本場のオートクチュール刺繍が学べる!?︎プロも大注目な「Lemmikko」の刺繍レッスン

本場のオートクチュール刺繍が学べる!?︎プロも大注目な「Lemmikko」の刺繍レッスン

おでかけ 手芸 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

およそ300年もの歴史を持つ、かぎ針を使ったフランス生まれの美しい刺繍技術「リュネビル刺繍」。代々木上原にアトリエを構える刺繍ブランド「Lemmikko(レンミッコ)」では、本場フランスで研鑽を積んだ職人からその技術を学ぶことができるんです!レッスンの様子や、その繊細なアートワーク、そして併設されている手芸店「color bucket(カラーバケット)」をご紹介します。

Summary

糸で描く細やかなアートを学びにLemmikkoへ

代々木上原駅から歩くことおよそ10分。閑静な住宅街に「Lemmikko」はアトリエ、レッスンルーム、そして手芸用品店「color bucket(カラーバケット)」を構えます。

ここでは、薄く張られた布に糸やスパンコールで模様を描く「リュネビル刺繍」を学ぶことができます。講師は本場フランスにて、CHANELやDiorからの発注を受けているアトリエで学んできた職人さん!帰国してからは、東京コレクションに出る一流ブランドに刺繍を提供したり、国内外のアーティスト(ミュージシャン)や劇団の舞台、CMや映画に使われる衣装などの受注製作とともに、レッスンも始められたそうです。

ひと針ひと針丁寧に。じっくり学ぶ、フランス生まれの伝統技術

さて、そんな実力ある職人さんから、じっくりと刺繍技術を学べるレッスンを体験してきました。クラスは「入門編」から「レベル5」まで用意されており、1コースにつき6〜8コマあります。ゆったりとした少人数制の教室で、徐々にレベルアップすることができます。

レッスン開始と同時に「リュネビル刺繍」用の道具を一式購入するので、レッスンが全て終わってからも刺繍を楽しむことが可能です。なお、レッスンで使う材料費料は、レッスン料に含まれています。

実際に生徒さんが作られていた作品がこちら!糸やスパンコール、ビーズを駆使して、繊細な模様が描かれています。こんなに美しいものが自分の手で生み出せるなんて、楽しいこと間違いありませんね…!

また先生に相談しながら、その人のレベルや好みに合わせて刺繍するコース「フリーレッスン」も受講することができます。レッスンルームには先生がたが実際に製作された作品も展示されているので、参考にしてみましょう。

高い技術と感性に裏打ちされたアートワークに、もう惚れ惚れ…。見れば見るほど細やかで美しい手仕事に、思わずため息が出てしまいます。

そんな本格的なレッスンは、北は北海道産から南は沖縄まで、さらには上海、タイ、そしてフランスなどなど、海外からも受講者が訪れているそう!ときにはプロとして活躍されている職人さんが受講されることもあるのだとか。気になる方は、順番待ちも覚悟の上で申し込んでみてくださいね!

まるでおもちゃ箱!色とりどりの素材が詰まったcolor bucketも要チェック

レッスン室のすぐ横に併設されているのが、「リュネビル刺繍」に使える素材がぎっしりと並ぶお店「color bucket」。ここには国内外で厳選した、なかなか手に入らない形や色の素材が並びます。

こちらはもともと、アトリエで使った素材の在庫置き場だったそう。なので、なかには実際に有名ブランドのオートクチュール作品に使用したものも販売されているのだとか!

店内にはぎっしりと並ぶ、スパンコールや糸、ビーズ、レザー、羽などは希少品も多いんです。たとえばビーズ1つとっても、今はもう生産されていない色味、形の逸品が手に入ることも。そのため、足繁く通う手芸マニアも少なくないそうです。

「リュネビル刺繍」は気になるけど、ちょっとハードルが高いかも…なんて方にぜひおすすめしたいのが、必要な素材がパッケージになっているこちらのキット!「Lemmikko」さんによる小物の作り方を説明した書籍(右)で実際に紹介されているポーチなどを作ることができます。

ネット注文も可能なので、とりあえず刺繍に触れてみたい方や、東京は遠すぎてレッスンの受講や素材の購入が難しい、なんて方は、ぜひチェックしてみては?

「ただ受けて終わりでなく、ここを卒業しても生徒さんには自分でものづくりを続けてほしいんです。なので、ここは“レッスン場”というよりも“研修場”と思っています」と語る先生。職人らしい、モノづくりに対する情熱を感じる言葉です。本場フランスで培われた伝統的な刺繍技術は、身につければきっと一生ものの宝になるかも!

◼︎Lemmikko
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-42-6
TEL:03-3468-5795
営業時間:11〜18時
定休日:不定休(詳細はHPのカレンダーをご覧ください)
    http://lemmikko.com/shop/shop/calendar.html

Text:中村佑衣(エフェクト)

●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください