毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

女子飲みもお1人飲みも「小岩」が最高!コスパ抜群の名酒場3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 Eat 居酒屋 バー 立ち呑み お酒
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ディープな大衆居酒屋やスタンディングタイプのお店が軒を連ね、一部では「せんべろの聖地」とも囁かれている江戸川区の小岩。昔馴染みの常連さんだけでなく、最近では女性同士や、お1人さまのサク飲みも増えているそう。今回は初心者でも入りやすく、コスパ抜群の料理&お酒が味わえる名店をご紹介します。

Summary

コーヒーハイも美味!創業53年、老舗の素朴な家庭料理に心ほぐれる/江戸政

JR総武線小岩駅北口から歩いて5分ほどの場所にある「江戸政」。昭和40年創業、メディアや雑誌でもたびたび取り上げられる小岩の代表的な老舗です。まるでタイムスリップしたかのような懐かしい雰囲気が漂う店内には、メインとなる7席ほどのカウンターと、奥には小上がりの座敷があります。

店主こだわりの家庭料理がリーズナブルな価格で味わえることで人気のこのお店。人気メニューの牛すじ煮込み(200円)とポテトサラダ(250円)は、驚くほどの安さとボリューム感!

名物の牛すじ煮込みは、大きくカットされた具材がゴロッと入っており、この1品だけでも十分な食べ応え。店主の「うちはお通し代も取らないし、価格度外視でやってるから」という言葉通り、ほかにもおしんこ(100円)、刺身盛り合わせ(650円)など、どのメニューもびっくりするほどお安いんです。

元々は、小岩エリアで働くサラリーマンが集う街の定食屋さんだったそう。当時から続く定食メニューは今なお健在で、素朴で優しい味わいの和定食(800円~)がいただけます。

このお店ならではのお酒が、こちらのコーヒーハイ(300円)。2カ月間じっくりと焼酎に漬けたコーヒー豆がグラスの底に入っています。味はアイスコーヒーのように爽やかで、ゴクゴクと飲めてしまうので、うっかりするとつい飲み過ぎてしまいそう…!ほかに、しょうがはちみつハイ(350円)、トマトハイ(400円)も女性に人気だそうです。

手料理にこだわり、毎日でも通いやすいお手頃価格が魅力の「江戸政」。店主との何気ない会話にもほっこりすること間違いなしです。仕事帰りにサクッと飲んで帰りたい、でもちゃんと食事もしたい。そんな人におすすめです!

コスパ抜群!一見さんにも優しいアットホームな大衆酒場/立ち呑み酒場 さくら

続いてご紹介するのは、ディープな小岩の酒場街でもひと際賑やかな「立ち呑み酒場 さくら」。小岩の立ち飲み屋さんと聞くと必ず名が挙がる人気店です。日替わりのお惣菜がずらりと並ぶ大きなカウンターは、この日も常連さんたちで大いに賑わっていました。

常連客が多いお店と聞くとハードルが高いイメージがありますが、このお店は一見さんに対しても非常にアットホーム。一歩足を踏み入れると、店員さんだけでなく常連さんも一緒に「おかえり〜!」と温かく迎え入れてくれるんです。

名物のカミカツカレー(300円)や玉子焼(プレーン 100円)をはじめ、プルコギ(280円)、スモークチキンサラダ(260円)、麻婆茄子(300円)、おでん(70円~)など、メニューの大半がワンコイン以下!

これだけたっぷり食べても1000円ちょっとという驚異のコスパに、人気店である理由が伺えます。常連さんに話を聞くと、「その日の食材次第でメニューが変わるので、毎日通っても新鮮!」とのこと。

料理やドリンクはすべて、その都度に支払うキャッシュオンスタイル。明瞭会計なのも嬉しいポイントです。

女性におすすめのドリンクは、自家製の大きな梅干しがまるごと入った梅干しハイ(350円)。ドリンクメニューも充実しているので、いろんなお酒を飲み比べてみても楽しそう!

どの料理も素朴ながら本格的で、しっかり夕飯を食べたい人にもぴったり。下町ならではの人情と家庭料理の温かさにぜひ触れてみてください。

お一人さまや女子会にも。ノスルジックな店内でサク飲み/Standing くう

立ち飲み居酒屋のなかでも、また一味違う落ち着いた雰囲気が漂う「Standingくう」。店内は木の温かみと大正ロマンを感じさせます。仕事帰りのサラリーマンはもちろん、女性のお客さんも多いそう。

歩いて1~2分ほどにあるレストラン「キッチン くう」の姉妹店ということもあり、和とフレンチが融合した本格料理をお手頃価格で楽しめます。

ゴルゴンゾーラとマルカルポーネチーズ、干しレーズンとバゲットが乗った、チーズの盛り合わせ(500円)は、見た目も美しいお店の人気メニュー。「キッチン くう」で提供しているロースカツを贅沢に挟んだカツサンド(600円)、角ハイボール(400円)と、この3品はまず外せません!

オープンから7年目、30~60代男女と幅広い客層で、馴染みの方だけでなく、ふらりと立ち寄る一見さんも多いそう。チャージ料不要、料理もドリンクも財布に優しい価格帯なので、足を運びやすいのもうなずけます。

2Fには、ゆったりとくつろげるソファ席も。女子会や大人数での食事会の場など、さまざまなシーンで利用できるのも嬉しいですね。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:江戸川区

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 五島夕夏 五島夕夏
  • 東原妙子 東原妙子
  • セレイナアン セレイナアン
  • 北出恭子 北出恭子
  • yui yui
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ