「本のあるカフェ ホコト」【カフェグラマ―きょん。の、あのカフェこの席17】

きょん。 きょん。
兵庫県 食・グルメ ブックカフェ トースト スイーツ きょん。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

長年愛されたキャンドルショップが、ブックカフェとしての道を歩み始めたのは2018年5月のこと。本、珈琲、そしてトースト。三つのワードからそれぞれの頭文字を取り、それがそのまま店名となった「本のあるカフェ ホコト」さんを、今回はご紹介いたします。

Summary

バラエティに富んだ、ジャンル問わずの書籍と共に

小説やエッセイをはじめ、ずらりと書棚に並ぶ本の数はおよそ800冊。

見ているだけで癒される一冊や、「こんな本もあるの!」とびっくりしてしまうような一冊までバラエティ豊富。

本は季節などによって不定期で入れ替わるため、行くたびに新しい出会いが待っています。

読書時間をより豊かにするカフェメニュー

豆の恵みとレモンのトースト 500円
豆の恵みとレモンのトースト 500円

宝塚にある「パンネル」さんの角食を使用した、一度に二度味わえる、「ホコト」さんオリジナルトースト。

一面には爽やかな酸味際立つレモンバターを、もう一面にはペーストした円やかクリームチーズの上に香ばしいミックスナッツを。交互にいただくもよし、少し贅沢をして一緒に味わってみるもよし。

とかなんとか味わいにすっかり集中してしまっていたら、本を読むという行動を完全にストップしてしまっていたことに、食べ終えた途端気が付きました。

自家製チーズケーキ 500円
自家製チーズケーキ 500円

本を読みながら食べるおやつとは、贅の極みである。

と誰かが言っていたわけでは決してないけれど、1ページめくるごとに一口、なんて最高じゃないですか…!

つまりこのチーズケーキは、読書そのものをより楽しむ上では欠かすことができない大切なパートナーであると認識しております。

ホットコーヒー(ハンドドリップ) 500円
ホットコーヒー(ハンドドリップ) 500円

連載第8回目でご紹介した「北摂焙煎所」さんの豆をメインに使用した珈琲は、ハンドドリップもしくはフレンチプレス(600円)で淹れていただくことが可能。

読書だけでなく、仕事や勉強もウェルカムなこの場所には欠かせない一杯です。

また、ドリンクをオーダーすると、先述のトーストにも現れてくれた、西宮市にあるカシュー専門店「豆仁」さんのカシューナッツもsetに。

座りたいあの席

座ったままにして本に手が届くこちらの席。

その場から動かなくとも全てが完結してしまうという、自分のような横着者にはたまらない場所なのです。

しかしながら、本を読みつつ、時折駆け抜けていく電車の音に耳を傾けてしまうと、うとうとモードへの突入は不可避。

ここを訪れる人の中には、そのまま夢の世界へ旅立つ方もいるとのこと。

そんな自分もまた、「ついうとうと…」状態から、「つい眠っちゃいました…」状態になるまで、数分あればたどり着ける不思議な自信があります。

ここはそんな温もりに満ちたホっコりトできる場所なのです。

 


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 山田茜 山田茜
  • きょん。 きょん。
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • YURIE YURIE
  • Masa Masa
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ