毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

「室生山上公園 芸術の森」は青空と山、水が織りなすフォトジェニック空間!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
奈良県 See 美術館 ガーデン 公園 自然公園
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

奈良・室生寺のすぐ近く。雄大な室生の里のランドスケープを取り込んだ屋外ミュージアムがあるのをご存知でしょうか?青い空、緑豊かな山々、爽やかな風と軽やかに調和するモニュメントは、まさにインスタジェニック。春夏の森の緑に、秋の紅葉、白銀の雪に覆われた冬の世界……、どの季節に訪ねても最高の風景に出会うことができるんです。

Summary

のどかな大自然の中で現代アートを鑑賞!

奈良の名刹・室生寺から車で山道をのぼること約10分。「室生山上公園 芸術の森」は、自然豊かな室生の里に広がる野外ミュージアムです。設計・デザインを手がけたのはイスラエル出身の世界的彫刻家で、環境芸術の世界的一人者でもあるダニ・カラヴァン氏。彼が手がけるさまざまなモニュメントが、周囲の大自然と呼応しながら美しいランドスケープを描き出しています。

南北に広がる敷地面積は、なんと約7.8ha。自然の地形をそのまま生かしているため、ゆるやかなアップダウンがあり、見晴らしも抜群です!

南側のエントラスから入ると、湖に浮かぶ3つの島「鳥の島」「ピラミッドの島」「ステージの島」が見えてきます。

こちらは「ピラミッドの島」。オブジェの材質は鉄で、赤茶色に錆びた感じがカッコいい!大地の赤色のように周囲の山や森としっくりなじんでいます。

インスタジェニックなスポットもたくさん

思わず写真を撮りたくなるスポットが多いのも、こちらの魅力。写真上の「螺旋の水路」は、うずまきに向かって水が流れているのですが、カメラを構える位置によって見え方ががらりと変わるのが楽しい。水路のはじまりにあるのはキンモクセイ。冬に真っ白な雪で埋め尽くされた景色も絵になりますよ。

鉄でできた巨大なモニュメントは「天文の塔」。塔の上に登ったり、中に入ることもできます。

塔から真っ直ぐのびる橋は「太陽の道」とよばれ、北緯34度32分のラインに沿っています。春分と秋分に太陽が通る道で、室生寺や長谷寺、箸墓古墳、伊勢神宮なども実はこのラインにあるそう!古の太陽信仰や古代史ロマンをしのばせる壮大な作品です。

こちらは塔の内部。一本の光が浮かび上がり教会のよう!実は日時計になっていて、光の差し込み方で時間が分かるようになっているとか。

木漏れ日が美しい遊歩道も。園内でピクニックもOK

ほかにも地元の棚田を再現した作品や、みずみずしい苔や木漏れ日に癒される遊歩道もあり、ゆっくり散策するだけでも最高のリフレッシュができます。広大な敷地は、もとは地元の地すべり・洪水対策の土地であり、公共施設と環境アートが巧みに融合しているというのも面白いですよね。

こちらは北側エントランスの建物。屋根も芝に覆われています。屋外でもエントランス内でも飲食OKなので、お弁当やおやつを持参して、ピクニックしながらのんびり過ごしてみるのもおすすめです。もちろんゴミはしっかり持ち帰り、この素晴らしい環境を守っていくのをお忘れなく。

text:ヤマグチノリコ
photo:マツダナオキ

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 6151 6151
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • あや猫 あや猫
  • マイメロディ マイメロディ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ