予算5000円でシンガポール旅行気分!本場で人気の味を銀座で満喫

予算5000円でシンガポール旅行気分!本場で人気の味を銀座で満喫

食・グルメ エスニック ディナー 5000円以下ディナー レストラン予約 カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

マレー半島の先端部に位置するシンガポールでは、中華系やマレー系、インド系など、さまざまなルーツをもつ人々が暮らしています。多民族国家ゆえ、グルメにも複数の文化の融合がみられることが多いよう。そんなユニークで奥深いシンガポール料理を味わえる、「tcc Singaporean Café & Diner(ティーシーシー シンガポール カフェ アンド ダイナー)」を紹介します。

Summary

シンガポールで愛されている人気カフェの、日本一号店

「tcc Singaporean Café & Diner」があるのは、銀座の人気商業施設「三越」と「和光」のほぼ目の前に位置する、「銀座幸ビル」の3階です。

店内には、水出しコーヒーを淹れるための専用機械「ウォータードリッパー」をはじめ、複数のコーヒーマシンが設置されています。

「tcc Singaporean Café & Diner」は、シンガポールの人気コーヒーショップ「tcc」の日本一号店。

豊かな豆の香りを楽しめることが特徴の「サイフォン式コーヒー」など、こだわりのコーヒーを味わうこともできます。

窓の外には、銀座のシンボルである和光の時計台も。銀座の街並みをゆったりと楽しめる窓際の席が大人気なのだとか。

健康と美容効果も期待!薬膳料理がクセになる

今回紹介するのは、全7種のメニューが楽しめる、2時間飲み放題付きのプラン(5000円、税・サービス料込)。

写真は、生姜とネギがたっぷりとトッピングされた「ジンジャーオニオンチキン」。シンガポールのローカルフード「ハイナンチキン」を、日本人の舌に合うよう、アレンジした一品なのだそう。

脂の少ない胸肉が使われていますが、パサつき感はまったくありません。また、ゴマ油や生姜の風味が豊かに広がります。



こちらは、ポークスペアリブを柔らかく煮込んだ「バクテー」。シンガポールやマレーシアで好まれている料理です。

漢方や複数の香辛料が用いられた薬膳料理のため、香りは独特で複雑。けれども味わいがどこか懐かしく、思わずクセになってしまうはず。シンガポール料理の妙を感じさせるひと皿です。

知れば知るほど面白い!独特で奥深いシンガポール料理

こちらは、米の麺「フォー」を、エビの出汁とココナッツミルクをベースにしたスープでいただく「シンガポールラクサ」です。

スタッフの高梨さんによると、東南アジアでは「ラクサ」というと、麺料理全般を指すのだそう。なかには、タイ料理やマレーシア料理の要素を感じさせるラクサもあるそうです。

「tcc Singaporean Café & Diner」のシンガポールラクサは、辛味や酸味を抑えた優しい味わいに仕上げられています。クリーミーかつ濃厚で、まさしく絶品。

ちなみに本プランでは、上記のメニューのほか、海老せんべいとパクチーサラダ、海老と野菜のブロシェット、マンゴープリンをいただくことができます。

各料理のルーツをふまえたうえで味わえば、より楽しめること間違いなし!お手軽にアジア旅行気分に浸れちゃいますよ。




text、photo:緒方佳子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。




Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください