「WIFE&HUSBAND」の コーヒー豆【バイヤーyui推薦、旅して見つけたおみやげ9】

yui yui
京都府 ショッピング コーヒー豆 ギフト・プレゼント 京都みやげ yui
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

こんにちは。旅をしながらステキなおみやげを探しているウェブショップオーナー兼バイヤーのyuiです。今回は私が今まで飲んだ中で一番おいしいと思った京都のコーヒー屋さん「WIFE&HUSBAND(ワイフアンドハズバンド)」のお話です。


Summary

WIFE&HUSBANDとは?

京都市内の少し北の方、北大路駅から歩いてすぐの鴨川のそばにお店をかまえる「WIFE&HUSBAND(ワイフアンドハズバンド)」。

その店名の通り、2015年にご夫婦で始められたコーヒー屋さんです。一躍有名になったのは、ピクニックセット。

コーヒーの入った水筒、カップ、テーブルクロス、ちょっとしたお菓子が一式になったバスケットを持って、そのまま歩いて100歩ほどで行ける鴨川でピクニックができるというもの。

店先にディスプレイのように並べられたスツールやテーブルなどをレンタルすることもできるので、手ブラでOK。そんなありそうでなかったスタイルが話題をよび、大人気となっています。

もちろん、店内でイートインすることもでき、アンティークやドライフラワーに囲まれた味のある雰囲気のなか、ハンドドリップで丁寧に淹れられたコーヒーと、トーストなどもいただけます。

詳しくは、過去のるるぶ&more.の記事でもご紹介しています。こちらも合わせて読んでみてくださいね。

ニューオープン!「Roastery DAUGHTER/ Gallery SON」

そんな人気の「WIFE&HUSBAND」が、2018年12月、同じく京都市内に新たなお店をオープンしました。

一階に焙煎所と豆の販売所の「Roastery DAUGHTER(ロースタリー ドーター)」と、二階には「Gallery SON(ギャラリー サン)」と名付けられたギャラリースペースを併設。こちらの店舗にはイートインスペースはなく、豆のお持ち帰りのみです。

場所は京都の玄関口・JR京都駅から歩いて7分ほどの距離。本店の「WIFE&HUSBAND」とも少し離れた場所にありますが、焙煎所に適した物件を探していたところ、ぐっときた建物だったのがたまたまこの場所だったのだそう。その佇まいはとても雰囲気があります。

「Roastery DAUGHTER」は、アンティークやドライフラワーに囲まれた素敵な空間。「WIFE&HUSBAND」に通ずる雰囲気があります。

販売スペースの反対側には、大きな焙煎機が。

小さなスペースしかなかった「WIFE&HUSBAND」では、機械も小さく、一度に1kgしか焙煎できなかったのですが、この大きな焙煎機では一度に10kg行うことができるのだそう。より多くのお客さまに「WIFE&HUSBAND」のコーヒーを届けることが可能となりました。

二階は、「Gallery SON」。不定期で、イベントやPOPUPなどを行うスペースとなっています。

何もイベントが行われていないときは、ご夫婦が国内外から集めたたくさんのアンティークの販売スペースに。もちろん購入することもできます。
いつ訪れても楽しめる、素敵な空間になっていました。

コーヒー豆をもっと手軽に!お客様の声から生まれた包み。

「DAUGHTER/SON」では、「WIFE&HUSBAND」と同様に、2種のオリジナルブレンドと、5種のストレートコーヒーがラインナップ。

もちろん全てこちらの焙煎所で焙煎されていて、ご夫婦のこだわりが詰まった、おふたりならではの酸味が少なめの深煎りコーヒーです。

Daughter 200g箱入り1400円、簡易包装1350円(税別)
Daughter 200g箱入り1400円、簡易包装1350円(税別)

私が特にお気に入りなのは、「WIFE&HUSBAND」がオープンした時に誕生した「Daughter」という名前のオリジナルブレンド。

「WIFE&HUSBAND」から誕生した初めてのコーヒーということで、おふたりの初めてのお子さんである娘さんからとった名前なのだそう。

「Daughter」は、深煎りの程よい苦味をベースに、それを引き立てるわずかな酸味。今まで飲んだコーヒーのなかで一番好みにぴったりの味で、とてもおいしいと感じました。

Son 200g箱入り1400円、簡易包装1350円(税別)
Son 200g箱入り1400円、簡易包装1350円(税別)

さらに、新たにオリジナルブレンド「Son」が登場しました。「Son」は、ミルクに合うようにボディがしっかりとしたコクのあるコーヒー。カフェオレやカフェラテにおすすめのお豆です。

こちらはおふたりの2人目のお子さんが男の子であることから、「Son」と名付けられました。

コーヒーが入っているこの箱もまたおしゃれで、自分用にはもちろん、贈りものにも最適。必ず喜んでもらえるアイテムです。

このボックスが複数個ぴったり収まる、少しフォーマルなギフトボックスももうすぐできるのだとか。

WIFEやHUSBAND、DAUGHTERやSONなど家族を連想させる言葉が入っているので、結婚や出産のお祝いに選ばれることも多いそうです。

また「Roastery DAUGHTER」では、箱入りだけではなく簡易包装も新たに導入されました。

よくお豆を買いに来てくださる常連のお客様の、箱ではなんだかもったいないという、お声から生まれたものだそうです。

お肉屋さんやお魚屋さんのようにささっと包んで。より気軽に、日常的にコーヒーを。という方にぴったり。金額も箱入りより少しお安くなっています。簡易包装なのですが、こちらはこちらでとてもかわいいです。

コーヒーを買う人も、目的はさまざま。自宅用としてリピートする方、自分自身や身近な人へのおみやげ、少しかしこまったお祝い用のギフトとして。いろんなニーズに応えられるよう、お客様の声に耳を傾け、日々進化しています。

オリジナルブレンドの名前や、新しいお店の名前にも、「DAUGHTER/SON」という言葉が使われており、ご夫婦にとって、この新しいお店もまた「WIFE&HUSBAND」から生まれた新しい家族。子どものように愛おしい存在なのだと思います。

ご夫婦の、お子さんに対する愛情の深さと同時に、お店への愛情の深さも感じられます。京都へ行かれた際は、ぜひ訪れてみてください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 北出恭子 北出恭子
  • 久野知美 久野知美
  • 村上萌 村上萌
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • mini_minor mini_minor
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ