オープンは週に1日だけ。宝探し気分で選ぶ、季節のパン&焼菓子

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
兵庫県 ショッピング パン 焼き菓子 手土産 スイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

神戸・阪神間は、洋菓子&ベーカリーの激戦区。そんなエリアに、パンも焼き菓子も、両方を主役にしたお店「BAKER(ベイカー)」が、2018年5月にオープンしました。

Summary

お店は芦屋のビルの一角に

店主の中尾雅子さんと旦那さんの冬樹さん
店主の中尾雅子さんと旦那さんの冬樹さん

阪神電車打出駅から、芦屋浜に向かって歩いて約10分のところに「BAKER」はあります。ビルの1階、お店が並ぶ一角に、ひっそりとした佇まいです。

元製麺所だった空間をそのまま使っている店は、シンプルだけれどどこか外国の厨房みたいな雰囲気。

店を切り盛りしているのは、中尾雅子さん。元町にあったショップ&カフェの立ち上げから携わってきた中尾さんが、結婚、出産を機に独立されました。

“焼き”にこだわるラインナップは約15種

もともとは自家製天然酵母のパン作りからスタートした中尾さん。「新婚旅行で訪れたポートランドでは、パン職人や菓子職人は、ブーランジェリエでもパティシエでもなく、“ベイカー”と名乗っているが多く、それが衝撃的でした…」とのこと。

そして、パンと焼き菓子の間に垣根がないことに共感し、自身も大好きなお菓子とパンを主軸にお店を展開しているそうです。

休日には旦那さんのサポートも受けつつ、“焼き”にこだわるアイテム約15種を販売しています。

どれも体にやさしい素材を使っています

これまでも国産のものにこだわってパンを焼いていた中尾さんですが、お子さんが生まれてから、「小さなお子様にも安心して食べてもらいたい」という気持ちがより強くなったそうです。

豆腐ドーナツ 1個200円
豆腐ドーナツ 1個200円

神戸を中心とした農家さんから届いた野菜や果物を使ったマフィンやタルティーヌ、サンドイッチのほか、「とうふ屋原商店」の木綿豆腐を使用した「豆腐ドーナツ」など、種類によっては卵・バターを使わず、アレルギーをもつ子どもにも食べてもらえるように工夫をしています。

どの商品も、鹿児島・喜界島の砂糖を使っています。甘さは控えめで、果物の甘みや、噛むほどに感じられる小麦の風味を大切にした素朴な味わい。

ほうれん草、じゃがいも、きのこクロックムッシュ 360円
ほうれん草、じゃがいも、きのこクロックムッシュ 360円

こちらのクロックムッシュは、神戸「東遊園地」で毎週土曜朝に開催しているファーマーズマーケットで出会った農家さんの季節野菜を使用しています。

安心素材にこだわって作る、体にやさしいパンと焼き菓子には母の愛情がギュッと詰まっています。大人も子どもも、食べたらほっこり幸せな気分になるはず!

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Text:いなだみほ



Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 絶景travelers 絶景travelers
  • 6151 6151
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • マイメロディ マイメロディ
  • kyoko_plus kyoko_plus
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ