じわじわキテる「さばサンド」。相性抜群のクラフトビールと一緒に食べてみたい!

じわじわキテる「さばサンド」。相性抜群のクラフトビールと一緒に食べてみたい!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
食・グルメ お酒 ビール クラフトビール パン サンドイッチ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

じわじわブームがきている「さばサンド」。さばをサンドイッチに挟むなんて意外な気がしますが、ベトナムのサンドイッチ“バインミー”の具としても定番なんです。そんな「さばサンド」を絶品クラフトビールと一緒に楽しめると聞き、行ってみたのは「常陸野(ひたちの)ブルーイング・ラボ マーチエキュート神田万世橋店」です!

Summary

赤レンガが目印!世界的に有名な日本のクラフトビールの直営店

向かったのは、明治期の赤レンガ造りの旧万世橋駅高架下をリノベーションした商業施設、マーチエキュート神田万世橋。この辺りはかつて文化人と大衆が集まって、文化交流が盛んに行われた場所でした。

そんな土地でビール文化を育みたいと、2015年に「常陸野ブルーイング・ラボ マーチエキュート神田万世橋店」をオープンしたのは茨城県の蔵元、木内酒造。日本酒も作っていますが、世界的に有名なクラフトビール「常陸野(ひたちの)ネストビール」を製造・販売する、日本のクラフトビールの先駆者的存在です。

店内も外観と同じくレンガ造りになっていて、外壁は明治時代のままというから歴史を感じます。壁にはビールの原料となるホップやモルト(麦)の展示まで!

ビールとの相性抜群!肉厚の国産さばを使った「さばサンド」

こちらが今回お目当ての「常陸さばサンド」(680円)。オープン当初からの定番メニューで、胚芽パンに粒マスタードをたっぷり塗って、肉厚なさばとにんじん、玉ねぎをマリネしてサンドしています。

酒蔵のオリジナルビネガーでとれたてのさばを茨城でマリネにし、真空パックにして店舗に運んでいるから鮮度抜群。臭みがまったくありません!さばのサンドイッチなんて意外でしたが、シャープな酸味のマリネがさばの脂と絶妙にマッチしています。

このさばサンドと相性抜群なのがお店で1番人気の生ビール「常陸野ネストビール ホワイトエール」(レギュラー680円)。普通のビールとは違って黄色がかった乳白色。コリアンダー、オレンジピール、ナツメグなどのスパイスを使っているので、さわやかな香りとまろやかな苦みがあり、さばを食べた口をさっぱりさせてくれます!

ほかにも「常陸野ネストビール」の樽生ビールは、苦みのあるタイプからフルーティなタイプまで常時9種類が楽しめますよ。

「常陸野ブルーイング・ラボ マーチエキュート神田万世橋店」には、さばサンド以外にも茨城の食材を使ったフレッシュな「2種のオリーブとチーズのマリネ」(580円)やスパイシーな「たこのセビーチェ~塩レモン風味~」(680円)などおつまみも豊富。

「海老ときのこのアヒージョ~エスニック風~」(680円)や「常陸野“特製”牛すじ煮込み」(780円)もビールがすすみそうです!

併設リカーショップで、ほかでは買えないビールや日本酒をお土産に

同じ施設の中には、木内酒造のビールや日本酒、ロゴに使われているキュートなふくろうのグッズなどを購入できる、リカーショップが併設されています。

ほとんど国内の市場には出回っていない大瓶のビール、ヴァイツェン、ペールエール、アンバーエール(各720ml 920円)、木内酒造を代表する日本酒「菊盛」(720ml 896円~)など珍しいアイテムが購入できます。この日は直営店限定販売の缶ビール「常陸野ゆずラガー」(350ml 410円)もありました。

まだ、さばサンドを食べたことのない人は、ぜひ「常陸野ブルーイング・ラボ マーチエキュート神田万世橋店」でクラフトビールと一緒に味わってみてください。きっと新しい発見ができますよ!

Text&Photo:松本いく子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください