本場の味を広島で。カナダ・モントリオール式ベーグルにハマる人続出!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
広島県 ショッピング パン ベーグル 広島みやげ 手土産
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島・安佐南区川内にある、日本では珍しい、カナダ・モントリオールスタイルのベーグルが食べられる専門店「BONO BAKE(ボノ ベイク)」。蜂蜜が練りこまれた生地は、噛めば噛むほど甘さが感じられる優しい味わい。ほかのベーグルにはない、サクッとした柔らかい食感が特徴です。ずっしりとした「イングリッシュマフィン」はボリューム満点なので、軽食にもおすすめ。すべて手作りにこだわった、本格派のベーグルはいかが?

Summary

ブルーが映える、おしゃれなお店

住宅街を進むと見える、白壁に映えるおしゃれな青い屋根。ドアに描かれたお店のロゴもシンプルでかわいい!

というのも、「ボノ ベイク」店のご主人はデザイナーさんだそうで、内装やロゴなど、すべてご自身でデザインされたそうです。ドアのガラスから、ずらりと並んだベーグルが見えてわくわくしますね!

モントリオールスタイルって?

モントリオールスタイルのベーグルと、普通のベーグルの大きな違いは、生地に卵と油を使っていること、そして塩を使っていないということ。

さらに、蜂蜜が練りこまれているので、生地はうっすら優しい黄色。噛めば噛むほどほんのり甘いんです。塩気がないので、バターを付ける場合は有塩のものがおすすめなんだとか。

プレーンベーグル 240円
プレーンベーグル 240円

こちらは、基本の「プレーンベーグル」。手ですんなりとちぎれるのも特徴のひとつです。普通のベーグルより柔らかく、外はサクッとした軽い食感。

お店の方のおすすめの食べ方は、トースターで焼くこと!そのままトースターで焼き目がつく程度に焼くと、カリッとした食感に。ひとつずつアルミホイルに包んでからトースターやグリルで焼くと、外はパリッと中はふんわりの、また違った食感を楽しめるのだそう。色々な食べ方で、食べ比べしてみたいですね!

ボリューミーな「イングリッシュマフィン」もぜひ

イングリッシュマフィン プレーン 250円、よもぎ 300円
イングリッシュマフィン プレーン 250円、よもぎ 300円

こちらは「イングリッシュマフィン」。自家製酵母を使用しています。

よもぎのイングリッシュマフィンの断面を見ると、よもぎがたくさん練りこまれているのがわかります。切っただけでよもぎのいい香りが!

「ベーグル」は軽めですが、こちらの「イングリッシュマフィン」は少しかための食感。ずっしりとしていてボリュームがあり、食べごたえも満点なので、お昼ごはんにもいいですね!あんこなどを挟んでも美味しいですよ。

すべて手作りのおやつもおすすめ!

「ベーグル」や「イングリッシュマフィン」以外にも、季節によって変わるおやつも販売されています。そして、おやつはすべて手作り!グラノーラやジャムなど、ベーグルと一緒に買って帰れば、素敵な朝食になりそう。

お店は基本的に土曜と金曜だけの営業ですが、イベントなどにも精力的に出店されています。

モントリオールに2年住んでいた店主さんが、日本にもモントリオールスタイルのベーグルを広めたい!という思いから始めたこちらのお店。お店には、そんな店主さんのこだわりがいっぱい詰まっています。新しい食感のベーグル、一度お試しあれ!



text:多田乙葉
photo:三國ユリ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 東原妙子 東原妙子
  • 久野知美 久野知美
  • yui yui
  • mini_minor mini_minor
  • あや猫 あや猫
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ