整理券必須!10分で完売する幻のパフェ「いちごやま」を徹底紹介

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 食・グルメ いちご パフェ フォトジェニックスイーツ カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都駅からすぐ「Fukunaga901(フクナガ901)」の「いちごやま」は、コスパ抜群!パフェには、「あまおう」などのブランドいちごがほぼ1パックまるまる入っていて1500円。あまりにも人気のため、1日の販売数は限定30食です。整理券がないと食べられない「いちごやま」を詳しくご紹介します!

Summary

絶対食べたい「いちごやま」!まずは整理券をゲットしましょう

「いちごやま」は1日30食限定。朝10時から、店頭で30枚の整理券が配られます。整理券をもらえるのは1人につき1枚。友だちと食べたい場合は、並ぶところから一緒に行ってくださいね。

整理券の有効期限は、配られた日の14時~19時30分。その間なら、いつでも食べられます。

かわいくてゴージャスな「いちごやま」の秘密

さて、人気の「いちごやま」の製作工程を間近で見せていただきました!ブランドいちご「あまおう」の断面が見えるようにグラスにびっしりと並べ、自家製のカスタードと、こちらも自家製のジェノワーズ(ケーキ生地)を土台にして、グラスのふちギリギリまでいちごを盛っていきます。

味にコントラストをつける甘酸っぱいライムジュレを仕込み、生いちごたっぷりの自家製シャーベットでフタをした上に、こんもりとバニラアイスをON。

バニラエスプーマ(生クリーム)はいちごを支える程度に。あくまでいちごが主役のパフェです。

最後のいちごを乗せて「いちごやま」完成!1パックのいちごがみるみるうちになくなりました。

いちごやま1500円
いちごやま1500円

「2、3月になると、いちごの糖度が上がっていくので、アイスやシャーベットの甘さを控えていきます」と店長さん。そんな細かな味の調整ができるのは、すべてが自家製だから。バニラエスプーマなど、乳脂肪分は極力控えたり、キュッと酸っぱいライムジュレで味を引き締めたり。

旬のブランドいちごを主役に、ひとつのグラスの中でストーリーが楽しめる、幸せなパフェ体験。これは朝から整理券をもらってでも食べたい味だなと納得です。

企画力がすごい!「京の盆栽」など新メニューも続々

京の盆栽(抹茶パフェ) 1300円
京の盆栽(抹茶パフェ) 1300円

京都好き、抹茶好きの方にオススメなのが「京の盆栽(抹茶パフェ)」。風情を大切にする京都らしく、細部にまでこだわりが詰まっています。

ひと口で食べられるまんまるアイスや、中に潜んでいるゼリー、カステラに使われている抹茶は、茶師・上嶋伯協さんが管理する「上嶋爽禄園」の稀少茶葉を使用しています。

抹茶色に映える瑠璃色の器は、京都清水焼「トキノハ」に特注したもの。受け皿のカバーの下には、生きている苔が。商品企画のヒントを絵本や日常の風景から得ているそうで、細部まで独特の発想が詰まっています。

てぃーぽんち 1200円
てぃーぽんち 1200円

最近のカフェではあまり見かけなくなったフルーツポンチを発見!しゅわしゅわのソーダに季節のフルーツをたっぷり入れて、上に自家製カスタードプリンをのせたレトロかわいい一品。

香り豊かなアールグレイのアイスとソーダの爽やかさ。ナイフとフォーク型のチョコサブレもフォトジェニックで、幅広い層に人気です。今後も続々と新企画の商品がお目見えする予定。

いつ訪れてもサプライズでいっぱいの「Fukunaga901」。「いちごやま」が楽しめるのは12月後半からゴールデンウィーク頃までの予定です。

“やま”に登頂すると素敵な手書きの絵はがきのプレゼントも。京都駅直結なので、京都旅行の記念に訪れてみてはいかがでしょうか?

Photo:瀬田川勝弘
text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • あや猫 あや猫
  • 山田茜 山田茜
  • きょん。 きょん。
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ