必ず突っ込まれる超ハイセンスなダジャレ雑貨を買いに、鎌倉「WELKAM」へ

必ず突っ込まれる超ハイセンスなダジャレ雑貨を買いに、鎌倉「WELKAM」へ

江ノ電 ショッピング 鎌倉みやげ 雑貨 ファッション ギフト・プレゼント
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

鎌倉イチの買い物&グルメストリート・小町通りにあるおみやげショップ「WELKAM(ウェルカム)」。“WELCOME TO KAMAKURA”という言葉からつけられた店名のとおり、おしゃれなものから思わずクスッと笑っちゃうものまで、鎌倉愛にあふれるアパレルや雑貨がたくさん並んでいます。

Summary

にぎやかな鎌倉・小町通りにある“シャレた”おみやげショップ

鎌倉・小町通りの終点近くにある「WELKAM」は、鎌倉出身のオーナーと奥さまのふたりで営んでいるおみやげショップ。ダジャレやパロディをベースにしたアイテムを多数揃えながらもセンスが抜群で、いわゆる観光地のおみやげ屋さんとは一線を画す存在です。アメリカのダイナーを思わせる“WELKAM”のネオンサインもおしゃれ。

ショップのロゴは、“おもてなし”の精神を込めて歓迎ゲートをイメージしたデザイン。オーナーの水谷さんは、「江ノ島 鎌倉サイダー」のラベルデザインも手がけるグラフィックデザイナーとのことで、このお店のアイテムがふざけていながらも洗練されていることに納得です。「WELKAMロゴTシャツ」(3888円)は、 Championボディを採用。ボックスシルエットがおしゃれ見えするだけでなく、肉厚な生地や伸びにくいバインダーネックなどタフなつくりも魅力です。

さまざまなデザインのWELKAMロゴがプリントされたTシャツからジョン・レノンが着ていた「NEW YORK CITY」Tシャツのパロディまで、25種類以上のTシャツがラインナップ。WELKAM×ゴーストバスターズのTシャツ(3888円)は、なんとオフィシャルコラボ!

夫婦ふたりで考える、ダジャレアイテムやパロディデザインが魅力

WELKAMの代表的作ともいえる「いい国(1192)つくろう鎌倉BAG」(1296円)。何個持っていてもいいキャンバストートは、自分みやげにちゃっかりゲットしたいですね。ほかにも、人気の「KAMAKURA CITYトート」(2160円)や鎌倉観光をしている鳩のイラストがかわいい「鳩トート」(2160円)鎌倉マップが描かれた「KAMAPトート」(2160円)なども。

アメリカのモーテルのルームキーをイメージしてデザインされたキーホルダー(648円)は、R134沿いのモーテル「WELKAM MOTEL」の部屋の鍵という架空の設定があります。本場の質感を出すために、アメリカの工場に製造を依頼。カラーは全8色で、グリーンとエンジが人気だそう。鎌倉の観光スポットが描かれているのは「TRIPパックコーヒー」(216円)。中身のコーヒーはWELKAMオリジナルのブレンドで、鎌倉のロースター「イマジネーションコーヒー」によるもの。味わいもグッドです。

鎌倉の名産“シラス”が描かれた「シラスマホケース」(2160円)は、ポップなカラーとぱっと見“シラス”とわからないデザインがかわいい一品。内側にICカード用ポケットが付いた手帳タイプのスマホケース(2700円)もあり。ネーミングのダジャレはご夫婦ふたりで考えているそうで、なんとも微笑ましいですね。

一番人気の「KAMAKURA CITY コーヒータンブラー」(1512円)は、保冷&保温機能が高い二重構造。「R134コーヒータンブラー」(1728円)はテイクアウトのペーパーカップをイメージした新型。海が近い鎌倉らしいおみやげ「フローティングキーホルダー」(1080円)も。

ファッション好きな女子の間では有名なエコバッグ「THANK YOU TOTE」も、WELKAMの手にかかればこのとおり。スマイルマークが大仏になって登場です。「THANK YOU」シリーズはTシャツ(2592円)もあります。キャンバス地の「THANK YOU ショッピングバッグ」は1296円。

気ままに登場する新作や鎌倉の木工職人が手がけたアイテムも

新作のTシャツはシックなデザインとゆるいイラストが魅力。(WEL)COMEに線が引かれて、KAMと訂正されている店名の由来を示したデザインアイデアはショップのエントランスマットにも。新作はシーズンごとにリリースするのではなく、アイデアが浮かんだときに登場するそう。

コーヒーのペーパーフィルターがヨットの帆になる「YACHTペーパーフィルターホルダー」(4320円)は、ショップの内装も手がけている「アトリエ ニエフ」によるもの。一生モノになるMADE IN KAMAKURAのまじめなおみやげもあるんです。

水谷さんは旅行が趣味で、昔から街のおみやげ屋さんを見るのが好きだったそう。遊び心あふれるおしゃれな雑貨は、大人女子の鎌倉みやげにぴったり。ひと目ボレしたものは、迷わず自分へのおみやげに。鎌倉旅の終わりに立ち寄りたいマストスポットです。

Text:高橋亜矢子
photo:榊水麗

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください