毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

シメパフェブームは京都にも!?夜の先斗町でフルーツたっぷり抹茶パフェ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 Eat 抹茶 シメパフェ 京都みやげ カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

三条通の一筋南、鴨川に沿って四条まで続く南北500mほどの細い通り・先斗町(ぽんとちょう)は、京都の花街のひとつ。夜が更けるにつれて賑わいをみせる先斗町にある「茶香房 長竹」は、甘味だけではなく、お料理やお酒も楽しめるお店です。

Summary

舞妓さんも行き交う、情緒ある通りにワクワク

飲食店が集まる木屋町通りと鴨川の間にある先斗町。学生さんが多く、賑やかな木屋町に比べて、先斗町はしっとりとした雰囲気。お茶屋さんへと出向く舞妓さんの姿も見られます。

先斗町には、木屋町に抜ける番号札が掲げられた路地が点在しています。「茶香房 長竹」の入口はこの8番路地を入ったところにあります。

京都のシメパフェは、高級抹茶香る本格抹茶パフェで決まり!

大粒のピオーネと柿の乗った秋の抹茶パフェ 1080円
大粒のピオーネと柿の乗った秋の抹茶パフェ 1080円

札幌で人気の「シメパフェ」、みなさんもうご存知でしょうか?夜飲んだ後の「締めくくり」のパフェです。

京都のシメパフェはやっぱり抹茶!「茶香房 長竹」のご主人は、昭和40年代に抹茶パフェを考案。その後50年近く抹茶を使ったスイーツやお料理を究め続けているだけあって、濃さ、風味、後味どれも抜群。季節のフルーツとのコラボも、さっぱりしていてシメパフェにぴったりです!

甘味が有名ですが、御膳から小鉢、お造りや焼き魚などのメニューも居酒屋に引けを取らず、夜22時まで営業。こちらのお店で、食事からシメパフェまで完結することもできます。

名入りの舞妓うちわもたくさん飾られています。

一緒に棚に並ぶのは、一般では手に入らない宇治田原の茶園の茶葉。「茶香房 長竹」では、小分けで売ってもらえます。取材日も、東京から毎年来られるお客さまがお抹茶を購入されていましたよ。

おみやげに、人気の「抹茶大福」をお忘れなく

おみやげに人気なのが、この「抹茶大福」。ふんわりとろける軟らかな餅に、ぎっしりと詰まった抹茶餡は、甘すぎず抹茶の爽やかな渋みが濃厚でたまりません。

抹茶大福 6個入り1300円
抹茶大福 6個入り1300円

要冷蔵で3日ほど日持ちするので手土産にもぴったり。食べる前は、冷蔵庫から出して30分ほど置いてから食べると、餅の軟らかさが戻り、抹茶餡としっくりなじみます。作れる数に限りがあるので、要予約!これだけを買いにくるお客さんもあとを絶ちません。

「シメパフェ」はもちろん、京都観光の締めに訪れたい素敵なお店です。

text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • YURIE YURIE
  • もろんのん もろんのん
  • 山田茜 山田茜
  • 久野知美 久野知美
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ