秋の大人デート旅は温泉×紅葉でゆるりと。個性で選べる日光・那須の人気宿4選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
栃木県 おでかけ 温泉 紅葉 デート 食べ放題・ビュッフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

山々が美しく染まる紅葉シーズン。東京からのアクセスも良く、関東の各県からたくさんの人が集まり賑わうのが、日光・那須です。温泉と紅葉をしっとり楽しむ大人のデートには最高のエリア。湯めぐりが楽しい温泉リゾートから、大人の隠れ家的な宿、食欲の秋にぴったりのブッフェ自慢の宿から、クラシカルな雰囲気が味わえる名宿まで、個性豊かな日光・那須の人気宿をご紹介します。

Summary

種類豊富な温泉で湯巡りも楽しめる「ホテルサンバレー那須」

本館「湯遊天国」の「大露天風呂」(硫黄泉)
本館「湯遊天国」の「大露天風呂」(硫黄泉)

旅のテーマや目的に合わせて、8つの館の中から好みの部屋を選ぶことができる「ホテルサンバレー那須」。その最大の特徴は、種類豊富な温泉です。本館にある「湯遊天国」だけでも硫黄泉、弱アルカリ泉、マグネシウム泉の3つの泉質を楽しめます。

女性専用の「フルーツ風呂」
女性専用の「フルーツ風呂」

また、湯船にオレンジやりんごが浮かび、いい香り漂う女性専用の「フルーツ風呂」も人気。「湯遊天国」は、日帰り利用も可能なので、気軽に訪れることができます。

続いて紹介するのは、オリエンタルガーデンにある宿泊者専用の「湯処ひのき」。建物全体が檜で造られており、一歩中に入れば檜のいい香りに包まれます。

泉質は、カラダを芯から温めてくれる硫黄泉。露天風呂には、ぬるめとあつめの湯船が備わり、自分の好みで湯加減を選べます。

通常楽しめる3つの泉質のほかに、もう1種類の泉質も楽しみたいという温泉好きな人には、「ふくろうの森」に備わる露天風呂付洋室への宿泊がおすすめ。

こちらの露天風呂は、那須でも珍しい奥の沢源泉の単純温泉(弱酸性低張性高温泉)。誰の目も気にせずに、ゆったり過ごす時間はなによりの贅沢です。

ゆっくりと湯めぐりを楽しんだ後のペコペコのお腹を満たしてくれるのは、オリエンタルガーデン1階の中国料理レストラン「万里」。総料理長・三根シェフが手がけるこだわりの創作中国料理を、ビュッフェスタイルでいただきます。さまざまな料理を少しずつ楽しめるのは、最高に贅沢!

11月9日~は食事がリニューアルします(ハーフコース&ハーフバイキング)。「料理長特製の冷菜盛り合わせ」や「干し貝柱ふかひれスープ」、「栃木ブランド牛 栃の木黒牛のサーロインとオマール海老、那須高原野菜のグリル」という豪華な3メニューは、ひと皿ずつ席に用意してくれます。人気のメニューをオーダースタイルでいただけるのも嬉しいですね。朝食の「万里プレミアム御膳」も注目。

■ホテルサンバレー那須
住所:栃木県那須郡那須町湯本203
TEL:0287-76-3800(予約センター)
チェックイン:14時30分
チェックアウト:10時

静寂に包まれた隠れ家温泉宿「ONSEN RYOKAN 山喜」

栃木県板室温泉にある「ONSEN RYOKAN 山喜」の客室はわずか8室。限られた空間だからこそできる、贅沢なひと時を楽しみたい大人のためのお宿です。

書斎を備える客室「橙」
書斎を備える客室「橙」

すべての部屋が木の温もりと珪藻土壁で統一されていながら、どれも趣の異なる造りになっており、利用シーンに合わせて好みのタイプを選べます。

客室「楓」
客室「楓」

おすすめの客室は「楓」と「椛」。こちらの2部屋は、ビューバス付きです。部屋に備わる総檜風呂で、源泉かけ流しの温泉をゆったりと楽しむことができます。

紅葉シーズンになると、色づく木々がその美しさで窓一面を彩り、まるで一枚の絵画を眺めているような気分にさせてくれます。

大浴場では、深さのある浴槽に立ったまま入り、天井から下がる綱につかまりながらつかる板室温泉古来の「立湯」を再現しているのも一興です。

料理は、近郊で収穫された野菜や、山菜、旬の素材を使用した和のコース。そこにある自然の恵みを、存分に感じられる大人の宿で、ゆったりと心もカラダも休めてみてはいかがでしょう?

■ONSEN RYOKAN 山喜
住所:栃木県那須塩原市板室844
TEL:0287-69-0011(予約専用ダイヤル)
チェックイン:15時
チェックアウト:11時

和洋中100種以上の料理を楽しめるブッフェが最高「あさやホテル」

創業130年、鬼怒川でもっとも歴史ある老舗宿「あさやホテル」。食欲も増す季節・秋にここを訪れたなら、和洋中100種以上の料理を好きなだけ楽しめる「ブッフェコース」がいち押しです。

オープンキッチンで作られていく天ぷらや、ステーキ、そしてずわい蟹や、すき焼き鍋など、豪華な料理の数々がズラリと並ぶ様子は圧巻!

デザートコーナーが充実しているのも女性に嬉しいポイント。ケーキや新鮮なフルーツはもちろん、くず餅やアイスクリームなど少しずつ色んなものを食べられる贅沢をたっぷりと堪能しちゃいましょう。

鬼怒川の清流と山々を望む、絶景のロケーションに位置する「あさやホテル」。そんな絶景を存分に楽しめるのが、鬼怒川温泉の中で、最も高い場所にある「空中庭園露天風呂」です。

自家源泉から湧き出ている温泉は、湯量も効能も豊富。夕暮れ時は瞬きだした星空を見上げながら湯船にゆったりつかるという極上の安らぎが味わえます。

絶景+温泉を独り占めしたいならば、2017年7月にリニューアルオープンした、秀峰館 眺望風呂付和洋室「雅」への宿泊がおすすめです。部屋には高級感溢れる御影石の浴槽が備わり、温泉をゆっくりと楽しむことができます。また最上階の部屋なので、眺望も豊かです。

1階から最上階まで吹き抜けの開放感溢れるロビー
1階から最上階まで吹き抜けの開放感溢れるロビー

ほかにも、岩盤浴や卓球、ビリヤードなど多彩なエンターテインメントが充実しているので、家族や友人、恋人同士とシーンを選ばず、楽しめるでしょう。

■あさやホテル
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝813
TEL:0288-77-1111
チェックイン:15時
チェックアウト:10時

日本最古の西洋式ホテルでクラシカルな休日を「日光金谷ホテル」

明治6年(1873)に開業した「日光金谷ホテル」。現存する日本最古の西洋式ホテルとして、多くの観光客が訪れるスポットです。

ここは「これから増える外国人観光客のための宿屋」としてその歴史をスタートさせました。

西洋式の建築に、日本の装飾が見事に調和する雰囲気は、その場にいるだけで異国を訪れたような気分にさせてくれます。

食事は、本館2階のダイニングルームでいただきます。金谷ホテル伝統のフランス料理を楽しめ、どれも絶品。こちらは宿泊者以外の利用も可能なので、日光観光の際の食事スポットとして利用するのもおすすめです。

本館にあるアインシュタインが宿泊した客室
本館にあるアインシュタインが宿泊した客室

歴史のあるホテルだけあって、夏目漱石、アインシュタインが宿泊した客室などもあります。

別館のコーナーツインルーム
別館のコーナーツインルーム

おすすめは、別館や第二新館にある「コーナーツインルーム」。大きな2面の窓が備わり、紅葉シーズンに宿泊するのにぴったりでしょう。伝統と歴史が織りなす非日常空間へトリップしたいなら「日光金谷ホテル」がおすすめです。

■日光金谷ホテル
住所:栃木県日光市上鉢石町1300
TEL:0288-54-0007
チェックイン:15時
チェックアウト:11時


photo:松岡誠

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:デイリー・インフォメーション東京

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • もろんのん もろんのん
  • Masa Masa
  • きょん。 きょん。
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • mini_minor mini_minor
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ