わざわざおめかしして味わいたい!かわいすぎる「RURU MARY’S」の世界に浸って

わざわざおめかしして味わいたい!かわいすぎる「RURU MARY’S」の世界に浸って

ショッピング チョコレート スイーツ ショコラティエ 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

言わずと知れた日本のチョコレートメーカー「メリーチョコレート」から、大人かわいい新たなブランド「RURU MARY’S(ルル メリー)」が登場しました。こちらの商品が、とにかくとーってもかわいいとのウワサなんです!チョコレート好き必見の絶品スイーツとあわせて、集めたくなるほどキュートなパッケージをご紹介します。

Summary

日本のバレンタインを生んだのは「メリーチョコレート」⁉︎

1950年の創業以来、日本のチョコレート界に多大な影響を与えてきた「メリーチョコレート」。恋する女子にとって重要な「バレンタインデー」を日本に広めたのは、こちらのメーカーだったということをご存知でしたか?

遡ることおよそ60年前、女性の社会進出が一気に進んだ1950年代の終わり頃。西洋のバレンタイン文化を知った「メリーチョコレート」は、「おしとやかであることを求められる日本女性も、この日こそは男性に自ら想いを伝えよう!」という提案をし、ハート型のチョコレートを売り出しました。

これが大ヒット!「バレンタインデー」が広まると共に「メリーチョコレート」も日本中でさらに知られることとなったのです。

永遠に眺めていたい…絶品「ショコラテリーヌ」を包むかわいすぎるパッケージ

そんな「メリーチョコレート」が、2017年に新しく打ち出したブランドが「RURU MARY’S」です。「ゆったり流れる大切な人との縷々(るる)とした時間を、チョコレートと共に楽しんで欲しい」という思いが込められています。

まずご紹介したいのが「ショコラテリーヌ ナチュール」(1944円)。このパッケージのかわいさに目を奪われない女子はいないはず!山の麓に広がる湖が描かれたロマンチックな箱を開くと、そこには繊細なスズランの花が1輪。まるで絵本のページをめくっているかのような気持ちになります。

こちらが「ショコラテリーヌ」です。火を加えてもチョコレートの風味が消えない、ベネズエラ産のカカオマスをたっぷり使っているそう。

また、ケーキにしては珍しく小麦粉を加えていないのもポイント!ざらつきが一切なく、口に含むとスッととろけてしまいます。濃厚な甘みと、心地よいなめらかな口どけに、もううっとり…。

シンプルにチョコレートそのものを味わう「ナチュール」に加え、フルーツの華やかな味わいの「オランジュ」(1296円)や「グリオット」(1296円)も販売されています。

刻まれたフルーツを生地に混ぜることなく、そのままショコラテリーヌの生地でサンドしているのがこだわり!

フルーツの甘酸っぱさと、テリーヌの口どけを同時に楽しむことができます。また、包みの紙にはそれぞれ、オレンジとさくらんぼの花が描かれているのもポイントです。女子のハートを掴む細やかな作りに、ときめきが止まりません。

誰かとシェアしたくなる!サブレやガトーショコラも見逃せない

「社内で夢中になる人が続出している」とスタッフもイチオシする「ショコラサブレ(8枚入 1080円)も要チェック!上品なブルーをベースにしたボックスに包まれているのは、柔らかくサクサクとした食感のクッキーに、ナッツとチョコレートをトッピングしたサブレです。

味は「ヘーゼルナッツとスイートチョコレート」、「マカダミアナッツとミルクチョコレート」の2種類。ショコラティエが吟味してブレンドしたチョコレートがたっぷりかかっており、チョコ好きには悶絶必至の味わいになっています。

さらに10月2日には、ふんわりとした食感が楽しめる「ガトーショコラ(324円)」が発売予定です。味は「オランジュ」と「レーズン」の2種が用意されています。パッケージのかわいさは言わずもがな、箱を開いたときの愛らしさもほかの商品に負けません!

手のひらサイズなのも嬉しいポイント!ちょっとしたおやつにしたいサイズ感ですね。常温での持ち歩きも可能なので、贈り物にもぴったりな1品です。


チョコレートを通して、ゆったりとしたひとときを堪能するために生まれた「RURU MARY’S」。その味わいはさることながら、物語性を感じるロマンチックなパッケージも大きな魅力です。わざわざおめかしをしてじっくり味わいたくなるかわいいスイーツたちを、あなたもぜひ手に入れて!

◼︎Mary’s Café
住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 丸の内JPタワー内商業施設「KITTE」(キッテ)1階
TEL:03-6256-0885
営業時間:10〜22時
定休日:無休「KITTE」(キッテ)に準ずる

Text:中村佑衣(エフェクト)

●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください