毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

もう1回泊まりたくなる!大阪の「HOTEL SHE, OSAKA」がおしゃれすぎ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
大阪府 Eat ステイ ホテル カフェ ドリンク
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

昭和の街並みが色濃く残る大阪の下町・弁天町にある、スタイリッシュで異彩を放つ「HOTEL SHE, OSAKA(ホテル シーオーサカ)」。併設カフェ「WORKBENCH COFFEE ROASTERS」の香り高いコーヒーを楽しんだり、レコードから流れる音楽に耳を傾けたり、ハイセンスなホテルで、いつもとは違う大阪の夜を満喫しましょう。

Summary

まずは併設カフェでゆったりコーヒーブレイク

大阪・弁天町の昭和レトロな街並みの中で、ひと際スタイリッシュな「HOTEL SHE, OSAKA(ホテル シーオーサカ)」。SHEは「Satisfaction(サティスファクション=満足)」、「Heartfelt(ハートフェルト=心からの)」、「Emotional(エモーショナル=感情的な)」の頭文字を取って名付けられています。

SHEの後のコンマには「立ち止まってまた続いていく」という意味も込められているとか。滞在を通して心揺さぶる体験ができそう、そんな予感に満ちたハイセンスなホテルです。

カフェラテ 594円
カフェラテ 594円

併設する「WORKBENCH COFFEE ROASTERS(ワークベンチコーヒーロースターズ)」は、愛知県・豊田市に本店を構えるカフェ。コーヒー豆は日替わりで、毎日通っても違う風味が楽しめます。

抹茶ラテ 540円
抹茶ラテ 540円

その場で抹茶を点て、たっぷりのミルクとあわせた「抹茶ラテ」も人気メニューのひとつ。ピザを中心に軽食メニューも揃っているので、ランチタイムに訪れるのもよさそうです。

フォトジェニックな共用スペース

入ってすぐのところが共用スペース。こちらでコーヒーを飲んだり読書をしたりとくつろぎの時間が過ごせます。

中庭はテラス席になっていて、より開放的な雰囲気。大きな“She”のモチーフやスタイリッシュなクッションなどがさりげなく置かれ、写真撮影にもぴったり。

スタッフの清水さんは「刺激的な出会いやカルチャーがあって、ゲストの感性に訴えかけるホテルでありたい」と語ります。

そんな“感性”を育むためのツールとして「HOTEL SHE, OSAKA」が取り入れているのがレコード。飾りや、共用スペースのBGM以外にも立派な用途があるんです。

お部屋ではレコードを聴きながらリラックス

すべての部屋に、専用のレコード2枚とプレーヤーを常備。2枚のレコードは朝と夜をイメージし、部屋ごとに異なります。セレクトは確かな審美眼を持つ東京のレコード店「ココナッツディスク」のスタッフで、ジャズを中心にロックやポップス、歌謡曲など幅広いジャンルから厳選しています。

レコードに針を落とした時のアナログならではプツプツという音、曲が始まるまでのワクワク感、音が鳴った瞬間のトキメキ。そんなスペシャルな体験を、滞在中思う存分堪能しましょう。初めて聴く音楽に包まれながら旅情にふける、なんてとっても贅沢ですね。

ツインルーム
ツインルーム
ダブルルーム
ダブルルーム

部屋自体はコンパクトながらすっきりまとまって落ち着いた雰囲気なので、心穏やかに過ごせそう。旅人にはもちろん、地元大阪からのゲストも多い「ホテル シーオーサカ」で、思いがけない音楽の刺激を楽しんでみませんか?

HOTEL SHE, OSAKA
住所:大阪府大阪市港区市岡1-2-5
TEL:06-6577-5500(7〜24時)
営業時間:IN:15~23時、OUT:~10時、WORKBENCH COFFEE ROASTERS:8時〜23時(22時30分LO)
定休日:無休、WORKBENCH COFFEE ROASTERS:火曜

text:木村桂子(ウエストプラン)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 北出恭子 北出恭子
  • 東原妙子 東原妙子
  • もろんのん もろんのん
  • 村上萌 村上萌
  • マイメロディ マイメロディ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ