毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

那須の隠れたリゾートエリア黒磯”裏那須”のおすすめショップ4選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
栃木県 パン ベーカリー カフェ コーヒー リノベーションカフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京駅から東北新幹線を乗り継いで約1時間半。栃木県の黒磯駅周辺は、ここ数年でおしゃれなカフェやお店が急増している注目スポットなのです。観光やレジャーで有名な那須塩原市の隠れた名所=「裏那須」とも呼ばれる黒磯。今回はなかでも特におすすめしたい4つのお店をご紹介します。丸1日楽しめる素敵なお店が立ち並ぶ黒磯へ、週末さくっと出かけてみませんか?

Summary

お花を身近に楽しめる雑貨屋さん「Dear, Folks & Flowers」

まずはインスタグラムで写真を見て思わず「かわいい…!」と一目惚れしてしまった、「Dear, Folks & Flowers(ディア フォークス アンド フラワーズ)」。

店内には「お花を暮らしの中に取り入れる」ことをテーマに集められた、お花にまつわるアンティーク小物や雑貨などがセンスよく並べられています。

そのどれもが、店主の樋爪さんが国内外からご自身で買い付けたこだわりの1点もの。

入り口に置かれた20種類ほどのお花は、どれも普段はなかなか見ることのないめずらしいものばかり。日々、季節や樋爪さんの気分によって入れ替わるため、翌週には1つとして同じお花はありません。まさにその時、ここでしか出会えないお花たちなのです。

特に人気なのは「今日のブーケ」(1000円ほど)という小さな花束。手軽に持ち帰れるサイズなので、おみやげ感覚で買って帰る人も多いのだそう。

また、ここにあるお花はどれも生けて終わりではなく、その後もドライフラワーにして長く楽しめるもの。実はこのあとご紹介する黒磯の他のお店でも、「Dear, Folks & Flowers」のお花が飾ってあるのをよく見かけました。

「お花をもっと身近に」「お花に興味のなかった人にも、お花を楽しんでもらうきっかけになりたい」。そんな樋爪さんの想いがあふれる、こだわりの詰まったお店です。

◼︎Dear, Folks & Flowers
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-5
TEL:なし
営業時間:11:00〜19:00
定休日:木曜日

100%国内産の小麦から作るパン屋さん「KANEL BREAD」

黒磯駅の目の前にあるパン屋さん、「KANEL BREAD(カネル ブレッド)」。

こちらのパンのこだわりは、100%国内産の小麦とライ麦を使っていること。日本全国の産地や品種、生産者によって異なる麦を使い分け、香りのバランスや目指す食感などに合わせて調整しているのだそう。

また、特にバゲッドなどのハード系のパンがおすすめですが、水分をやや多めにし、日本人の好みに合ったパンに仕上げているのも特徴。

圧倒的人気なのが「あんバターサンド」(360円)。自家製のあんと厚切りバターが挟まってしっとり味わえるパンです。

土日には遠方からわざわざ買いに来る人も多い人気店なので、お昼前までに行くのがおすすめです。

◼︎KANEL BREAD
住所:栃木県那須塩原市本町5-2
TEL:0287-74-6825
営業時間:8:00〜18:00
定休日:火曜日、水曜日

シドニー発の本格コーヒーとパンが自慢の「Iris BREAD & COFFEE」

「KANEL BREAD」のすぐ隣にあるのが「Iris BREAD & COFFEE(イリス ブレッドアンドコーヒー)」。こちらではKANEL BREADで購入したパンを食べることもできます。

ナチュラルな雰囲気で落ち着く店内。

女性におすすめのメニューは「グラチネ」(750円)。フォカッチャに、自家製ハムとベシャメルソースを使ったクロックムッシュです。中はふわとろの生地とソースが広がっていて、ボリュームもたっぷり。サラダもたっぷり!

また、コーヒーはたくさんの中から選び抜かれたという、オーストラリアのシドニー発祥の「シングルオー」の豆を使っています。

一杯ずつていねいに淹れられたコーヒーやラテは、パンとの相性もばっちりです。ぜひ一緒に嗜みたいですね。

◼︎Iris BREAD & COFFEE
住所:栃木県那須塩原市本町5-2
TEL:0287-74-6877
営業時間:8:00〜18:00
定休日:火曜日

大正時代から残る古き良き建物のカフェ「カフェ・ド・グランボワ」

大正5年に建てられたという、旧・黒磯銀行だった建物をカフェに改装した「カフェ・ド・グランボワ」。歴史を感じる石造りの建物は当時のままなのだそうです。

店内もレトロな雰囲気。

人気のメニューはオムライス(1000円)。お客さんの口コミから次第に人気が広がり、今では定番メニューの1つに。長時間かけて煮込んだデミグラスソースはしっかりコクがあって絶品です。卵は同じ栃木県の大田原市のものを使用しており、ふわっふわでとろとろの卵が濃厚なソースをまろやかにしてくれます。

◼︎カフェ・ド・グランボワ
住所:那須塩原市栃木県那須塩原市本町5-19
TEL:0287-64-2330
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜日

おしゃれで感度の高いお店がここ数年で続々とオープンした黒磯駅周辺。これまで那須と言えば高原やレジャーといったイメージがありましたが、実はこの「裏那須」エリアだけでも十分楽しめるお店がたくさん。どのお店も黒磯駅から歩ける距離なので、週末の電車旅にぴったりです

text:てい えみ
photo:草葉あゆみ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • 久野知美 久野知美
  • 下川友子 下川友子
  • セレイナアン セレイナアン
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ