毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

東京から2時間でパワーチャージ!何するか迷った週末はこの美術館へドライブ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
山梨県 See 美術館
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

キース・ヘリングの作品のみを展示する、世界で唯一のプライベート美術館「中村キース・ヘリング美術館」。八ヶ岳の美しい自然の中に立つ美術館は、建物全体がアートのよう。リズミカルでいて明るい色使いの、パワフルな作品に元気をもらえること間違いなしです!

Summary

アートで溢れた館内は撮影OK!ポーズを真似して楽しんで

“キース・ヘリング”という名前を知らなくても、一度は彼の作品を目にした事があるはず。力強い線で描かれたカラフルな作品は1990年の没後も世界中で愛され続けており、80年代のアメリカ美術を代表するアーティストといっても過言ではありません。ちなみに日本ではユニクロのTシャツがお馴染みです。

キース・へリングの絵が知られるようになったのは、なんと地下鉄構内に書いた落書き。地下鉄構内の広告板を使った<サブウェイ・ドローイング>というグラフィティ・アートで一躍脚光を浴びました。

キース・ヘリングが大きく影響を受けたのがディズニーキャラクター、インスピレーションを受けたのがパブロ・ピカソの作品と言われています。まるっこい線のかわいらしさや自由奔放な表現。納得です。

ここ「中村キース・へリング美術館」には、そんなキース・へリングの作品が200点近く収蔵されています。館長・中村和男氏が80年代にニューヨークでキース・ヘリングの作品と出会ったことがきっかけでファンになり、作品の収集をスタートし、歳月をかけてどんどん増えていきました。館内の展示は一部エリアを除き撮影OK。作品を見るだけでなく、記録にも残せるのが嬉しいですね。

フォトジェニックな現代建築ワールドで感性磨きを

展示スペースで見られる、とびきりポップな作品たち。この美術館は、80年代の混沌としたアメリカを再現するように、「闇から希望へ」というテーマに沿って暗い通路から明るいスペースへ抜けるつくりになっています。ストーリー仕立てになっているのも魅力の一つです。

カフェにもしっかりとキース・へリングの世界観が採用されています。コーヒー(400円)やビール(650円)を飲みながら休憩しましょう。

カップももちろんポップな原色。

美術館の建物の特徴は、空に昇って行くような曲線の屋根。青空に映えるデザインは自然と協調していています。

屋上にある寄り添う2枚のハート。木々や空、建物や自分を写し込んでみても楽しい一枚を撮ることができます。

ミュージアムショップも楽しい!かわいいグッズをチェック

ショップには作品をモチーフにしたグッズがいっぱい!なかでもTシャツ(4,012円税込)は、キース・ヘリングが1986年にニューヨークで「POP SHOP(ポップショップ)」という店をオープンした時のTシャツの絵柄そのままで売られており、ツウはこれをお目当てに来ることも。

ショップにはハガキ(162円)やマグネット(326円〜)など、手軽に買える小物もたくさんあります。「莫大な資金がある人間しかアート作品を所有できる時代は古い!」という思いがあったそうで、当時のPOP SHOPにも誰でも手に取りやすい価格で展開。そんな彼の思いを引き継いでいます。

キース・ヘリングの多くの作品からは、なんだかワクワクさせてくれる不思議なパワーを感じます。「週末おでかけしたいけど何しよう?」「ちょっと疲れたな、元気を出したいな」そんな人にピッタリの場所。八ヶ岳周辺の観光とあわせてお出かけしてみてください。

text:下西由紀子(3jags)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • セレイナアン セレイナアン
  • 久野知美 久野知美
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • 山田茜 山田茜
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ