毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

鹿で有名な「奈良公園」は紅葉も見事!【Masaの関西カメラさんぽ12】

Masa Masa
奈良県 See 紅葉 鹿 Masa &mores
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

奈良といえば、世界遺産の「東大寺」や「春日大社」をはじめとする古都のイメージと、国の天然記念物にも指定されている鹿のイメージが強いのではないでしょうか。それら全ての奈良を体験できるのが、500万㎡以上の広さをもつ「奈良公園」です。季節ごとに楽しみはありますが、イチョウやモミジがたくさん楽しめる秋は格別ですよ。

Summary

黄色く染まるイチョウは、モミジとはまた違ったかわいさ

イチョウはモミジより早く、11月上旬頃から楽しめるところが多いです。

大仏池周りや、東大寺大仏殿周辺には、遠くから見ても黄色いエリアがあるので、すぐにわかるはず。鹿がフレームインなんかしてくると、もう最高ですよ。

落ち葉を見つけると、パッサーと落ち葉を上に向かって投げて写真を撮りたくなるのが常です。恥ずかしがらずにやってみると決定的な瞬間が撮れるかも!

自然に溶け込む鹿は、奈良ならでは。邪魔しないように観察を

「奈良公園」内では、たくさんの鹿の群れにも遭遇します。

特に子どもの鹿は、見ているだけで癒されますよ。近づくと逃げるので、できるだけ離れて見守ってあげたいところです。

好奇心旺盛な鹿は向こうから寄ってきます。そうです。鹿せんべいを求めています!「奈良公園」の鹿は礼儀正しいので、まず「ちょうだい」と言わんばかりに頭を下げてきます。鹿せんべいを持っていなければ、手を上に挙げると離れていってくれますよ。

色々な葉っぱが紅葉する秋、自然の作り出す色に感動

どんな葉っぱも紅葉する秋、モミジやイチョウが染まるのも綺麗ですが、赤や黄色や緑、いろいろな色が混ざっている木を見つけると心躍りますね。

もちろんモミジの木もたくさんあります。紅葉は桜と違って長い間、いろんな色が楽しめるのがいいところですよね。

夕方は、紅葉が何倍にも綺麗に見えるシャッターチャンス!

「関西カメラさんぽ」というタイトルなので、少し写真についてふれてみます。

写真は全てフィルムカメラで撮っているのですが、昔のレンズを使って逆光で撮ると、思いもしないような綺麗な写真が撮れたりするのです。おすすめですよ。

早朝や夕方の時間帯は、太陽が低い位置になり、横からの光になります。それがドラマチックにもなったりするので、写真を撮るのにはおすすめの時間帯ですね。

こちらは逆光を葉っぱで少しさえぎりながら撮っています。立体的で人が浮き上がっているようにも見えますよね。

一日の終わりは「若草山」からの景色がおすすめ

「若草山」の頂上までは、車で登ることができます。ここはよくウェディングの前撮りにも使われています。

鹿もたくさんいますが、一緒に写真を撮ろうと思うとやっぱり餌が必要なので、下で鹿せんべいを買っておくことをおすすめします。

「奈良公園」に行くと最後は「若草山」で締めたいもの。この時間帯から夜景の時間にかけては、刻々と景色が変わっていくので、ずっと見ていても飽きません。で、また奈良に来ようって思う場所なのです。

「奈良公園」は車でも電車でも交通の便はいいですが、紅葉の時期は、駐車場が昼前には満車になるところが多いので注意が必要です。

最寄りの近鉄奈良駅周辺には、町屋造りの「ならまち」エリアが広がり、おしゃれなお店もたくさんあるので、あわせて行ってみるのもおすすめですよ。

photo:西山雅彦(@masa_nikonist)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 下川友子 下川友子
  • 村上萌 村上萌
  • mini_minor mini_minor
  • 6151 6151
  • Masa Masa
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ