12月22日~24日の3日間限定、京都の「冬の夜のすいぞくかん」オープン

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 おでかけ NEWS 水族館 体験 ペンギン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2018年12月22日(土)~12月24日(月・祝)の3日間、京都市下京区の京都水族館のクリスマス特別企画として「冬の夜のすいぞくかん」が開催されます。営業時間を20時まで延長。特別な照明で演出されたロマンティックな空間で、普段見ることのできない夜のいきもののようすを観察してみませんか。

Summary

ペンギン、オオサンショウウオ…いつもは見られない夜の“いきもの”の姿

ライトアップ開催場所:「イルカスタジアム」「京の川」「京の海」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」
ライトアップ開催場所:「イルカスタジアム」「京の川」「京の海」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」

「冬の夜のすいぞくかん」は、夜行性のオオサンショウウオが活発に動く姿や、オットセイやペンギンが寝ているようすなど、いきものたちの夜ならではの姿をつぶさに観察することができます。

また、12月23日(日)と 24日(月・祝)には「イルカスタジアム」にて、立命館大学交響楽団のフルオーケストラによる生演奏と、コラボレーションしたイルカパフォーマンスの特別プログラムも。美しい音と光のなかを泳ぎ、跳ねるイルカたちのショーは必見です。

いきものの不思議を知る「夜のいきもの解説黒板」

設置場所:「京の川」「オットセイ」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」
設置場所:「京の川」「オットセイ」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」

館内各所に設置された黒板には、いきものの夜の姿や特徴の解説が。「冬の寒い夜は、オットセイたちはヒレを自分の体の下に入れ体温が下がらないようにして寝ます。」などの豆知識とともにいきものたちの夜の姿を見ることができます。

体験プログラム「夜のいきもの解説ツアー」

夜の館内を水族館スタッフと巡るペア限定のプログラムです。いきものの夜のようすから見てとれる生態やみどころなどを聞くことができます。

参加できるのは各日5組10名の抽選に当選したペアのみです。追加で1000円(2名分の料金)かかりますが、水族館スタッフにつきっきりで解説してもらえるのは貴重な体験!

ミズクラゲの赤ちゃんを特別公開。星空の海にふわふわ浮かぶ「くらげ」も

開催場所:交流プラザ
開催場所:交流プラザ

「冬の夜のすいぞくかん」の期間中は、期間限定公開の「ミズクラゲのエフィラ」の展示時間も20時まで延長。“エフィラ”とはクラゲの赤ちゃんのこと。まるで夜空に輝く星のような姿でゆったりと漂うエフィラを見ていると気持ちが静かに穏やかになっていくようです。

開催場所:くらげエリア
開催場所:くらげエリア

「くらげ」エリアでは夜空の映像演出がおこなわれ、まるで星空の中にふわふわとクラゲが浮かんでいるような不思議な感覚を楽しめます。

いきものたちの息づかいが一層近くに感じられそうな「冬の夜のすいぞくかん」。JR京都駅からも近いので、クリスマスのお出かけにいかが?いつもより少しだけロマンティックな夜を過ごせそうですよ。

■「冬の夜のすいぞくかん」
場所:京都水族館(京都府京都市下京区観喜寺町35-1)
アクセス:JR京都駅から徒歩15分
開催期間:2018年12月22日(土)~12月24日(月・祝)
受付時間:18~20時(通常営業は10~18時)
料金:2050円
「夜のいきもの解説ツアー」は別途1000円(ペア料金)
公式ウェブサイトから事前申し込み必要(応募者多数の場合は抽選)

text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • Masa Masa
  • 下川友子 下川友子
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • YURIE YURIE
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ