毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

縁側に座ってまったり。江戸時代の建物をリノベーションした週末限定カフェ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
兵庫県 Eat カフェ 古民家カフェ ドライブ スイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

神戸・六甲山の向こう側、有馬温泉もある神戸市北区。この北区淡河町に、2017年7月にオープンしたのが、コミュニティスペース「淡河宿本陣跡(おうごじゅくほんじんあと)」。土・日曜には、週末限定で「本陣カフェchawan(チャワン)」も営業しています。どこか懐かしい雰囲気を感じさせる屋敷で、のんびり休日を過ごしてみませんか。

Summary

のどかな街・神戸市北区の淡河宿がリニューアル

「本陣」とは、江戸時代の街道宿にあり、参勤交代の大名や貴人が休泊した大旅館のこと。

兵庫県の播磨地域と有馬温泉を結ぶ湯山街道沿いには、豊臣秀吉が作ったといわれる淡河宿(おうごじゅく)がありました。そのなかにあった本陣が、こちらの「大庄屋村上邸宅」。

60年以上もの空き家の期間を経て、たくさんの人々の手によって「淡河宿本陣跡」として蘇りました。

週末限定の「本陣カフェchawan」でのんびりティータイム

歴史的建造物「淡河宿本陣跡」が、地元の保存会により復活したのは2017年7月のこと。

中庭、蔵、茶室などがある約600㎡もの敷地の一角には、土・日曜の週末限定で「本陣カフェchawn」が登場。広々としたお座敷でのんびりティータイムを過ごせます。

カフェを担当するのは、前川暁子さんと大門知里さんのおふたりによる料理ユニット「chawan」。

ブラックベリーソーダ 550円、米粉とおからのドーナツ 200円
ブラックベリーソーダ 550円、米粉とおからのドーナツ 200円

淡河産のブラックベリーで作った色鮮やかな「ブラックベリーソーダ」や、小麦粉、卵、乳製品を使わない「米粉とおからのドーナツ」など、地元の旬の食材を使ったメニューがいただけます。

気候のよいシーズンには、縁側でお茶するのも気持ちいいですよ。

古いお屋敷はみどころもたくさん!

「淡河宿本陣跡」は、江戸中期に建てられた平家の西座敷と、明治45年築の2階建て部分からなる主屋を中心に、2棟の土蔵、茶室、納屋などの建物で構成されています。

敷地内は自由に見学できるので、カフェに立ち寄ったついでにちらりと覗いてみてはいかがですか?

敷地内には、昔ながらの井戸が残っていたり、白と黒の幾何学模様が特徴的ななまこ壁の土蔵があったり、古い農機具がディスプレイされていたり…。タイムスリップした気分で、建物そのものをじっくり鑑賞するのも楽しそうです。


■本陣カフェchawan

住所:兵庫県神戸市北区淡河町淡河792-1
電話:078-219-3460
営業時間:10~16時(土・日曜のみ営業)
定休日:月~金曜


text:いなだ みほ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 村上萌 村上萌
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • セレイナアン セレイナアン
  • 北出恭子 北出恭子
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ