世界のグルメガイドも認めた!東京で1番古いおにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ 和食 おにぎり 老舗 専門店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

老若男女に愛される日本のソウルフード、おにぎり。地元浅草の人々に長年愛され続けてきた東京で1番古いおにぎり専門店に、いま注目が集まっています!そのおいしさは海外でも話題になっていて、多くの外国人が訪れるのだそう。そんな、創業64年の老舗おにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」のおいしさの秘密をご紹介します。

Summary

まるでお寿司屋さん!地元民、観光客でにぎわう老舗おにぎり店

今回ご紹介する「おにぎり浅草宿六」があるのは、浅草の顔とも言える雷門で有名な浅草寺本堂の裏通り沿い。創業64年、いつも地元の人や観光客で大盛況なんです。

暖簾をくぐると、カウンターとショーケースが現れて、まるでお寿司屋さんのよう!ケースの中には、日本各地から取り寄せている具材がずらりとならび、壁にはその具材が書かれた札がかかっています。

昔ながらの雰囲気が残る、あたたかな空間は浅草観光の休憩にぴったり。さらに、営業時間はなんと深夜2時まで!浅草で遅くまで飲んだあとは、おにぎりで締めるのもいいですね。

職人さんが目の前で握る!こだわりのおにぎりに大満足

おにぎりはすべて、熟練の職人さんがその場で優しくふっくらと握ってくれます。

この日使用されていたのは、新潟県糸魚川産のコシヒカリ。甘みが強く、粒がきれいに揃っているためおにぎりにぴったりなのだそう。海苔は、江戸前のりを使用。味が濃く、豊かな香りがこだわりのお米と相性抜群です。

常時18種類ほど用意されているおにぎりの具材は、定番の鮭や梅、いくら、そして塩辛や福神漬などの変わり種まで、バラエティー豊富でどれにしようか迷ってしまいますね!素材選びは一切妥協なし。厳選された紀州南高梅や北海道産鮭などは、創業当初からずっと使用しているというから驚きです!

三位一体。絶妙なバランスで仕上げるおにぎりは、どこか懐かしい思い出の味。

ぷりっと艶やかな「いくら」(690円)のおにぎりをオーダー。できたてのおにぎりをカウンター越しに受け取り、パクリといただきます。

江戸前のりの香りが鼻に抜け、噛みしめるごとにお米ひと粒ひと粒の旨みが広がります。そして、プチプチと甘くはじけるいくら。この、海苔とお米、具材という至極の三位一体の味わいは、虜になること間違いなしです!

こだわり抜いた食材を使用し、職人の熟練の技で握られる「おにぎり浅草宿六」のおにぎり。老舗専門店ならではの味わいでありながら、どこか懐かしく、ホッと心をあたためてくれますよ。古きよき日本の味を堪能しに、ぜひに足を運んでみてくださいね!

■おにぎり浅草宿六
住所:東京都台東区浅草3-9-10
TEL:03-3874-1615
営業時間:11時30分~17時、18時~シャリが無くなり次第閉店
定休日:日曜(昼の部)、火曜と水曜(夜の部)

●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 久野知美 久野知美
  • mini_minor mini_minor
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ