毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

「推し(そう)めん」はどれ?鹿児島・唐船峡のそうめん流し3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
鹿児島県 Eat ご当地グルメ その他の麺 素麺
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

猛烈な暑さが続いて、食欲も減退…。そんな時にはツルりと食べられるそうめんがおすすめです。鹿児島では、避暑地を求めて動き出す県民の口からよく聞かれるのが「唐船峡(とうせんきょう)行くが」という言葉。実はこれ、「そうめん流しに行くが(行こうよ)」の意味なんです。いざ、自分好みの「推し(そう)めん」を見つけに行くが(行こうよ)!

Summary

卓数90以上の巨大スポット・指宿市営唐船峡そうめん流し

鹿児島県民は「市営」と呼ぶ渓谷一の収容数を誇るお店。夏場は行列必至の人気店です。

小豆島から仕入れるコシのある麺を、湧水でキンキンに冷やしていただきます。

唐船峡のそうめん流しは、そうめんに、ご飯もの、マスの塩焼き、鯉こく、鯉のあらいなどがセットになったものがスタンダード。

写真はB定食。そうめん、おにぎり、マスの塩焼き、鯉こくが付いて1340円。お腹イッパイになる大満足のボリュームです。

目の前でそうめんがぐるぐると回る「回転式そうめん流し」。そうめんは右回りで流れているので、左利きの人は流れるそうめんをすくいにいくという弱点が…。

しかし、市営には3台と台数は少ないものの、上段が左利き用、下段が右利き用に回転の向きが異なるそうめん流し機があるので、左利きの人も快適にそうめん流しを楽しめちゃいます。

鱒寿司が絶品!座敷があるのも嬉しい・長寿庵

「指宿市営唐船峡そうめん流し」に隣接しているのが、「長寿庵」。和のテイストにあふれた、落ち着いた雰囲気のお店です。

渓谷に湧き出る水音を楽しめる屋外の席のほか、広々とした座敷席もあるので幅広い世代から親しまれています。

こちらが座敷席。小さい子ども連れのファミリーに人気です。

長寿庵のそうめんセットは、ご飯ものを「鱒寿司」「セイロご飯」「いなり寿司」からチョイスできる長寿定食(梅)1850円が一番人気。

この鱒寿司、ビールにもよく合うんです。ビールを飲みながら、ツルツルっとそうめんをいただくなんて、鹿児島ならではでしょうか。

1月中旬〜2月は冬期休業となりますが、鍋焼きうどんセット(980円)や煮うめん定食(1540円)などの“あったかメニュー”もあるので、冬の唐船峡を楽しみたい人にもピッタリ。

とにかく「つゆ」が旨い!マス釣りもできる・鱒乃家

「指宿市営唐船峡そうめん流し」「長寿庵」から少し離れた場所にあるのが「鱒乃家」。

池と緑に囲まれた自然の中にあります。敷地内に釣り堀があり、自分で釣ったマスを調理してもらえるんです。

写真はB定食1390円。自分で釣ったニジマスを塩焼きやあらいなどに調理してくれる人気の定食です(竿代別途200円)。釣りたてのマスの塩焼きは、身がふっくらして美味!格別の味わいです。

こだわりの素材で作った深いコクのある自家製ツユは、枕崎産の本枯節、ハチミツ入りで甘めで美味しい!鹿児島ならではの「甘い」調味料がお好きな方には特にオススメです。

店内はテーブル席のほか、奥には座敷席も完備しています。

そうめんの味わいはもちろん、ロケーションでも楽しめる唐船峡。推し(そう)めんを見つけて、この夏の暑さを乗り切ってくださいね。

text・photo:上村杏奈

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • セレイナアン セレイナアン
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • 村上萌 村上萌
  • Masa Masa
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ