夫婦の思いが形になった、 「入った瞬間から楽しい」横浜の人気ベーカリーカフェ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
神奈川県 食・グルメ ドリンク パン コーヒー カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

横浜のベーカリーブームの先駆けともいえる「BULUFF BAKERY(ブラフベーカリー)」が手がけるカフェは、オープンしてしばらく経っても人気が衰えません。観光の中心地から少し離れていながらも、開店当初から変わらず、連日、地元の人や遠方からのパンラバーズが訪れると聞き、その魅力を探りに出かけてみました。

Summary

訪れる人があとを絶たない笑顔あふれる街のカフェ

連日お客さんで賑わう「アンダーブラフコーヒー」は、JR山手駅1番出口から徒歩10分弱、大通り沿いにあります。横浜駅東口から出ている105系統のバスに乗って約20分、「上野町」で降りるとすぐです。コンクリートに大きなガラスが張られた、スマートな外観が目を引きます。

オープンから、レジ前のカウンターとショーケースとには焼き立てのスイーツがズラリ。カウンターの奥は工房となっていて、店内は香ばしい小麦の匂いに満ち、食欲が掻き立てられます。開店は8時。早い時間にもかかわらず、続々と常連らしきお客さんが訪れてきます。

大人気店を手がけるのは、栄徳剛さん・友紀さんご夫婦です。もともと東京のパン屋さんで働いていたお2人。いつか地元に戻り、「坂の上の落ち着いたところ」でお店を出したいとの念願が叶い、2010年元町に「BLUFF BAKERY」をオープン。そのスタイリッシュな店舗と風味豊かなパンが、またたく間に話題を集めました。

その後、2017年7月には2号店となる「日本大通り店」を、同年9月に「アンダーブラフコーヒー」をオープン。本店の「BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)」から坂を下った場所(UNDER)に位置することから、名付けられたそうです。

栄徳さん夫婦が大切にしているのは「入った瞬間から楽しい」お店。「心地よい空間を気持ちよく楽しんでほしい」と友紀さんは話します。その思いが込められた店内は、シンプルながらも、誰もが笑顔になれるおいしいパン、香り、そして程よい距離感が揃った、まさに「楽しい空間」。この日もオープンから1時間もするとほぼ満席状態でした。

カフェ限定の焼き立てモーニングで至福のひととき

買ってすぐに食べられるだけでなく、調理したてのオリジナルパンが楽しめるのも魅力です。温かいパンを提供したいとの思いも、カフェをはじめたきっかけのひとつだそう。モーニングメニューの「BAKE for you」は、オーダーに応じて焼き上げるホットサンド。自分だけのために焼いてくれる、この感じ、栄徳さんの心遣いが垣間見えてなんだかうれしいですよね!

4種あるメニューのなかでも人気の「グリュイエールチーズ&スモークハム」(750円)を、今回はオーダーしました。思いっきり頬張ると、ひと口目は想像以上に歯ごたえを感じます。バターを塗って焼き上げたサクッとした食感のパンをそのまま噛むと、チーズのやわらかい酸味とハムの塩気、そこにしっかりとした小麦の風味と香ばしさが鼻を抜けます。食材はパンの美味しさを引き立てるための名脇役で、圧倒的な存在感はパン。そのままでも食べたくなる、絶妙な食感と風味が余韻を残します。

スコーンやマフィン、クッキーなど、充実した焼き菓子のラインナップも魅力です。「サワーチェリー&レモンマフィン」(430円)は爽やかな果実味がアクセントになった人気商品のひとつ。笑顔が描かれたお皿にほっこり♪テイクアウトにして自宅で食べてもよし、プレゼントにしても喜ばれそうな、お手頃なメニューが揃っています。

代官山のロースタリーで焙煎するオリジナルのスペシャルティコーヒー

こだわりはコーヒーにも。代官山にあるスペシャルティコーヒー豆専門店「カフェファソン」のロースタリーアトリエで焙煎してもらっているそうです。

ドリップコーヒーは、深煎りの「BLUFF BLEND」(370円)と、中煎りの「BAY CITY BLEND」(370円)の2種類。しっかりと苦みやコクを楽しみたいなら深煎り、酸味の効いたコーヒーが好みなら華やかな香りの中煎りをぜひ試してみて。もちろんカフェラテや、アメリカーノ、エスプレッソなども用意しています。コーヒー豆は買うことも可能です(100g 700円)。

コーヒー以外にも、サンフランシスコのオーガニックブランドの紅茶「マイティーリーフティー」(380円)やオーガニックソーダ(400円)、有機フルーツを使ったジュースを提供します。季節によってメニューもドリンクも変わり、訪れるたびに楽しめる「アンダーブラフコーヒー」。

絶品パンとおいしいオリジナルコーヒーに、この空間…リピーターが多いのも納得。ぜひ実際に行って体感してみてほしい1軒です。

UNDER BLUFF COFFEE
住所:横浜市中区上野町1-8
TEL:045-264-8059
営業時間:8〜18時
定休日:無休

Text&Photo:佐藤寿美

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 東原妙子 東原妙子
  • あや猫 あや猫
  • mini_minor mini_minor
  • 山田茜 山田茜
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ