日本にいながら地中海のリゾート気分を満喫【Masaの関西カメラさんぽ8】

日本にいながら地中海のリゾート気分を満喫【Masaの関西カメラさんぽ8】

おでかけ Masa &mores 絶景 カメラ カメラ女子
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

海外気分を味わえる観光地は日本各地にありますが、三重県にある志摩地中海村をご存知でしょうか?ヨーロッパに行ったことのない私でも「これは間違いなく地中海だ!」と思えるほど、イメージぴったりの街並みに驚かされます。メインは宿泊施設ですが、レストランやカフェがあり、宿泊以外の人も入村OK。簡単にヨーロッパには行けませんがここならすぐに行けるので、リピートしたくなりますよ。

Summary

入ってすぐに広がる景色は地中海リゾートそのもの

入口近くのサルジニアゾーンは、イタリアの地中海に浮かぶサルデーニャ島をイメージ。まず目に入ってくる噴水の広場は、村内にある各ゾーンの分かれ道にもなっていて、綺麗な花と、涼しげな水しぶきが出迎えてくれます。

土色の壁や、カラフルな階段が特徴的な「Cafe Amigo(カフェ アミーゴ)」は、混んでいて入れませんでしたが、外観だけでも素敵な写真が撮れてしまいます。

テラス席もあります。かわいらしいパラソルがリゾート気分を盛り上げてくれますね。

壁に描かれた鳥の絵がかわいいスポット。ここが素晴らしいのは、よくあるハリボテではなく、すべて本物の宿泊施設であることです。どの角度から撮ってもリアルさが伝わります。

真っ白な建物がたくさんの「アンダルシア」はまさに絶景

真っ白な壁が続くアンダルシアゾーンは、地中海リゾートを一番感じるエリアでした。特に青空の日は、白壁がより一層生えること間違いなしです。

壁に花が飾られた場所もあちこちに。本場の地中海もこんな感じなのかなと想像してしまいますね。

どこを切り取っても日本とはとても思えないですよね。青空を入れると、さらに地中海らしさを表現できます。

搾りたてのオレンジジュース500円。ジューシーでおすすめですよ。(お店は不定休)

まるでスペインの田舎町を旅行している気分の「カスティーリャ」

スペイン中部のカスティーリャ地方をイメージしたゾーンは、真っ白な壁というより、少しクリーム掛かった壁の色。素朴な石積みの窓や外壁が特徴的な、落ち着いた趣のある街並みです。

この奥は宿泊者しか行けないゾーンもあったりして、宿泊したい気持ちが高まります。

これは「愛の塔」にある、「愛のブランコ」。ここも写真を撮りたくなるスポットですね。

地中海村全体の設計はスペイン人建築デザイナーが担当。調度品もスペインから輸入しており、リアルなヨーロッパを感じることができます。

関西からだと日帰りで行けますが、宿泊すれば、さらにリゾート気分を満喫できそう。次は泊まりでも行ってみたいと思える場所でした。パワースポットとしても有名な伊勢神宮や、赤福餅などが食べられるおかげ横丁は、一緒に行ってみる価値ありです。

photo:西山雅彦(@masa_nikonist)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください