絶景の空旅へ!フォトジェニックな女子旅スポット15選@鳥取

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
おでかけ 絶景 美術館 パワースポット ショッピング
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

鳥取砂丘コナン空港と米子鬼太郎空港って聞いたことありますよね。人気キャラクターの名前が付いた2つの空港、実はとてもユニークで楽しい空港なんです。この鳥取にある2空港からスタートするフォトジェニックな癒やしの女子旅が、今おすすめです。絶景やパワスポ、アートなど、注目の王道&穴場スポットを巡る鳥取トリップへお出かけしましょう。

summary

<鳥取砂丘コナン空港から、フォトジェニック旅へ>

謎解き&トリックがいっぱい【鳥取砂丘コナン空港】

東京から約1時間15分、やってきました「鳥取砂丘コナン空港」。人気漫画『名探偵コナン』の作者・青山剛昌先生が鳥取県出身であることから名付けられた、鳥取県東部にある話題の空港です。
2018年7月にリニューアルし、空港内には漫画にちなんだスポットが増えたんだそう。早速、見つけに行きましょう!

まずは1階のコナンホールでトリックアートを発見。とても巨大な絵は、目の錯覚で迫力満点!ラクダに乗っているみたいにポーズをとって撮影してもおもしろいですよ。

©青山剛昌/小学館
©青山剛昌/小学館

1階東側には、漫画に登場する「喫茶ポアロ」を再現したレストスペースが。毛利小五郎と安室透のカラーオブジェが出迎えてくれ、撮影スポットとして人気です。

ほかにも、キャラクターオブジェやトリックの再現展示などがあるほか、土・日曜、祝日には、ナゾ解きラリーやスタンプラリーも無料で開催しています!
(1階案内カウンターにて9~18時最終受付)
空港内だけでも、アミューズメントパークのように楽しめちゃいます。隠れキャラもいるので、ぜひ見つけてみてくださいね。

■鳥取砂丘コナン空港
・住所:鳥取県鳥取市湖山町西4-110-5
・時間:6時~21時30分 
・定休日:無休
・連絡先:0857-28-1402(鳥取空港ビル(株))
・アクセス:JR鳥取駅からリムジンバス20分、JR鳥取大学前駅から徒歩20分

こんな雄大な景色、見たことない!【鳥取砂丘】

©Tottori Pref.
©Tottori Pref.
自然公園財団鳥取支部
自然公園財団鳥取支部

鳥取砂丘コナン空港から車でわずか15分。鳥取屈指の観光名所・鳥取砂丘に到着です。
時間帯や季節によっていろんな表情を見せる広大な鳥取砂丘は、絶景スポットとしても有名ですが、実際に来て見ると、その雄大さは想像以上でした。
風により波のような模様がうまれる「風紋」の幻想的な風景を見たいなら、早朝が狙い目ですよ。
地下水が湧き出したオアシスは、砂丘最大の丘陵地・馬の背の南側に、晩秋から初春にかけてできることが多いそう。

©Tottori Pref.
©Tottori Pref.

夏季のおすすめな時間帯は、日本海に太陽が沈む夕暮れ時。砂と海、夕日が織りなすロマンチックな夕景には思わずうっとり。美しい風景に心も洗われるようです。
同じ光景は二度と見られない、砂丘の景色を目に焼き付けて。

鳥取県観光連盟
鳥取県観光連盟

鳥取砂丘は砂丘アクティビティも充実しています。異国気分が味わえる、定番のラクダ遊覧のほか、砂丘ヨガやパラグライダー、フットバイクなどが人気。
砂丘ならではの体験で、一生の思い出を作ってください。

■鳥取砂丘
・住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-971
・時間:散策自由
・定休日:散策自由
・料金:散策自由
・連絡先:0857-22-0021(鳥取砂丘ビジターセンター※9~17時)
・アクセス:JR鳥取駅から日ノ丸・日交バス砂丘方面行きで22分、バス停鳥取砂丘下車すぐ、または鳥取空港から周遊バスで23分(土日祝のみ)、バス停砂丘会館下車すぐ

※アクティビティの詳細は、鳥取砂丘ビジターセンター公式ホームページでご確認ください。

荒波が生んだ絶景と、透明感がある海【浦富海岸】

鳥取砂丘コナン空港から車で約25分。山陰海岸ジオパークの一部である「浦富(うらどめ)海岸」へ。紺碧の日本海沿いに、絶壁や奇岩が約15㎞にわたり連なる、ダイナミックな景観は圧巻!
美景に臨む遊歩道もあります。

もっと海を体感するには、3~11月に遊覧船が定期運航されているほか、5~9月に体験できるシーカヤックなどのマリンアクティビティもおすすめ。
透明度の高い海を満喫できる、スペシャルな体験をぜひ。

■浦富海岸
・住所:鳥取県岩美郡岩美町浦富
・時間:散策自由(海水浴場は遊泳期間中9~17時※監視員がいる時間)
・定休日:散策自由(海水浴場は荒天時遊泳禁止)
・料金:散策自由
・連絡先:0857-72-3481(岩美町観光協会)
・アクセス:JR岩美駅から日交バス鳥取方面行きで5分、バス停浦富海岸口下車、徒歩5分

※シーカヤック体験(大人3時間6000円~、クリアカヤックは1人2時間8000円。3日前までに要予約)の詳細は、岩美町立渚交流館0857-73-0118へお問合せください。

ハートがいっぱい!恋愛成就スポット【恋山形駅】

鳥取砂丘コナン空港から車を約50分走らせた山あいにある無人駅は、なんとピンクとハートがいっぱい!恋山形駅という名前にちなんだ恋旅スポットとして話題なんです。
まずは、大きなハートが描かれた外壁で記念撮影を。フォトスタンドが設置されているので、仲よくツーショットも撮れますよ♡

ホームも、壁やベンチ、ゴミ箱、ミラーまでピンク一色!さらに、ハート型の駅名標や、恋ポストに恋ロードなど、撮影ポイントはまだまだたくさん。
敷地内の自販機で販売されているハート型絵馬(400円)に願いを託して、“恋がかなう駅”をエンジョイしてみてください。
智頭急行の普通列車で訪れて、ほっこり癒やされるローカル鉄道の旅を満喫するのもいいですね。列車の本数が少ないので、時刻表の確認を忘れずに。

命がけ?最高のパワスポ体験【三徳山三佛寺】

鳥取県観光連盟
鳥取県観光連盟

鳥取砂丘コナン空港から車で約45分。国宝「投入堂(なげいれどう)」で知られる山岳寺院「三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)」で、心をデトックスする参拝登山に挑戦。
この登山道は修行の道だけあって、カズラの根が入り組んだ急斜面や岩場など、難所がいっぱい!慎重に進んで。
目の前に立ちふさがる巨石を鎖で登りきった先にある重要文化財「文殊堂」からは、眼下の山を見おろす壮大な眺めが広がり、とっても気分爽快ですよ!

「文殊堂」からお堂を巡りつつさらに進むと、三佛寺奥院である国宝「投入堂」がついに目の前に!断崖絶壁に絶妙なバランスで立つお堂の姿はなんとも神秘的で、心が惹きつけられます。
建築方法は今も謎のままで、役行者が法力で「えい!」とお堂を岩屋に投げ入れて建立したという伝説が残るそう。堂内へは入れないので、お堂が見えるポイントから参拝しましょう。

投入堂参拝の所要時間は往復約2時間。入山するには、入山修行受付所(参拝登山事務所)で服装などを事前審査されます。トレッキングに行く時のような靴や服装などを準備してから訪れるのがベスト。審査が通らなかった場合は、有料でわらぞうりに履き替えます。
わらぞうりで登山するほうが怖いような気もしますが、実は滑りにくく安全なんです。リアルな修験者の気分が味わえそうですね!手続きは必ず2名以上で、15時までに済ませてください。
登山が難しい人は、無料の望遠鏡が設置されている遥拝所からもお参りできます。

■三徳山三佛寺
・住所:鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
・時間:8~17時(入山修行受付所(参拝登山事務所)受付は~15時)
・定休日:本堂無休(投入堂は12~3月、雨天・積雪など危険と判断された場合は入山禁止)
・料金:本堂参拝400円(宝物殿入館料含む)、投入堂参拝は別途400円
・連絡先:0858-43-2666
・アクセス:JR倉吉駅から日ノ丸バス三徳山行きで38分、バス停三徳山参道入口下車、徒歩5分

SNS映えする町並みを和服で散策【倉吉白壁土蔵群・赤瓦】

鳥取砂丘コナン空港から車で約45分の倉吉市は、白壁の土蔵や元商家の町家が残る、かつての城下町。白い漆喰壁とともに、美しい赤褐色の屋根も特徴的です。
現在は、歴史ある建物を生かしたショップや食事処がたくさん。せっかくなので、フォトジェニックな着物や浴衣に着替えて、レトロでSNS映えする街並み散策と撮影を楽しんでみては。

伝統工芸品・倉吉絣 (くらよしがすり)の着物は「絵絣」とよばれる美しい柄が自慢です。7~9月は涼やかな浴衣も登場。季節や気分に合わせて選んでみてください。

■倉吉白壁土蔵群・赤瓦
・住所:鳥取県倉吉市
・時間:散策自由(ショップや食事処は各店舗により異なる)
・定休日:ショップや食事処は各店舗により異なる
・料金:散策自由
・連絡先:0858-22-1200(倉吉白壁土蔵群観光案内所)
・アクセス:JR倉吉駅から日本交通バス、または日ノ丸バス市内線で12分、バス停赤瓦・白壁土蔵(明治町)下車、徒歩3分。または倉吉パークスクエア線で18分、バス停:市役所・打吹公園入口下車、徒歩2分

※「倉吉絣でまち歩き」は、着物・浴衣レンタル1人5000円 (レンタル・着付け・ヘアアレンジなど体験含む)、2名以上で7日前までに要予約。男性用もあり。時間など詳細は、(一社)倉吉観光マイス協会 0858-24-5371へお問い合わせください。

伝統的な占星術で、ラブ運UPの相性占い【満正寺】

鳥取砂丘コナン空港から車で約45分、白壁土蔵群のほど近くに位置する「満正寺(まんしょうじ)」は、元禄12年(1699)に建立されたお寺で、古来から寺に伝わる占星術を応用した占いが話題の知る人ぞ知るパワースポット。
この占星術は、戦国時代は秘術で戦や政治などに利用されたそう。境内には、直径8mの巨大な九曜星占盤が配されています。

本堂、地蔵堂にお参りした後、生年月日から星を算出します。500円以上を志納して、自分の星のお札を受けとると、性格や健康、対人関係などの注意点が記されているので、よく読み込んで。

さらに志納して、占いたい相手の星のお札を受ければ、九曜星占盤で相性も占えますよ。
気になるあの人との相性を知るのは、ドキドキワクワク!遠方から女性参拝者も訪れる、密かな人気のスポットになっています。ぜひこちらのお寺で占いにチャレンジしてみてください。


<米子鬼太郎空港から、フォトジェニック旅へ>

鬼太郎アイテムが可愛い! 【米子鬼太郎空港】

東京から飛行機で約1時間20分。鳥取県西部にある「米子鬼太郎空港」に到着!
境港市出身の漫画家・水木しげる先生の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』が、名前の由来です。
こちらの空港内にも、鬼太郎などのキャラクターが至るところに。
まずは飛行機を降りてすぐ、1階の手荷物受取所のターンテーブルに注目を。荷物に紛れて、スーツケースから飛び出した目玉おやじが流れてきます!
搭乗者しか見られない、愉快な光景をお見逃しなく!

2階東側には、鬼太郎&目玉おやじと家族気分で写真が撮れるフォトスポットが。鬼太郎とお揃いのちゃんちゃんこも用意されているので、ペアルックでパチリ!

©水木プロ
©水木プロ

2階西側には、鬼太郎や子泣き爺などのキャラクターがぶら下がるくじらの飛行船のほか、水木氏の原画を元に制作された、巨大なステンドグラス「妖怪たちの森」といったパブリックアートもあり、みごたえたっぷり。

構内には、授乳室やトイレ、Wi-Fiのピクトグラムなど、よく見ると細部にも鬼太郎たちのキャラクターが隠れていますよ!探検しながら見つけてみてください。

フォトジェニックな作品の一部に 【植田正治写真美術館】 

米子鬼太郎空港から車で約40分。鳥取出身の世界的写真家・植田正治氏の作品を収蔵・展示するミュージアムは、フォトジェニックな写真が撮れることでも話題です。
館内2階では、名峰・大山が見渡せるガラスにハットが描かれており、被写体をオブジェのように配置する植田氏のような写真を撮ることができるんです。
植田氏の写真によく登場する、ステッキや傘などの小道具も用意されているので、アイデア次第でいろんなバリエーションの写真が撮れるのも楽しい!

のどかな田園風景のなかに現れる、コンクリート打ちっぱなしのアートな建物も絵になります。
建築家・高松伸氏による設計で、大山などの自然風景をまるで意匠のように取り入れています。館内で人工池に映る「逆さ大山」もじっくり鑑賞してください。

■植田正治写真美術館
・住所:鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
・時間:9~17時(入館は~16時30分)
・定休日:火曜(祝日の場合は翌日)※展示替期間、12~2月は休館
・料金:入館一般900円、高・大生学500円、小・中学生300円
・連絡先:0859-39-8000
・アクセス:JR米子駅から車で20分

山陰随一のパワースポット【大山寺】

米子鬼太郎空港から車で約45分。約1300年前に創建された「大山寺(だいせんじ)」は、霊峰として名高い大山の中腹にある山岳信仰の聖地です。
緑あふれる広大な境内は、清々しく神聖な空気が満ちているよう。杉木立のなかにたたずむ仁王門をくぐり、標高900m付近にある荘厳な雰囲気の本堂に参拝を。さらに阿弥陀堂などの堂宇をめぐり、パワーを授かって。

毎年お盆に行われる恒例行事「お盆の大献灯」。期間中に行われる“和傘灯り”は、大人気の夏の風物詩です。
大山寺本道前やその周辺を、ライトアップされた約100本の和傘が照らし出す様はとても幻想的。その美しい光景は一見の価値ありですよ。

※「お盆の大献灯 和傘灯り」の開催日時や料金など詳細は、鳥取大山観光ガイドホームページをご確認ください。

流れ星と、記念撮影できるかも! 【大山星空で遊ぶツアー】

©TAKASHI KARAKI PHOTOGRAPHY
TAKASHI KARAKI PHOTOGRAPHY
©TAKASHI KARAKI PHOTOGRAPHY
TAKASHI KARAKI PHOTOGRAPHY

みずから「星取県」に改名してしまうほど、天の川や流れ星が見やすい鳥取県。その星空の魅力を満喫できる、プロの写真家と大山観光局がお届けするツアーに注目です。

まずは、米子鬼太郎空港から車で約45分の「KOMOREBITO」に集合。鳥取・島根の星空やスポットの絶景写真を4K大モニターで鑑賞し解説を聞きます。撮影スポットに移動し、実際の星空を見ながら、星座についてなどのわかりやすいガイドや写真遊び体験のレクチャーがあり、興味津々。

そして、最後はいよいよ「大山×星空×自分」をテーマに、プロの写真家による撮影会!ペンライトなどをうまく使って、自由に遊びながら最高の一枚に仕上げてください。 降るような星空の下、ここでしか撮れない絶景写真の主役になれる、感動の体験をぜひ。 とっておきの写真1点は、後日届けてもらえますよ。

■大山星空で遊ぶツアー
・住所:鳥取県西伯郡大山町大山45-5(集合場所:大山歴史館向かい「KOMOREBITO」)
・時間:開催日の19時~19時10分集合、~21時ツアー終了予定(現地解散)
   ※開催時期により集合・スタート時間は変更。 
・定休日:不定期開催(定員10名)
・料金:1人4000円(ガイド料・保険代・写真〈jpgデータ〉1枚込)
・連絡先:0859-52-2502(〈一社〉大山観光局)
・アクセス:バス停大山寺からすぐ(集合場所:大山歴史館向かい「KOMOREBITO」)

※「大山星空で遊ぶツアー」の開催日時や予約方法など詳細は、鳥取大山観光ガイドホームページを必ずご確認ください。

トトロの森みたい!? 【小原神社】

米子鬼太郎空港から車で約40分走ると、田んぼの中に突如、ぽつんとたたずむ小さな丸い森が出現!
300年ほど前に造営された、「小原神社(客神社)」という小さな神社で、そのなんともかわいらしい姿は近年、トトロの森みたい!と評判なんです。地元では“ブロッコリー神社”とよばれることもあるそう。
アニメの世界に迷い込んだような、不思議な風景を楽しんでください。

大国主命(おおくにぬしのみこと)こと大己貴命(おおなむちのみこと)と、少名彦名命(すくなひこなのみこと)を祀るお社にもお参りしてくださいね。

世界が注目する日本庭園【足立美術館】

米子鬼太郎空港から車で約50分。島根県安来市にある足立美術館は、世界に誇る日本庭園が有名な、一度は訪れたいスポットです。
約5万坪にも及ぶ庭園が見せる四季折々の姿には、感嘆するばかり。なかでも、窓枠を額縁に見立て、庭園をまるで絵画のように鑑賞できる「生の額絵」は必見です。
遠くの山並みを借景とした、スケールの大きい風雅な庭園美を堪能してください。

横山大観の「那智乃瀧」(足立美術館蔵)をイメージして作られた、亀鶴の滝も見もの。
日本随一の横山大観コレクションを収蔵する、足立美術館ならではの発想による作庭は見事です。

ほかにも館内で鑑賞できる、近現代の日本画や北大路魯山人らの陶芸などの名品もみごたえあり。
米子からひと足のばしてでも、訪れる価値のあるスポットです。

妖怪とお友達になろう【水木しげる記念館・水木しげるロード】

米子鬼太郎空港から車で約15分。JR境港駅から約800mにわたり、妖怪ブロンズ像や妖怪グッズの店などが並ぶ、水木しげるロード。その東端に建つのが、「水木しげる記念館」です。 漫画家・水木しげる先生直筆の壁画や原画、ジオラマなど、貴重な資料や作品が多数展示される館内は、まさに妖怪ワールド!

館内には、一反もめんに乗っているかのように写真が撮れるトリックアートなど、撮影可能な展示もあります。
エンジョイしながら、水木作品の世界観にどっぷり浸ってみて。

■水木しげる記念館
・住所:鳥取県境港市本町5
・時間:9時30分~18時(延長の場合あり)※入館は閉館30分前まで
・定休日:無休
・料金:入館700円
・連絡先:0859-42-2171
・アクセス:JR境港から徒歩10分

©水木プロ
©水木プロ

水木しげる記念館の隣にある「妖怪食品研究所」の名物「妖菓 目玉おやじ」(1個350円)にも注目!リアルな目玉おやじ型の上生菓子は、島根県松江市の老舗和菓子店が手がけており、味もおいしいと評判です。
串が刺さった食べ歩き用は、水木しげるロード散策のお供にもぴったり。工夫しながら、おもしろ写真も撮影してみてください。

やっぱり本場のカニは違う!【境港さかなセンター】

鳥取で味わいたいグルメといえば、やっぱりカニ!米子鬼太郎空港から車で約10分の「境港さかなセンター」は、カニ専門店を含む6つの鮮魚店や海鮮みやげ店が集まる魚市場。
時季により紅ズワイガニや松葉がになどの鮮度抜群のカニや、地元で揚がった旬の魚介がズラリと並びます。おみやげにゲットして、自宅でも鳥取の味覚を味わってください。

■境港さかなセンター
・住所:鳥取県境港市竹内団地259-2
・時間:8時30分~17時
・定休日:水曜(祝日の場合は営業)
・連絡先:0859-45-1111
・アクセス:JR境港駅からはまるーぷバスで34分、バス停夢みなとタワー・境港さかなセンター下車すぐ

©水木プロ
©水木プロ

SNS映え抜群のフォトジェニックなスポットをめぐる鳥取女子旅で、身も心も満たされてみませんか。鳥取にある二つの空港を基点に巡って、心に残るスペシャルな旅時間を過ごしてくださいね。


text:林檎林
photo:小川康貴

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:鳥取空港利用促進懇話会・米子空港利用促進懇話会

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • セレイナアン セレイナアン
  • あや猫 あや猫
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • YURIE YURIE
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ