ラム肉専用鉄板鍋って⁉ラムしゃぶ+ジンギスカンを同時に食べる幸せ

ラム肉専用鉄板鍋って⁉ラムしゃぶ+ジンギスカンを同時に食べる幸せ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
食・グルメ 肉料理 焼肉・ホルモン 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

新宿・高田馬場にあるラム肉専門店「羊のロッヂ」は、ジンギスカンとラムしゃぶを同時に楽しめる珍しいお店です。ラム肉のおいしさを追求した、アイディアの光る看板メニューや、店内のこだわりをご紹介。

Summary

山小屋のような店内は、屋外で食べるジンギスカンの雰囲気を再現

木製の飾らないインテリアとランタンのような照明。カントリーミュージックが流れ、山小屋(ロッジ)のあたたかい空気を感じさせる店内。

店内の空間は、山小屋のように誰もが和気あいあいとご飯を食べられる場所を目指しています。また、北海道では屋外で楽しまれることの多いジンギスカンのカジュアルさを再現しているそう。

このお店の特色は鍋にあります。従来のジンギスカン鍋とは違い、中央の焼肉スペースの外周にしゃぶしゃぶスペースがついています。ラムの魅力を楽しむために、ジンギスカンとラムしゃぶが同時にできる鍋を探した結果、このスタイルにたどりつきました。

おつまみでもおかずでもOK!ラムの魅力を堪能できるおすすめメニュー

おすすめのメニューは生ラム肩ロース(1080円)。中央のジンギスカンスペースで焼いて食べれば、歯ごたえのある食感とラムのうま味が広がります。脂身は口に残らず、さっぱりした後味。岩塩でいただくので肉本来の味を感じられます。

鍋の下部は肉や野菜がゆでられるしゃぶしゃぶスペース。肉をさっと通してポン酢で食べるラムしゃぶ(800円)は、ラムに苦手意識がある人ほどおすすめしたい逸品。臭みではなく香りが楽しめ、食べたあとに広がるかすかな甘みが印象深く、新鮮なラムの魅力と出会えます。

ラムパクチー(880円)は、パクチーの鼻に抜ける香りがラムの濃厚な味わいと絶妙に絡み合う一皿。おつまみとして人気のメニューで、ハイボールとの組み合わせは抜群です。

今回紹介したメニューがすべて入っており、そのほかおつまみや締めの麺も楽しめるロッヂコース(2700円)は、初めての来店でも安心して楽しめるメニューです。ラム料理は白飯もお酒も合いますので、家族と楽しむ夕食から同僚と楽しむ飲み会まで幅広いシチュエーションで使えるのが嬉しいですね。

「ラムはヘルシーでもたれないので、『肉だから食べ過ぎないように』という抵抗感なく、心ゆくまで楽しめるのです」と店長の越坂部さん。ご本人がジンギスカンと出会ったとき感じた「羊の肉ってこんなにおいしいのか」という感動を、この店のメニューに詰め込んでいます。

シチュエーションによって選べる姉妹店もオープン

山小屋でわいわい楽しむ「羊のロッヂ」に加え、2018年8月には姉妹店「隣のロッヂ」が高田馬場駅付近にオープンしました。個室風のテーブル席があり、デートなどゆったり楽しみたいときにおすすめ。通常メニューに加え、「季節フルーツとローストラムサラダ」など「隣のロッヂ」限定メニューも楽しめます。

「ラムの魅力を発信し続けたい」と語る店長の、次の新メニューのアイディアは“ラム水餃子”だそう。ラムの新しい味わいに出会いたい人は、東京の「山小屋」での楽しいひとときを過ごしてみては?

text/photo:宿木雪樹

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください