あのマキシムのミルフィーユを横浜中華街で!「マロンのミルフィーユ」期間限定販売

あのマキシムのミルフィーユを横浜中華街で!「マロンのミルフィーユ」期間限定販売

食・グルメ NEWS ミルフィーユ スイーツ 期間限定 ケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ファンも多い「銀座マキシム・ド・パリ」のミルフィーユ。一度は味わってみたい逸品ですが、2018年9月25日(火)~11月4日(日)の火・水・土・日曜および10月8日の祝日に、招福門(横浜本店)にて「マロンのミルフィーユ」が期間限定販売されます。

Summary

“再生”された、銀座マキシム・ド・パリのミルフィーユ

銀座マキシム・ド・パリの看板スイーツといえば「苺のミルフィーユ」!というほど人気スイーツ。しかし2015年に閉店となり、幻のスイーツに。。。

時を経て、2018年春、閉店時まで「苺のミルフィーユ」を作っていたパティシエの青柳龍弥氏の手により、招福門(横浜本店)で“再生”され話題になったのをご存知ですか?そしてこの秋、待望の限定メニューが登場します!

この秋限定!栗をたっぷりと使用した上品なミルフィーユ

今回、銀座マキシム・ド・パリでも季節限定でのみ販売していた「ミルフィーユ・オ・マロン」が復活ならぬ“再生”へ!マロンペーストとラム酒を合わせたクリームにクラッシュしたイタリア栗が練りこまれ、風味だけでなく食感も楽しむことができます。

パイ2枚・クリーム1段の「マロンのミルフィーユ(SSサイズ)」3500円(10cm×15cm×7cm)。

見た目もシックな“オトナ”のミルフィーユです。

また、「苺のミルフィーユ」も多くの要望から、2018年12月初旬に販売が決定。こちらも今から待ち遠しい!

銀座マキシム・ド・パリのスイーツが“再生”され、期間限定で登場する「マロンのミルフィーユ」。伝説の味で秋を楽しんで。

販売期間:2018年9月25日(火)~11月4日(日)の火・水・土・日および祝日(10月8日)
場所:招福門 横浜本店1階売店内(神奈川県横浜市中区山下町81-3)

Text:伊藤 智子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください