農園直送野菜の朝食が食べられる「朝ごはんクルーズ」が密かなブーム

農園直送野菜の朝食が食べられる「朝ごはんクルーズ」が密かなブーム

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
食・グルメ モーニング 野菜 農家レストラン おでかけ クルーズ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

小さな船に乗って川沿いの景色を楽しみ、朝日を浴びながら朝食をいただく「朝ごはんクルーズ」が注目を集めています。「御舟かもめ」では農園直送の新鮮野菜を使った朝食を食べながらのクルーズが楽しめます。早起きが苦手な人も、こんな朝活なら楽しく始められるかも?!

Summary

2009年に誕生。「御舟かもめ」はこんな船!

「御船かもめ」は定員10名の小さな船。真珠の養殖に使われていた小船をクルーズ用にコンバージョンし、2009年に誕生しました。「朝ごはんクルーズ」のほか、デッキでお点前を頂戴する「船上茶会」や、折り畳み自転車を積んでポタリングとクルーズを両方楽しむ「クルーズポタ」など、ユニークなクルーズメニューを提供しています。

小さなおうちのような船には約3畳のキャビンと約5畳のウッドデッキがあります。ウッドデッキはコタツを置いたり、お茶を点てたりとレイアウトは自在。一段高くなっている船頭部に腰掛ければ、吹き抜けていく風とスピード感を味わうことができます。

後部のデッキトップから顔を出して操舵する船長。「御舟かもめ」のトレードマークです。

農園「杉・五兵衛」直送の朝ごはんを船上で“いただきます”

こちらが「朝ごはんクルーズ」でいただく朝ごはん。大阪・枚方にある農園「杉・五兵衛」から届く米粉のおやきと、有機循環農法で育てられた季節の野菜や果物が並びます。

大きな赤いクッションで床座して“いただきます”が基本スタイル。のんびりと船に揺られながらいただく体にやさしい朝ごはんは、いつもより何倍もおいしく感じられるはず!

船からでしか見られない特別な景色を楽しむ!

「朝ごはんクルーズ」は、大阪メトロ天満橋駅からすぐの八軒家浜を出発し、大川をJR桜ノ宮駅あたりまで上って折り返し、堂島川を大江橋近くまで下って戻ってくる約50分のコース。途中、船上から大阪城の天守閣や中之島の中央公会堂などを眺めることができます。

アーチが美しい「水晶橋」は、元々は川の水を浄化するための可動堰だったそう。

下から見るとこんな感じ!普段は見られない景色にワクワクします。

背伸びをすれば頭をぶつけてしまいそうなほど水面に近い低い橋も。橋をくぐるたびに少しドキドキします。

川風に吹かれながら朝食をいただく贅沢時間からはじまる1日は、きっと特別なものになるはず。観光客だけでなく、地元の皆さんもぜひ体験してみてくださいね。

 

※各種クルーズの実施日はHPの予約カレンダーで要確認(https://coubic.com/ofunecamome/services

Text:六車優花(TRYOUT)
Photo:中村光明(TRYOUT)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください