ROPPONGI HOTEL S【旅ガールたじはるのホテルステイ2】

ROPPONGI HOTEL S【旅ガールたじはるのホテルステイ2】

おでかけ たじはる &mores シティホテル モーニングビュッフェ ステイ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

西麻布交差点からすぐの場所にある「ROPPONGI HOTEL S」。立地のいい都心にありながらも賑わう六本木からは少し離れ、都会の隠れ家として利用することができる、まさに知る人ぞ知る大人のためのホテル。旅行の滞在先としても特別な日のホテルステイにもぴったり。今回はそんな都心でリラックスできる優雅なホテルステイをご紹介します。

Summary

茶室を備え「禅」がモチーフの日本らしさを感じられるお部屋

今回は、禅をモチーフにしたお部屋「Japanese style room ZEN」に宿泊。床は絨毯になっているので、靴を脱ぎ、家に帰って来た気分でリラックスして過ごせます。布団ではありませんが、和室っぽさを感じられる低めのベッド。

三畳の茶室があり、他のお部屋と比べるとより日本らしさを感じられる特別な造りになっています。

茶室は畳になっていて、床に座るスタイルが日本人としては落ち着きます。

木で統一され、温もりを感じられる千本格子の壁と階段。

階段を上った中2階にあるのはバスルーム。檜風呂を楽しめます。

お部屋には洗濯機が備え付けられていて、自由に利用することができます。

和と洋を楽しめるモダンジャパニーズスタイルのお部屋

今回、特別に他のお部屋も見せていただくことができました。こちらは、和と洋どちらも楽しめるモダンジャパニーズスタイルの「Japanese style room REN」。

バスルームには洗面台が2つあり、それぞれが待つことなく利用できるのがとても助かります。用意に時間のかかる女子にとってはかなりありがたい設備。

こちらのお部屋のアメニティはタイの高級スパブランド「THANN(タン)」のセット。いい香りです。

足も伸ばせるくらいにゆったりと大きなバスタブ。テレビもついているのでリッチな気分でゆったり。長風呂してしまうこと必至です。

オシャレなカフェラウンジで読書タイム

写真集や洋書など世界中の本が置いてあるラウンジ。昼間は明るく、カフェとして打ち合わせにも利用できます。ソファに座って優雅な読書タイムを楽しむのもよし。21時〜翌4時まではバーとして営業され、世界中のお酒を楽しめます。

ちなみにこのラウンジは宿泊者以外でも利用できるそうなので、西麻布周辺でのんびりコーヒーやお酒を楽しみたい方は是非。

ホテルに併設されているレストラン「COCONOMA Season Dining」。

新鮮な野菜をたっぷり食べられる朝食ビュッフェ(2500円)はホテルの魅力の一つです。

黒を基調としたシックな内装のレセプション
黒を基調としたシックな内装のレセプション

特別な日の利用にもぴったり。誕生日のサプライズで利用するお客さんもいて、特に女性から男性側へのお祝いが多いのだそう。

まるで家にいるときのようにリラックスしながら、リッチな気分で過ごせる「ROPPONGI HOTEL S」。

「暮らすように泊まる」を叶える素敵な週末ホテルステイになりました。

■ROPPONGI HOTEL S (ろっぽんぎ ほてる えす)
住所:東京都港区西麻布1-11-6
TEL:03-5771-2469
料金:Japanese style room ZEN 1泊室料1名1万4900円~2万6100円(税サ込)
Japanese style room REN 1泊室料1名1万4900円~2万6100円(税サ込)

 

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください