世界の美食家が絶賛!感動の食感が味わえる「GAZTA」のバスクチーズケーキ

世界の美食家が絶賛!感動の食感が味わえる「GAZTA」のバスクチーズケーキ

ショッピング スイーツ パティスリー ケーキ チーズケーキ 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

白金に2018年7月にオープンした「GAZTA(ガスタ)」は、スペインにある世界有数の美食の街「サンセバスチャン」の名店のレシピを忠実に再現し、ディスプレイに並ぶのはバスクチーズケーキ1種類のみというこだわりのお店です。焼きたてのケーキの香りが漂う店内に入ればたちまち虜に!世界中の人々が惚れ込むそのケーキのおいしさの秘密をご紹介します。

Summary

とろ~りとした究極の食感の秘密はコレ!

バスクチーズケーキとは、スペイン・バスク地方で誕生したチーズケーキ。こんがり焼き色のついた表面と、中身はとろっとしたプリンのような食感で、まさに新感覚!香ばしく香る“焼き面”と、濃厚なチーズの甘みが絶妙に口の中でマッチします。

滑らかな食感の秘密は、作る工程にあります。オーブンに入れる前の生地は水分量が多くかなりトロトロ。日によって焼き上げる時間や温度を毎日調整するそうで、まさに職人の腕が光ります。しかし、これを単に焼き上げただけでは、あの食感にはたどり着きません。

お店に大きく設置された特製のケーキを置く台にこそ、実はおいしさの秘密が!焼きあがったケーキの置き場所には、それぞれ丸い穴が開いていて、熱をじっくり逃がしていきます。

余熱で長時間冷ますことで、ケーキの中の水分量が多い状態で固めることができるのだとか。余分な熱が浸透しないように、木製の台にしているのも専門店ならではのこだわりのポイントです。

スペイン生まれの門外不出のレシピ

「ガスタ」のレシピは「LA VINA(ラ・ヴィーニャ)」というお店のもの。世界有数の美食の街として知られる「サンセバスチャン」にあるバルで、そこで提供されるチーズケーキは、世界中にファンがいるほど有名です。

1958年の創業から代々家族で営まれており、家族や親類のみしか厨房に入ることが許されないことから、長年の間そのレシピは門外不出とされていました。

そんなレシピに惚れ込んだ「ガスタ」のパティシエールが、何度も何度もお店に足を運び、ついに世界で唯一、厨房に入ることを許され、伝統のレシピを日本に持ち帰ることを許されました。「ラ・ヴィーニャ」の味を忠実に再現したものこそが、「ガスタ」のチーズケーキなんです。

焼きたてのチーズケーキは手みやげにもオススメ!

ケーキの大きさは、1人用の8cmサイズ(700円)と大人数用の15cmサイズ(4000円)の2種類。自分用にはもちろん、おみやげなどに購入する人も多いそう。

おみやげに人気の理由のひとつが営業時間。その日の良い状態の商品を、大切な人に届けてほしいという願いをこめて、朝9時からのオープンにしたのだとか。朝から営業しているので、遠方へのお出かけ時にもお店に立ち寄れるのがうれしいですよね!

チーズケーキの概念が変わる、世界の美食家から絶賛されるバスクチーズケーキの味を楽しめるのは、日本でここだけ!チーズケーキ好きなら必訪の場所です。

text:大金歩美(mogShore)

●掲載の内容取材時点の情報に基づきます。更新される場合がございますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください