毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

天井まである圧巻の本棚!何度でも通いたくなる京都のブックカフェ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 Eat ブックカフェ パン ランチ 町家カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都市営地下鉄烏丸御池駅から北東の、御所南エリアにあるブックカフェ「Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)」。2002年にオープンしてから16年。進化し続けるこのお店の、人気の秘密を探ります。

Summary

バナナの木が目印!2階の天井まで届く本棚が圧倒的存在感

烏丸御池の交差点から2筋北へ上がり、二条通を東に曲がると、古い町家やマンションが並ぶ穏やかな住宅街に入ります。

そのまま5分ほど歩いたところにある、大きなバナナの木が目印のお店が「Cafe Bibliotic Hello!」です。

古い京町家の2階には、真ん中に支点のある珍しい“パタパタ窓”が4つ並んでいます。風通しも光の差し込みも良さそう。

一歩店内に足を踏み入れると、まず目に入るのが吹き抜けの天井まで届く本棚。ずらりと並ぶ本は、食とアートを中心に、数え切れないほどの冊数です。

「この店が、普段は手にしない本との出会いの場所になって、そこからその人の未来が少し変わってくれると嬉しい」と店長の澤村さん。

1階の奥まった席には長テーブルがあり、ひとりでも気兼ねなく楽しめます。どの席に座っても絵になります。

本好きの人たちに特に人気なのが2階席。居心地がよくて、ついつい長居してしまいます。

野菜たっぷりのデトックスランチ

本日のランチ 有機野菜のサラダ・ニソワーズとスープ 1200円、ドリンクセットの場合はプラス200〜500円(税別)
本日のランチ 有機野菜のサラダ・ニソワーズとスープ 1200円、ドリンクセットの場合はプラス200〜500円(税別)

古い町家が醸し出す雰囲気や、本の数に目が行きがちですが、「Cafe Bibliotic Hello!」の人気を揺るぎないものにしているのは、おいしさへのこだわり。

野菜は、有機・無農薬・減農薬栽培の野菜屋「マルシェノグチ」から仕入れ、合わせるシーチキンも、マグロを漬け込みボイルするところから自家製です。

マスカルポーネと有機バナナのタルト550円(税別)
マスカルポーネと有機バナナのタルト550円(税別)

バナナの葉の木漏れ日が差す窓際の席でカフェタイム。特製のタルト生地にオーガニックのバナナ、マスカルポーネを隠し味にした生クリームをたっぷり絞ったタルトと、自家焙煎のコーヒーを合わせて至福の時間が過ごせます。

スタッフさんには、バリスタ、パティシエ、パン職人まで、各分野のスペシャリストが集まっています。

オーガニックの小麦粉と自家製の酵母を使ったパン屋さんも併設

カフェの隣の空いた民家で、2016年からベーカリーもスタート。買って帰ってもいいし、購入したものをカフェで食べることもできます。自家焙煎のコーヒー豆も販売されていますよ!

アップルカルダモンロール(手前) 280円、クロワッサン(奥)160円(税別)
アップルカルダモンロール(手前) 280円、クロワッサン(奥)160円(税別)

オーガニックの小麦粉は発酵が安定しないので時間がかかりますが、手間をかけるほどふくよかな小麦の味わいが出てくるそう。

店頭に並べるまでに、何度も試作を繰り返したという「クロワッサン」と、カルダモンの香りがりんごを引き立てる、秋から冬にかけてとくにおすすめの「アップルカルダモンロール」。自慢の「クロワッサン」は、フランス産オーガニック小麦のサクサクした歯ざわりと、飽きのこない味がクセになります。夜23時までオープンしているのも嬉しいポイント。

芸術の秋、読書の秋、そして食欲の秋。すべて満たしてくれる「Cafe Bibliotic Hello!」に出掛けてみませんか?

※(ベーカリーのみ月曜定休)

Photo:瀬田川勝弘
text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • マイメロディ マイメロディ
  • もろんのん もろんのん
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ