毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

チョコ好きが唸る話題のチョコレートバー!芳醇な甘さに酔う熊本の夜

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
熊本県 Eat チョコレート カクテル バー 女子会で行きたいお店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「chocolate&cocktail Bar Septy Glass(チョコレート&カクテルバー セプティグラス)」は、熊本市の繁華街プールスコート通りにある老舗のチョコレートバー。洋酒とチョコの芳醇な香りが漂う店内は、大人の女性が寛げる空間です。評判を聞いたチョコレートマニアが遠方からも訪れるという、話題のチョコレートバーをご紹介します。

Summary

“もてなしの心”が詰まったチョコレートは洋酒との相性抜群!

洋酒と相性の良いチョコレートと、オリジナルカクテルを提供するというコンセプトで2007年にオープンしたこの店。ビルの1階にある木製のドアを開けると、宝石のようにきらびやかなチョコレートが並ぶショーケースが目に入ります。

「開店当初は既製品のチョコを出していましたが、チョコレートバーが珍しい、と全国各地からお客様が訪れるようになりました。そうしたお客様に特別なおもてなしをしたいと考え、オリジナルのチョコを自分で作るようになったんです」

そう語るバーのマスター竹村さんは、開店の3時間前から丁寧にチョコを仕込みます。

こちらは「チョコレートの盛り合わせ(6個)」(850円)。竹村さんが独学で作り始めたというチョコレートは、見た目も美しくショコラティエ顔負けのクオリティ。新作フレーバーも次々と登場し、盛り合わせの内容は2週間ごとに入れ替わります。

この日のメニューは「くるみ&ダークラム」、「抹茶」、「ウイスキー&ココナッツ」、「プラリネノワゼット」、「ラズベリー&パッションフルーツ」、「ストロベリー&キャラメルクランチ」の6種類。

口に含むとパリッとした外側のチョコが砕け、中からとろりとしたガナッシュが溢れてきます。ウイスキーやラムなど、香りの強い洋酒と相性抜群。お酒が引き立つ濃厚な味わいです。

ダークチョコとホワイトチョコのデザートカクテルを飲み比べ!

この店の名物ドリンクは、チョコレートを使ったオリジナルカクテル。その中でも一番人気だという「ショコラキャラメル」(900円)を注文してみました。

ダークチョコとゴールドラムをベースにしたフローズンカクテルの表面に、カリカリのキャラメルクランチがトッピングされています。キメの細かい氷の粒とビターなチョコがすうっと溶け、ラム酒の風味が鼻に抜けていきます。

お酒の風味が苦手な方は、ウォッカベースのカクテルがおすすめ。ホワイトチョコとウォッカを合わせた「抹茶とホワイトチョコレートのカクテル」(950円)は、ほろ苦い抹茶の風味が際立つ大人の味わい。お酒の風味はほとんど感じられずスイスイ飲めますが、7~8%のアルコールが含まれているので飲みすぎには注意しましょう。

熊本のフルーツを使ったシャーベットのようなさっぱりカクテル

熊本ならではの味覚を楽しみたい人に、ぜひ注文して欲しいのが「旬の果物のカクテル」(950円)。この日マスターが出してくれたのは、熊本県産のいちごを使った一杯。さっぱりとしたシャーベットのような口当たりで、甘酸っぱいいちごの風味がたまりません。

果物のカクテルに使われるフルーツは季節によって変化します。冬から春にかけては、熊本県産のいちごやデコポンがカクテルに変身。

バー初心者でも戸惑わずに注文できるよう、メニュー表が置いてあるのも嬉しい心遣い。カクテルのページには、まるでカフェメニューのような名前が並びます。カクテルは、全部で200種類以上もあるのだそう。

手の込んだチョコレートと、女性でも飲みやすいカクテルの評判が口コミで広まり、女子会の開催場所としても人気の「セプティグラス」。夕食後のデザート代わりに、チョコレートと甘いカクテルを味わってみませんか?

text&Photo:桑原由布

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • マイメロディ マイメロディ
  • 山田茜 山田茜
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • yui yui
  • あや猫 あや猫
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ