ」はコーヒーにもしっかりこだわっています。例えば、人気メニューの一つである「ラテ」(Mサイズ470円)には、ブラジルとケニアから取り寄せた豆をブレンドした、オリジナルの豆を使用。高い技術を誇るコーヒーロースター「ライフサイズクライブ」に豆の焙煎を依頼しているそうで、豊かでしっかりとした風味を楽しむことができます。カップケーキと一緒にオーダーすれば、甘さ控えめに仕上げられたクリームと、程よい苦みや香ばしさを醸すコーヒーが、お互いの味や香りを引き立てます。

「オン ザ ウェイ」というのは「どこかに行く途中」という意味。おさんぽでどこかへ行く途中に、気軽に寄れる、そんなお店になればいいな、というオーナーさんの想いが込められています。下北沢さんぽの途中に、ふらっと入ってみてくださいね。


Text:緒方佳子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

こちらのカフェは図書でも詳しく紹介しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • もろんのん もろんのん
  • YURIE YURIE
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • 6151 6151
  • セレイナアン セレイナアン
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ