オトナ女子に一歩近づく。しっとり粋な日本料理で記念日ディナー

オトナ女子に一歩近づく。しっとり粋な日本料理で記念日ディナー

食・グルメ 和食 レストラン 記念日ディナー レストラン予約 個室のあるレストラン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京を代表するホテルのひとつ「ANAインターコンチネンタルホテル東京」は、格式高いレストランやバーがあることでも知られています。今回紹介するのは、同ホテル3階にある、日本料理「雲海」。美しく、フォトジェニックな会席料理と気品あふれる空間が迎えてくれます。

Summary

初めてでも入りやすい、オープンな雰囲気

海外からのゲストが行き交うホテルのロビーを抜け、エスカレーターで3階へ上ると、日本料理「雲海」の入口が目に入ります。風格を感じさせますが、オープンな造りとなっているので、初めての人も入りやすいはず。

よく手入れされた日本庭園に面した店内は、開放感と落ち着きが同居する空間。各所に骨董品や日本画といった、上質な装飾品も。身を置くだけで心身が磨かれそうな、洗練された日本料理店です。

旬の食材を最大限に楽しむ日本料理

先付「寄せ焼き茄子 焼き雲丹たまご 津合蟹さばき 溶き山葵 木の芽 鼈甲餡」
先付「寄せ焼き茄子 焼き雲丹たまご 津合蟹さばき 溶き山葵 木の芽 鼈甲餡」

日本料理「雲海」では、ディナーメニューとして、松花堂弁当や各種一品料理などを用意していますが、今回は先付から水菓子までの全9品が楽しめる会席料理「早雲」(1万3000円、税・サービス料別)を紹介します。

写真は、焼き茄子をかつおだしのゼリーで寄せ、カニと煮卵を添えたもの。みずみずしい焼き茄子に、だしが上品に香ります。

御椀「薄葛秋草仕立て(ごぼう、九条ネギ、東京うど、かぼちゃ、にんじん) 雲丹 叩き上げ海老 松茸 吹き寄せ揚げ麩 口・松葉柚子」
御椀「薄葛秋草仕立て(ごぼう、九条ネギ、東京うど、かぼちゃ、にんじん) 雲丹 叩き上げ海老 松茸 吹き寄せ揚げ麩 口・松葉柚子」

こちらの御椀は、ウニや松茸といった秋の味覚が凝縮された贅沢な一品。多くの食材が使われていますが、どれも豊かな風味を残していて、日本料理の妙が感じられます。

造り「矢柄昆布〆 本鮪 煽り烏賊に生唐墨 芽物いろいろ 山葵 土佐醤油」
造り「矢柄昆布〆 本鮪 煽り烏賊に生唐墨 芽物いろいろ 山葵 土佐醤油」

お造りの「つま」には、一般的に大根の千切りや大葉が使われることが多いですが、日本料理「雲海」では大根のほか、かぶや筍なども「つま」になるのだとか。

料理長の吉安健さんは、話します。「日本料理は、食材のおいしさを最大限に味わっていただく料理です。常識や形式にこだわるのではなく、その時々でもっともおいしいものを提供することに、重きを置いています」

八寸「津合蟹と焼き茄子の錦秋浸し あぶりかます小袖寿司 松茸 帯海苔 子持鮎月ヶ瀬煮 地鶏の松風 松葉素麺 柿の白和え 栗栂尾百合根金団茶巾 新銀杏松葉さし 散らし 烏賊雲丹焼き紅葉」
八寸「津合蟹と焼き茄子の錦秋浸し あぶりかます小袖寿司 松茸 帯海苔 子持鮎月ヶ瀬煮 地鶏の松風 松葉素麺 柿の白和え 栗栂尾百合根金団茶巾 新銀杏松葉さし 散らし 烏賊雲丹焼き紅葉」

このような理由から、1~2ヵ月に一度メニューをリニューアルするそう。「良い食材を仕入れたら、迷わずその日の料理に生かします。お客さまにも、そうした変化を楽しんでいただけたらうれしいですね」

季節の移ろいを楽しむ、大人の女性へ

焼物「大黒秋刀魚のわた干し 鬼卸し大根 新いくら醤油漬け 丸十蜜煮 公孫樹丸十煎餅 はじかみ」
焼物「大黒秋刀魚のわた干し 鬼卸し大根 新いくら醤油漬け 丸十蜜煮 公孫樹丸十煎餅 はじかみ」

「早雲」には、上記で紹介したメニューのほか、食前酒と合肴(あいざかな)、食事、水菓子がついています。充実した内容に、きっと満足するはず。

日が暮れると、庭園はライトアップされドラマチックな雰囲気に。

季節に寄り添うようにして作られた、日本料理「雲海」の会席料理。よく味わうことで、季節の移ろいを楽しむ心が育まれます。魅力あふれる大人の女性に、ぜひ足を運んでもらいたい場所です。

text、photo:緒方佳子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください