毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

神戸の人気ブーランジェリーの2号店は、“毎日食べたいおやつ”が主役

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
兵庫県 Want 手土産 お菓子 パン ケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

神戸・御影で人気の「Boulangerie Bienvenue(ブーランジェリー ビアンヴニュ)」。お客さんのことを家族のように思い、安全でやさしいパンを焼いているのはオーナーシェフの大下尚志さん。六甲にオープンした2号店「Boulangerie Bienvenue coffret(ブーランジェリー ビアンヴニュ コフレ)」では、パンに加え、毎日のおやつに食べたくなるような日常のお菓子が揃っています。

Summary

毎日の暮らしに寄り添うパンが充実

神戸・御影、阪神間を東西に結ぶ山手幹線に面した場所にある「ブーランジェリー ビアンヴニュ」。2012年にオープンしたこのお店は、神戸で1、2を争う人気のパン屋さんです。オーナーシェフは、大下尚志さんは、毎日食べても飽きないシンプルなパンを、そして家族が喜ぶ安心で安全なパンを目指して、日々パンを焼いています。

2018年5月、そんな大下シェフがオープンしたのが、姉妹店の「ブーランジェリー ビアンヴニュ コフレ」。

本店でも、パンのほかクグロフなどの焼き菓子を少し作っていますが、それが好評だったので、お菓子を主役にした2号店を出すことにしたのだそう。2号店は、阪急電鉄阪急六甲駅から徒歩約5分、若いファミリーも多い、六甲エリアにあります。

緑に囲まれた店に入ると、棚には本店から届く焼きたてのパンがずらり。窓際の棚には焼き菓子やラスクなどが並んでいます。そして、パンが並ぶ棚の下には、小さな冷蔵ショーケースもあります。

おやつに食べたい親しみ感じる生菓子

小さな子ども目線で備えられたショーケースには、カラフルなお皿に並べられた「プリン」、「シュークリーム」、「チーズケーキ」、「ロールケーキ」が並びます。

「毎日のおやつに食べてもらえるような、親しみあふれるお菓子を…と思い、このラインナップにしました」とシェフ。小さなお子さんが訪れて、お菓子を眺める姿がとってもかわいい! 

ここで、3時のおやつに食べたい4種のスイーツをご紹介。

ロールケーキ 230円(税別)
ロールケーキ 230円(税別)

マヌカハニーを混ぜて焼いたしっとり生地に、生クリーム&ホイップクリームをブレンドしたクリームを巻いた「ロールケーキ」は、生地とクリームがベストバランスです。

シュークリーム 280円(税別)
シュークリーム 280円(税別)

こちらは、大きなシュー生地に、島根・木次乳業の低温殺菌牛乳を使って作るカスタードクリームと生クリームをたっぷり絞った「シュークリーム」。バニラが香るクリームやあられ糖の甘みと、歯ごたえを感じる生地がポイントです。

プリン 250円(税別)
プリン 250円(税別)

ほんのり弾力を残しつつ、なめらかに食感に仕上げた「プリン」は上品な味わい。子どもはもちろん、大人にも大好評の一品です。

チーズケーキ 280円(税別)
チーズケーキ 280円(税別)

「チーズケーキ」には、フランス産のクリームチーズを使用。濃厚ながら、くどくない味わい。どれも、値段も手頃なのがうれしい!

手土産に焼き菓子もおすすめ

「クロワッサンラスク」(250円、税別)や、本店でも大評判の「オレンジのクグロフ」(600円、税別)などの焼き菓子も充実しています。

写真の「フィナンシェ」は、プレーン、ショコラのほか、宇治抹茶を使用した抹茶味も人気。

かわいい箱やエコバッグもあるので、詰め合わせても素敵です。

ブーランジェリーが展開する焼き菓子は、しっかりと焼き込んだ小麦粉の風味を感じる味わいが特徴。大下シェフがこだわる火入れの技がしっかり表現された焼き菓子を、手土産にはもちろん自分用にもぜひどうぞ。

Text:いなだみほ
Photo:坂上正治

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • YURIE YURIE
  • マイメロディ マイメロディ
  • きょん。 きょん。
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ