毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

こんなに欲張っていいの? 最高のブッフェに出会える、魅惑の温泉ステイ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
栃木県 Relax 温泉 スパ 露天風呂 ステイ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

欲張り女子なら外せないブッフェがスゴすぎる温泉宿があるのをご存知ですか? 温泉旅行のブッフェって質より量でしょ、なんて思っている人にぜひおすすめしたい、あなたのわがままを叶えてくれるブッフェをご紹介します。

Summary

東京から2時間。自然豊かな鬼怒川温泉屈指の老舗宿へ到着

都内から東武鉄道の特急で2時間ほど。鬼怒川温泉は、関東を代表する温泉地のひとつ。そのなかでも、最も歴史ある宿が「鬼怒川温泉 あさや」です。

到着するとまず目を引くのが、3階から12階まである吹き抜けのロビー。上品なソファに座ってほっと一息つくと、パイプオルガンの音色が美しく響きわたります。一角には滝まで流れている豪華さ。非日常感が漂い、まるで別世界に来たかのよう。

ロビーのみならず、客室も素敵なんです。バラエティに富んだお部屋の中でも、特に2017年7月にリニューアルした “鹿沼組子”があしらわれたお部屋は和モダンな造りでついついテンションが上がってしまいます。

このお部屋にはコーヒーマシンが付いていたり、ロクシタンのアメニティが用意されていたりと至れりつくせり。思わず旅の疲れもふっとんじゃいそうです。


ブッフェなのにサービス満点! リピーター続出なワケ

お部屋でゆっくりして向かうはいざ、夕食会場。「鬼怒川温泉 あさや」で名物となっているのがこの充実したブッフェ。なんと、和洋中合わせて100種以上の料理が食べ放題なんです!

オープンキッチンでは、ステーキや天ぷらなど焼きたて、揚げたての料理を提供。好きなソースや具材が選べるパスタや併設のピザ窯で焼いた本格派ピッツァなどもあり、会場内はいい香りでいっぱい。ブッフェで出来立ての料理が豊富なのはうれしいポイントですよね。

炭火で焼いた鮎の塩焼きをいただけるブッフェなんて、初めてです!

特に目を引いたのは、この一人鍋セット。すき焼きやしゃぶしゃぶなど3種ほど並んでいて、好きな鍋セットをテーブルに持っていってゆっくり味わえるのです。ほかには、自分の好きな具材を載せて海鮮丼が作れる勝手丼コーナーも。これなら、欲張り女子のわがままを存分に満たしてくれそう。

湯波やとちぎゆめポークなど地元の特産を使った料理も登場し、鬼怒川ならではの味を楽しめます。厳選した季節の食材を使うこと、和・洋・中それぞれの料理人が献立を考えて提供しているので、味も本格的なんです。


デザートはもちろん、カワイイ飲み物も! 迷うのも楽しみ

ついつい、いろんな料理が食べたくなって取りすぎてしまいがちですが、デザートのことも、もちろん忘れていません!デザートは季節ごとに色とりどりのメニューが登場し、その数なんと20種以上。ケーキに、ゼリー、フルーツに和菓子などなど…。どれも食べてみたい、と目移りしてしまいます。

ソフトドリンクも充実しているのですが、お酒も定番から地酒を含めバラエティ豊か。こんなオシャレなカクテルも作ってもらえます(別途料金)。カクテルだけで30種以上もあるので、料理とともに好きなお酒をいただきたいですね。

種類の豊富さはもちろん、幅広い要望に応えられるようによく考えられたメニューには、老舗ならではのおもてなしの心がぎゅっと詰まっていました。なるほど、リピーター続出というのも納得です。


満たされた後は、癒しざんまい。空中庭園露天風呂が素敵すぎる!

お腹が落ち着いたらぜひ行きたいのが、13階にある空中庭園露天風呂。山並みを望める日中もいいですが、夜の露天風呂で月や星を眺めながら静かに温泉に浸かると気分爽快です。

温泉を独り占めしたい!という方には貸切風呂(50分4000円)もおすすめ。名湯、鬼怒川温泉に湧く自家源泉をのんびりと堪能することもできます。湯船が大きめなので、グルーブでの利用もOKです。


さらに、デトックス効果抜群の岩盤浴もあるんです(60分900円)。岩盤浴の効能が優れているという秋田県玉川温泉の湯の花を焼結したセラミックボールを使った本格派。エステやマッサージなどもあるので、日頃の疲れをじっくりほぐしてもらいましょう。


女子ゴコロくすぐるプランや施設が魅力的。 大人の温泉ステイを楽しんで

「鬼怒川温泉 あさや」には女子の心を惹きつける宿泊プランが盛りだくさん。色浴衣やJILL STUARTのアメニティが付いたプランのほか、ワインが1人1本付いていてグループで利用すると飲み比べができちゃう女子会プランなども。


ちょっと奮発して露天風呂付き客室で、ご褒美旅もいいですよね。大きな窓がとられた眺望風呂が付いたお部屋はカップルにもおすすめ。ほかにも、和室とベッドルームが別になっているお部屋や居間が付いた貴賓室などバリエーションも豊富。たまに贅沢してリッチな気分を味わってみても。

夜が深まったら、浴衣で気軽に楽しめるバー「THE BAR」で、バーテンダーが作るオリジナルカクテル(700円~)を傾けながら、友達と語らったり。静かに大人な時間を過ごしたい時にぴったりです。

評判のブッフェだけでなく、トータルで女子のわがままを叶えてくれる「鬼怒川温泉 あさや」で心身ともに満たされた温泉旅を楽しんでみては? きっとまた翌日から頑張るエネルギーをチャージできちゃいますよ。


■鬼怒川温泉 あさや
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝813
TEL:0288-77-1111

text:五島 薫
photo:氏家岳寛 /鬼怒川温泉 あさや

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:鬼怒川温泉 あさや

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • もろんのん もろんのん
  • あや猫 あや猫
  • mini_minor mini_minor
  • 絶景travelers 絶景travelers
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ