【五島夕夏の駅からのんびりさんぽvol.5】阿佐ヶ谷でレトロ&カラフルさんぽの巻

【五島夕夏の駅からのんびりさんぽvol.5】阿佐ヶ谷でレトロ&カラフルさんぽの巻

五島夕夏 五島夕夏
東京都 おでかけ 五島夕夏 &mores カフェ レトロ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

イラストレーターの五島夕夏が、普段はなにげなく通り過ぎるあんな駅やこんな駅の楽しいことを探しながら歩く、のんびりおさんぽルポ。カメラ片手にさんぽをすれば、いつもの街もほんの少しだけ、色を変えるかもしれませんよ。それでは今日も、いってきます!

阿佐ヶ谷駅さんぽ

レトロな雰囲気に癒されよう

今回の舞台はこちら、阿佐ヶ谷駅周辺でございます。

ケヤキ並木やアーケードの商店街など、下町風情が色濃く残るのんびりとした町、阿佐ヶ谷。最近では「本当に住みたい街ランキング」で1位を獲得するなど、じわじわとその魅力が浸透しつつあるエリアです。

そんな阿佐ヶ谷の雰囲気に合わせて本日は、ワンピースとスカーフを使ったちょっぴりレトロなコーディネートにしてみました。

ヘアスタイルは、無造作に髪をまとめてスカーフを巻き付けただけの簡単アレンジ。

スカーフは古着であれば1000円程度~買うことができますし、首やバッグに巻いたりと万能なので、この夏1枚持っておくと大活躍まちがいなしですよ!

厚底だけど歩きやすいサンダルで、おさんぽ準備万端。

私自身、東京に住んでいながら阿佐ヶ谷に訪れるのはなんと、ほぼはじめて!わくわくどきどき、いったいどんな景色を見ることができるのでしょうか?

カラフルな世界を切り取って

北口を出て、気ままにてくてく。
歩きはじめてすぐに気づいたことがありました。

それは、阿佐ヶ谷にはフォトジェニックなスポットがまあ、多いこと!!

八百屋さんに並ぶみずみずしいフルーツや、鮮やかなミントグリーンの壁。

道路の“とまれ“マークにまで、可愛いライオンが描かれています。

この町に暮らす人々にとっては、日常に溶け込んだなんてことのない景色。はじめて訪れる場所だからこそ、その当たり前を新鮮に感じることができるんですよね。

美味しいも感動もぬかりなく

たくさん写真を撮って満足したところで、おそめのランチをいただくことにしました。

チョイスしたのは、ボリューム満点のローストビーフ丼。半熟卵も厚切りのお肉もトロットロ。体力が落ちやすい夏だからこそ、きちんとしっかり食べないとね。

美味しく元気チャージして、ごちそうさまでした〜!

お腹を満たして、おさんぽ再開。

まだまだ時間が余っているなあ、と考えていたそんな時。通りがかりの映画館で私が好きな作品をたまたま上映していたので、この機会にもう一度観てみることにしました。

結果としては、大正解!こぢんまりとした可愛らしい映画館だったのですが、観る場所によって作品の印象も大きく変わるなあ、と不思議な気持ちになりました。

館内の壁もこれまたフォトジェニックですね。

いやあ、知らない町ってこんなに楽しめるものなんだなあ。しみじみ。最後はカフェでお茶をして、1日をゆっくり振り返るとしますか。

ロイヤルミルクティーにお砂糖1つ。口の中にじんわり甘さが広がります。

おまけに、生チョコレートのモンブランもいただいちゃいました。濃厚で最高に美味しい……。これ以上の幸せはありません。

ああ、なんて良い日なんでしょう。

レトロな商店街や小さな映画館、おしゃれな古書店や古着屋さん。阿佐ヶ谷は、色んな“かわいい“が入り組んだ、飽きのこない町でした。

ぜひみなさんも阿佐ヶ谷に訪れて、レトロでカラフルな時間を堪能してみてはいかがでしょうか?

それではまた、次回のおさんぽ旅でお会いしましょう。さようなら〜!

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 6151 6151
  • 山田茜 山田茜
  • 北出恭子 北出恭子
  • 東原妙子 東原妙子
  • mini_minor mini_minor
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ