毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

パリ気分を味わえる「CLASKA」【旅ガールたじはるのホテルステイ4】

田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
東京都 Relax ステイ ホテル Eat レストラン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

学芸大学駅から徒歩12分、目黒通り沿いにあるホテル「CLASKA(クラスカ)」にやってきました。こだわりのデザインが詰まったこちらのホテルは、シリーズごとに雰囲気が全く違うのですが、どのお部屋も“ナチュラルな暮らし”を感じられるインテリアになっています。例えばRoom 701は、デザイナーが今まで旅をしてきたなかで感じたホテルの不便な部分を使いやすいように反映し、機能性も兼ね備えたお部屋。ホテル内のレストランやショップなどもあわせてご紹介します。

Summary

ユニークなアイデアが満載の「Story」ルーム

客室は全20室あり、「Modern(モダン)」「Tatami(タタミ)」「Contemporary(コンテンポラリー)」「Story(ストーリー)」の4シリーズに分かれたデザインになっています。

私が今回宿泊をしたのは、2018年7月に新しく誕生した「Story」シリーズの、「Room 701 “In Praise of Shadows”」のお部屋。デザインを手がけたのは、ステーショナリーやバッグを展開する「 POSTALCO」 のデザイナー、マイク・エーブルソンさん。


デザイナーの経験から、物語を描くように生み出されたという客室は、素材選びや家具、窓から見える風景までも、ストーリーの込められた空間になっています。

ベッド下、三段の小さな階段横にもスペースがあります。

好きな場所に動かして固定できるようになっている可動式のテーブルが便利!

レンタル備品のバリエーションが豊富で、必要なものはほとんど揃っています。

コンパクトなバスルームには便利なレインシャワーと可動式のシャワーが完備。

宿泊する上で大事なバスアメニティ。よくグレードの高い客室のみブランドアメニティが置いてあるホテルが多いですが、「CLASKA」は、全室オーガニック製品で人気の「MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)」のものが取り揃えられています。

色にこだわった、外国のような「Contemporary」ルーム

女子に人気のお部屋もご紹介。「Contemporary」シリーズの、「Room602 “彩色と無彩色”」は、パッと華やかな写真映えのする客室です。

 
パステルカラーの彩色を使用した、パリのアパルトマンのようなイメージでとても素敵。次に来るときは絶対にこのお部屋に泊まりたい!

「CLASKA」は家具店も手がけていて、こちらのお部屋は同じソファの購入が可能。気に入った家具は購入できるものもあります。

こちらの客室のバスルームはバスタブ完備。こちらもアメニティは「MARKS&WEB」です。

見どころは客室の外にも。ショップやテラスも要チェック!

「CLASKA Restaurant “kiokuh”」は、宿泊者以外でも利用可能な、1階にあるレストラン。ブレックファースト、ランチ、ティータイム、ディナーの4部制です。

月替わりランチメニューを提供していて、今回の滞在中には2600円のCコース(スープとパン+前菜+メインディッシュ+デザート)をいただきました。

前菜は秋鮭のタコス(左下)、メインは地鶏のソテーと椎茸 キャラメル南瓜(右)、デザートはサツマイモのコンポート はちみつレモンのソルベ(左上)。こちらにスープとパンも付くので大満足のボリュームです。

季節の食材を使ったフレンチベースのお料理は、どれも味わい深いものばかり。そして、シェフがこだわって選び抜いた食材にはなかなか出会えない品も多く、今回最も印象に残ったのが「モーツァルトを聴かせて育った椎茸」!モーツァルトを聴かせた影響かどうかは定かではありませんが、今まで食べたことのない、フワッフワで食べ応えのある美味しい椎茸にとても感動したということは断言できます。シェフの料理がまた食べたい…。

こちらは、デザイン性の高いプロダクトが揃うライフスタイルショップ「CLASKA Gallery & Shop “DO” 本店」。
 
伝統工芸品から現代デザインまで幅広く、プレゼントやおみやげ探しで多くの方が買い物をして行かれるそうです。

木のぬくもりを感じられる、ナチュラルで優しい雰囲気の店内。他の場所ではお目にかかれない「CLASKA」限定デザインの商品も。

晴れた日には東京タワーや富士山などの絶景を満喫できる「Rooftop Terrace」。こちらでは日によって、映画上映などのイベントが開催されています。周りに高い建物がないので、空が広く見えます!

そのほかにも「CLASKA」では、ホテル宿泊者向けのレンタルバイクのサービスがあり、3時間の利用が可能。立地が良いので、中目黒や自由が丘などの周辺スポットを自転車でめぐる方も多いそうです。オシャレな「tokyobike」の自転車でプチ旅をしたい!

素敵なデザインが詰まった「CLASKA」、いかがでしたか?

スタッフも親切な方ばかりで、気持ちよく過ごせるホテルです。今回は「Story」と「Contemporary」2シリーズの客室をご紹介しましたが、「Modern」「Tatami」のインテリアも素晴らしいので、ぜひ、ホテルのホームページでお部屋の雰囲気もチェックしてみてくださいね!

■CLASKA(クラスカ)
住所: 東京都目黒区中央町1-3-18
TEL:03-3719-8121
営業時間:IN:15時/OUT:12時
定休日:無休
料金:1室2名利用の場合、1名1万8000円~(税・サービス料別)

photo:田島知華(たじはる)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • あや猫 あや猫
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 山田茜 山田茜
  • セレイナアン セレイナアン
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ