ちょっとシュールなかわいさの虜に!京都で噂の「ぱんだんご」って?

ちょっとシュールなかわいさの虜に!京都で噂の「ぱんだんご」って?

食・グルメ スイーツ 和スイーツ・和菓子 お団子 パンダ 白玉
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

パンダとお団子が大好き!という店主の平井さんが2013年にオープンした「ぱんだの散歩」。通年商品はみたらし団子と「ぱんだんご」の2種類のみの小さなお団子屋さんです。オリジナルグッズはかわいい!と評判で、コレクターもいるほどの人気ぶり。あなたも「ぱんだんご」を連れて、京都の街を散歩してみては?

Summary

焼かれる姿も撮影ポイント!キュートなぱんだんご

左から、ぱんだんご150円、みたらし団子100円
左から、ぱんだんご150円、みたらし団子100円

「ぱんだんご」はもち粉と米粉をブレンドして作る、もっちり食感のお団子。パンダの耳や目は竹炭パウダーを生地に混ぜ込んで作ります。みたらしのタレは、ざらめ、醤油、水あめなどから手作り。添加物などは一切使っていません。

背中にタレが敷いてあるので、食べる時に好みでからめて、「日焼けぱんだんご」にしていただきます。

お団子は注文を受けてから軽くあぶり、香ばしく提供されます。焼き網の上で焼かれるシーンはちょっぴりシュール。雑誌で焼くシーンの写真が掲載されてからというもの、「撮影したい!」というお客さんが後を絶たないそう。

ソーダの中で泳ぐぱんだんご!?季節商品も要チェック

ティーソーダ(白玉ぱんだんご入り)500円
ティーソーダ(白玉ぱんだんご入り)500円

7~9月頃まで、夏季限定で提供されるティーソーダ。紅茶のシロップを炭酸でわり、フレッシュなミントをのせます。こちらは白玉粉で作った「白玉ぱんだんご」がついてきますよ。つるっと食べられて、冷たいティーソーダとの相性もばっちり。

実はこの「白玉ぱんだんご」は食べるだけじゃないんです!マドラーの役割もかねています。ミントを沈め、紅茶シロップと炭酸をしっかり混ぜ混ぜ。

この「白玉ぱんだんご」が底に沈む、なんとも言えない光景も人気の秘密なんです。「いつもお客さんがすごく盛り上がってますね」と平井さん。思わず写真に撮りたくなっちゃいます!

パンダ好きなら手に入れたいオリジナルグッズ

キーホルダー(中)1000円
キーホルダー(中)1000円

お店の壁には、キーホルダーやマスキングテープ、アクセサリーなどオリジナルグッズが並んでいます。一番人気は、「みたらし団子」とセットになったキーホルダー。まるで本物そっくり!

年に数回、季節によって紅葉を持ったものや、てるてる坊主に変身したものなど特別バージョンが発売されます。メッセージカードやクッキーとセットで販売されるので、価格はいろいろ。

数量限定で生産する特別バージョンは、いつも売り切れてしまう人気ぶり。「次の新作はいつから発売なの?」と問い合わせも多いのだとか。集めたくなるのもうなずけるかわいさです!

マスキングテープ400円
マスキングテープ400円

マスキングテープは、「ぱんだんご」がころころと転がっているような絵柄。よーく見てみると、後ろ姿がたまに混ざっていますよ。

お店はテイクアウト専門で、お団子は持ち帰り用のパックに入れてくれます。公園や観光スポットに「ぱんだんご」を持っていき、いろんな場所を背景に撮影を楽しんじゃいましょう。ちょっと傾けたり、横を向かせてみたり。いろんなかわいい表情を見せてくれるはずです。

Text:並河智子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください