毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

ひものカフェのおしゃれな鯖バーガーは、ギョギョギョなおいしさです

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
鹿児島県 Eat 干物 ハンバーガー カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「ひもの」といえば、ご飯と味噌汁。そんな概念を覆すとびっきりオシャレなカフェが鹿児島にあります。その名も「ひものcafé」。ひもの店の直売所が運営するから商品の品質には自信アリ!美味しくて、オシャレな「ひもの」の世界、のぞいてみませんか?

Summary

ヘルシーで栄養価の高い「ひもの」をカジュアルに!

「ひものcafé」がある霧島市隼人町は、鹿児島空港からは車で約30分ほど。
3代続く「酒元水産」直営のカフェで、「ひもの」を扱っているとは思えないほどオシャレな外観です。

「ヘルシーで栄養価の高いひものを、老若男女、いろんな人に食べてもらいたい。ひもののいろんな可能性を知ってほしい」というのがこの店を作ったきっかけだそう。

店内は直売所スペースと、カフェスペース、ほかにペット服などを販売するスペースもあります。こちらのゆりかごは、自由に座れて撮影もOKです。
ペットOKのテラス席もあります。

看板メニューはひものが入った「鯖バーガー」

昔から「鯖の酒元」といわれるほど、定評のある鯖のひものを活かしたい、と考案された「鯖バーガー」850円が看板メニュー。
ノーマルタイプの鯖バーガーのほか、チーズ×明太鯖バーガー900円、アボカド×スモーク鯖バーガー900円の3種類があります。(全てセット価格)
写真はピリ辛の明太が効いた「チーズ×明太鯖バーガー」。プレーンなバンズ、レタス、明太鯖、チーズにトマト、そしてたっぷりのピクルス!非常に複雑な組み合わせですが、これが合うんです。

鯖バーガーはポテトやドリンク、デザートなどがセットになっていて、ボリュームも満点です。

セットのクッキーは魚の形、アイスドリンクのグラスもウロコをイメージしたものなど、ちょっとしたところに「魚」を感じさせる工夫がしてあるのも、クスっと笑えてかわいいところです。

ひもの、そして魚の可能性は無限大なのです

鯖バーガーに使っているサバは、直売所で購入もできます。鯖バーガーはお家での再現は難しいけれど、ご飯のおかずになる干物はおみやげにもおすすめです。

鹿児島ならではのこんな加工品のおみやげもあります。
調理が難しくてなかなか鹿児島県民でも手を出しにくい「かつおの腹皮」を、アヒージョにして缶詰に。お酒のアテにピッタリです。

ひものcaféで、ひもの、そして魚との新しい出合いを楽しんでみてください。
魚好きもそうでない人も、要チェックですよ。

◼︎ひものcafé 酒元水産直売所
住所:鹿児島県霧島市隼人町真孝2738-4
TEL:0995-73-5101
営業時間:9:00〜17:00(ランチは11:00〜14:30LO)
定休日:日曜、祝日

Text・Photo:上村杏奈(TJカゴシマ)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 北出恭子 北出恭子
  • セレイナアン セレイナアン
  • もえのあずき もえのあずき
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ