頑張ったワタシのご褒美に。2500円で味わえるコスパGOODな本格フレンチランチ

頑張ったワタシのご褒美に。2500円で味わえるコスパGOODな本格フレンチランチ

食・グルメ レストラン ランチ フレンチ レストラン予約 記念日ランチ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

銀座・数寄屋橋交差点の裏にひっそりとたたずむビルの地下1階に「レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ」はあります。ここは星付きフレンチの「ドミニク・ブシェ トーキョー」のシェフ、ドミニク・ブシェ氏が全メニューをプロデュース。本格的なフレンチをリーズナブルに味わえるのが魅力です。

Summary

グランシェフのこだわりポイント

「レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ」は、“ドミニク・ブシェの仲間たち”という意味をもつ店名の通り、長年ガストロノミー界をけん引してきたドミニク氏が「テーブルにつく時間とおいしさを分かち合い、いつでも帰りたくなる、お客様のカンティーヌ(食堂)のような存在でありたい」との願いを込めて考案したビストロです。

お店の雰囲気はカジュアルですが、提供される料理はリーズナブルながら本格派。ドミニク氏に料理へのこだわりを伺うと「心がけているのは、食材のクオリティ、フランス料理の伝統、そして味の決め手となるソース作りに手間を惜しまないこと」なのだとか。

「レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ」の伊藤翔シェフ。ドミニク氏の考えを受け継ぐべく、フランス伝統の味はもちろん、盛り付けも大切にしているそうです。

ステーク・フリット 2900円
ステーク・フリット 2900円(ディナーのみ)

「レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ」では、コースのほかに多彩なアラカルトメニューもスタンバイ。そのなかでもドミニク氏のイチオシは、こちらの「ステーク・フリット」。

フランス人のソウルフードともいわれるハラミのステーキは、軟らか&ジューシーで、うまみが凝縮されています。ドミニク氏がこだわるエシャロットのソースとの相性も最高!

“ドミニクスタイル”をランチコースでカジュアルに

メニュー・デジュネ 2500円
メニュー・デジュネ 2500円

そんなドミニク・ブシェ氏がプロデュースする料理を、気軽に満喫できるのが平日限定のランチコース「メニュー・デジュネ」。

季節によって内容は変わりますが、基本は本日のアミューズ、季節のサラダ、メイン、デザートのセット。食後にはコーヒー、紅茶、ハーブティーのいずれかを選べます。この内容が2500円で楽しめるなんて、感激しちゃいます!

取材時の前菜は「温泉卵と生ハムチップスのサラダ」。シャンパン・ビネガーとオリーブオイルで作ったドレッシングで味わいます。

トロッとした温泉卵、シャキシャキの葉野菜、カリッとした生ハムチップスと、3つの異なる食感がたまりません。

メインはステーキか本日のお魚料理から選べます。取材時のお魚料理は、アズキハタのポワレにアスパラガスのリゾットが添えられた一品。

パリッとした皮とふんわりとした白身に、魚や貝類でとっただしで丁寧に作られたソースがよく合います。チーズたっぷりのリゾットは風味豊か。大満足のボリュームです!

デザートは「クリームチーズのタルト エキゾチックのソルベ添え」。マンゴー、バナナ、フランボワーズ、パッションフルーツで作ったソルベは、口のなかでほんのりと酸味が広がり、爽やかな口当たり。コースの最後にぴったりの味わいです。

まるでパリのビストロ!洗練された大人の隠れ家

店内はパリの気さくなビストロに迷い込んだような空間。リラックスしておいしい料理が楽しめそうです。

壁に飾られたアートは、ドミニク・ブシェ氏の友人である、アーティストのピエール・マリーブッソン氏が手がけたもの。まるでギャラリーのような雰囲気です。

リーズナブルに本物のフレンチを味わえる「レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ」。頑張った自分へのプレゼントに、おいしいランチを味わいに出かけてみてくださいね。

Text、Photo:粟屋千春


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください