神戸を代表する「元町ケーキ」の、看板スイーツ“ざくろ”って知ってる?

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
兵庫県 ショッピング パティスリー ケーキ 神戸みやげ 手土産
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

神戸を代表するパティスリー「ママのえらんだ元町ケーキ」は、地元の人なら誰もが知っている洋菓子店。ロングセラーの看板商品「ざくろ」は、そのネーミングとルックスが印象的。手土産にもぴったりの、このお菓子を紹介します。

Summary

神戸を代表するケーキ屋さん

JR・阪神電車元町駅西口から、西へ。元町商店街を散策しながら、歩くこと徒歩約10分。「ママのえらんだ元町ケーキ」は5丁目、商店街の南側にあります。

このお店は、創業1946年、現在は3代目の大西達也さんが切り盛りする老舗です。初代は、大陸から帰ってきて、和菓子屋での勤務などを経験した後に開業。当時は、作ったお菓子をのせたリヤカーを引いて販売していたというエピソードも残っているそう。

シェフの大西達也さんは、2001年西日本洋菓子コンテスト金賞をはじめ、2006年内海杯技術コンクール 飴のピエスモンテ部門優勝など、名だたるコンクールで受賞歴をもつ実力派パティシエです。

ゆったりとした店内には、生菓子が並ぶショーケースのほか、おみやげにもぴったりな焼き菓子のコーナーも。

また、白を基調にしたイートインスペースも設けられています。セルフサービスで、コーヒー、紅茶(各200円~)などのドリンクもいただけます。

看板メニューの「ざくろ」って?

店名には「ママのえらんだ」というキャッチフレーズが付いていますが、そのフレーズの通り、お母さんが子ども達に安心して食べさせたい、そんなお菓子作りを目指しているのが大西シェフです。

材料はもちろん、価格帯も家族で食べることを考えてリーズナブルに設定。お財布にもうれしく、おいしいお菓子が揃います。

そんな「元町ケーキ」の看板商品が「ざくろ」。ショーケースの2段目には「ざくろ」がずらり!その人気ぶりが伺えます。

黄色いスポンジの割れ目から、顔をのぞかせる生クリームと大きなフレッシュイチゴ、パウダーシュガーで薄化粧をしています。このお菓子は、創業当時からほとんど製法を変えることなく作られ続けている超ロングセラー。

大きな型で焼いたスポンジ生地を小さな四角にカットして、その生地の裏側にナイフで切り込みを入れ、くるりとひっくり返し、そこに生クリームを絞ってイチゴをトッピング。

ふわっと軽いスポンジ、脂肪分の違う3種をブレンドして作る生クリーム、季節のイチゴ、といたってシンプルな素材の組み合わせながら、イチゴショートケーキともまた違った食感と味わい。そして、なによりこのルックスが唯一無二。3世代、4世代と愛されているケーキなのです。

ほかにもかわいいケーキがいっぱい

シューパフェ 280円
シューパフェ 280円

「ざくろ」のほかにも、「元町ケーキ」にはノスタルジックでかわいいケーキがたくさんあります。
写真の「シューパフェ」は、昔ながらのお客様からよく注文が入っていたので、リクエストにこたえて3年前に復活した商品。

ほんのり塩味が効いたシュー生地に、生クリームをブレンドしたカスタードクリームと生クリームをたっぷり絞っています。甘さを抑えたクリームとサクッと軽い生地が好相性。

レアチーズケーキ 320円
レアチーズケーキ 320円

また「レアチーズケーキ」は、キリのクリームチーズをエアリーなムースに仕立て、レモンカードのほどよい酸味をアクセントにした一品。
オフホワイト1色のデザインが、シンプルで素敵です!

昔ながらのケーキとはいえ、より良くするための作り方の工夫は怠らない大西シェフの味を楽しみに、「元町ケーキ」を訪れてみませんか。

text:いなだみほ
photo:坂上正治

●価格は2019年1月現在の価格です。2019年3月以降、価格変更予定です。ご了承ください。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 山田茜 山田茜
  • もろんのん もろんのん
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • yui yui
  • kyoko_plus kyoko_plus
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ