毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

クリスマスマーケットから繰り出す、冬の札幌【村上萌の北海道で#週末野心2】

村上萌 村上萌
北海道 Play 市場・マーケット クリスマス 村上萌 &mores
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

こんにちは、村上萌です。札幌に住んで5年。今年はいつになく雪の到来が遅く、なかなか初滑りをしにゲレンデに行けていません。が、寒さはやっぱり北海道。これから観光される方は、三首(首、手首、足首)を冷やさず、しっかりめのアウターを忘れずにいらしてください。今回は、クリスマスまで開催している大好きなマーケット「ミュンヘン・クリスマス市」を起点に、前後の観光をご紹介します。

Summary

ホットワイン片手にクリスマスマーケット

11月中旬からクリスマスまでの1ヵ月、「大通公園」で開催している「ミュンヘン・クリスマス市」。

いつでもお祭りをしている「大通公園」では、もちろん夏のビアガーデンやその他のイベントの方が規模は大きいのですが、なんだか異国情緒あふれて大好きなこのクリスマス市。夕飯をここで済ましてしまうというよりは、散策がてら、ホットワインを買ってつまむのがおすすめです。

私たち夫婦も近くで夕食の予定があったので、プレッツェルとホットワインだけ楽しみに来ました。

アルコールが苦手な方には、「ホットグレープ」というワイン風の飲み物や、「ホットアップルシナモン」なんかもあるのでご心配なく。

「大通公園」はほかのエリアもイルミネーションが楽しめます。とにかく暖かいアウターを忘れずに。

家族とも友達とも楽しめます。

■第17回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo
開催期間:2018年11月22日(木)~12月25日(火)
開催場所:大通公園2丁目
開催時間:11~21時(20時45分LO)

札幌の夜といえば“締めパフェ”

札幌の新定番、“締めパフェ”。締めパフェの予定があれば、夜ご飯が終わるのも寂しくありません…!大人の皆さんには「夜パフェ専門店 Parfaiteria PaL(パフェテリアパル)」がオススメですが、こちらはアルコールの入ったパフェしか置いてないため、お子様や妊婦さんは入店できません。

そんな状況の方は、歩いて10分程度で行ける系列店の、「夜パフェ専門店 Parfaiteria miL(パフェテリアミル)」へどうぞ。

私は夕飯を17時半前後から食べて、19時半には締めパフェる、というスーパー巻きスケジュールで、娘とも一緒にこちらへお邪魔します。

まるで作品のような季節のパフェは、メニューにイラストとともに全ての材料が細かく書かれていて、ひと口食べる度にときめきます。

コーヒーもあるので、お酒を飲まずとも、単純に食後のお茶がてら楽しむことができちゃいます。「パル」の方は予約ができますが、「ミル」は予約不可なので、夜になればなるほど混んで来てあっという間に行列ができます。覚悟して来店してくださいね。(ちなみにスーパー巻きスケジュールならめちゃスムーズです…笑。)

■夜パフェ専門店 Parfaiteria PaL
住所:札幌市中央区南4条西2丁目10-1 南4西2ビル6F
TEL:011-200-0559
営業時間:18~翌2時(翌1時30分LO)
定休日:無休

■夜パフェ専門店 Parfaiteria miL
住所:札幌市中央区南3条西5丁目14 三条美松ビルB1F
TEL:011-522-9432
営業時間:月~木曜は17~24時、金曜は17時~翌2時、土曜は15時~翌2時、日曜、祝日は15~24時
定休日:無休

まだまだ飲みたい人の締め飯

「パフェを食べても締まらない…」もしくは「甘いものよりしょっぱいもの…」という方には、やはり麺で締めることをオススメします。

私が好きなのは、すすきのにある「かすそば風土.本店」。もつが入った「コク旨 かすそば」(630円)か、「パクチー辛かすセイロ」(850円)が好きです。なんと朝6時30分までやっているので、下手したら朝ごはんの方とすれ違うかもしれません…!笑

蕎麦以外の一品メニューもかなり美味しいので、「あれ?さっき夕飯食べたよね」なんて会話が飛び交うこともしばしば。

男性からもかなり好評なので、家族やカップル、もちろん女友達ともオススメです。

■かすそば風土. 本店
住所:北海道札幌市中央区南5条西4 ソシアルビル1F
TEL:050-3490-9770
営業時間:18時30分~翌6時30分(翌6時LO)
定休日:不定休

札幌の麺といえば、こちらもオススメ。「えびそば一幻」。

他と比較できない唯一無二な濃厚えびスープは、突然ふと思い出して食べたくなるんですよね…。すすきの周辺にある総本店は朝3時までやっているので、是非最後の1件に。万が一行けなかったとしても、新千歳空港にもあるので、本当に最後の最後の旅の締めに行くこともできちゃいます。

写真は、親戚の子どもが来た時に分けてあげてるところ…。子どもも大人も大好きえびそば。

■えびそば一幻 総本店
住所:札幌市中央区南7条西9丁目1024-10
TEL:011-513-0098
営業時間:11時~翌3時
定休日:水曜

もうひとつ締め飯をご紹介するなら、「開陽亭別邸大三坂」。こちらは締めに限らず、メインの夕飯としても本当におすすめなのですが、朝5時までやっているので、今回は締めとしてご紹介します。

お肉や海鮮、じゃがバターに北海道産のワインなど、何を食べても美味しいのですが、締めで行かれるなら絶対食べていただきたいのが、「うにぎり」こと、うにのおにぎり。

「あぁ、北海道に来てよかった」と思って1日を締めくくれるはずです。素敵な雰囲気なので、カップルでも家族でも◎

■函館開陽亭別邸大三坂
住所:北海道札幌市中央区南5条西6 リッチ会館1F
TEL:011-520-0155
営業時間:月~土曜:18時~翌5時(翌4時LO)、日曜、祝日:18~24時(23時LO)
定休日:無休

最後に、締めとはちょっと違いますが、夜の街に繰り出す前に大通公園やすすきの、市内のホテルからも近い素敵なコーヒースタンド「BARISTART COFFEE(バリスタート コーヒー)」をご紹介します。

北海道の牛乳が何種類ものなかから選べるラテは絶品。旅先で美味しいコーヒーに出会えると嬉しいですよね。

■BARISTART COFFEE
住所:札幌市 中央区南1条西4丁目8フリーデンビル1F
TEL:011‐215‐1775
営業時間:9~19時
定休日:無休

冬が長い北海道ですが、訪れるタイミングによって色々なお祭りがやっているので、是非朝から夜まで楽しんでいただけたら嬉しいです。札幌でお待ちしています!(もはや誰…)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • もろんのん もろんのん
  • あや猫 あや猫
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 6151 6151
  • 北出恭子 北出恭子
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ