毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

中目黒でほっこり京都旅気分。老舗の京食材を使った絶品もつ鍋

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 Eat モツ鍋 京料理 レストラン予約
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

中目黒にある和食店「京家 KARASUMA(きょうや からすま)」は、京都の老舗有名店の食材を生かした、絶品料理が楽しめるお店。特に、手間ひまかけて作られた「もつ鍋」は、ほかでは味わえない逸品です。生まれも育ちも京都という取締役の坂井清孝さんに、お店自慢の品々をご紹介いただきました。

Summary

目黒川のほとりにある風情ある和食店

「京家 KARASUMA」は、駅周辺の喧騒から離れた目黒川のほとりにあります。京都のお茶屋を思わせる、風情ある外観が印象的。建物の1階には、おしゃれなアパレルショップがあります。

階段の上り口に置かれた、行灯がお店の目印です。まるで京都へ旅行に来たかのような、非日常的な気分に。

金色の照明で照らされた店内は、ほどよい華やぎと落ち着きのある空間。静かに語らうことができるため、会食など、大切なシーンで利用する人も多いのだとか。もちろん、オトナ女子にもぴったりです。

珍しい京食材との出会いに、思わず感激

今回は、人気コースのひとつである「名物!黒毛和牛の京風白味噌もつ鍋コース」4000円(税・サービス料込)をご紹介。「もつ鍋」をはじめとする、自慢のメニューの数々を味わうことができます。

まずは、付き出しの「飛竜頭(ひろうす)」。明治30年創業の老舗であり、京都を中心に多くのファンを抱える豆腐店「とようけ屋山本」から取り寄せたもの。飛竜頭は京言葉で、一般的には「がんもどき」にあたるそう。油で揚げてあるものの、しつこさはまったくなく、上質な味わいが楽しめます。


「とようけやさんとこのお豆富と京水菜サラダ」は、飛竜頭と同じく「とようけ屋山本」の豆腐が使われています。ややこってりとした舌ざわりで、豆の風味が豊かに感じられることが特徴。一般的な豆腐とはまったく異なる味わいに驚かされます。

実は、「とようけ屋山本」をはじめとする京都の老舗店は、信頼関係のある人としか取引をしないのだそう。「『とようけ屋山本』さんは、僕が幼少の頃からお世話になっていたお店。長い付き合いがあったからこそ、都内で京料理の店を出す際も、取引を快諾してくれました」と、坂井さん。

「麩嘉さんとこの生麩の二色田楽」では、国内で最も古い専門店「麩嘉(ふうか)」の京生麩を味わうことができます。まるでお餅のような、ふわふわとした食感がたまりません。

京都で美食めぐりをしているような時間

「若鶏の唐揚げのおろしぽん酢 べったら和え」は、若鶏の唐揚げに、京つけもの店「打田漬物」の「べったら」をトッピングした一品。パリパリとした食感が楽しく、お酒が進みます。

「極上黒毛和牛ホルモンの京風味噌なべ 白鍋」は、京都の老舗肉店「銀閣寺大西」から仕入れたもつをひと晩かけて仕込み、選りすぐりの食材と合わせた自慢の鍋です。

もつ特有の臭みや油っぽさが最小限に抑えられており、もつが苦手な人でも食べられることが多いのだとか。“世界で、ここでしか食べられないもつ鍋です”と、坂井さんも胸を張ります。

こちらは、締めに雑炊、もしくはラーメンをいただくことができます。

京都の選りすぐりの食材を使った、絶品料理を楽しめる「京家 KARASUMA」。都内ではなかなかお目にかかれない、京食材との出会いは感激の連続。今冬、要チェックのお店です。


text、photo:緒方佳子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • Masa Masa
  • 村上萌 村上萌
  • マイメロディ マイメロディ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ