カフェにも注目!「THE KNOT TOKYO Shinjuku」【旅ガールたじはるのホテルステイ7】

田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
東京都 おでかけ ホテル 隠れ家カフェ モーニング たじはる
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

新宿西口の一角に、1階がレンガ造りのオシャレな建物。2018年8月に誕生したライフスタイルホテル「THE KNOT TOKYO Shinjuku(ザ ノット トウキョウ シンジュク)」です。「新宿中央公園」が目の前に広がっているため、都心にいながらも自然を感じられ、人気のベーカリーからはいつも焼きたてパンの良い香りがするとオープン当初から話題。今回はそんな「THE KNOT TOKYO Shinjuku」のホテルステイをご紹介します。

Summary

眺め抜群!「新宿中央公園」が一望できるお部屋

今回宿泊をしたのは、パークビューデラックスツインの客室。広さは20㎡ですが、窓があるためかそれ以上の空間に感じられます。

アメニティは客室に用意されているもので十分事足りますが、必要なものがあればフロントで借りることができます。

さらっと羽織れるガウンは、お部屋でリラックスするために欠かせないアイテム。最近、海外のデザイナーズホテルでもよく見かける、壁にアメニティがかかったオシャレなスタイルは、ニューヨークのNoMadエリアにあるホテルのような雰囲気です。

窓際には使い勝手の良い小さなテーブルと椅子。部屋に帰ってきてすぐ荷物を置いたり、ちょっと座りたいときに便利です。素敵な家具なので、正面から撮るだけでもオシャレな写真になります。

「新宿中央公園」を眺めながらドリンクを飲んだり、読書をしたり…。自由な時間を過ごせるスペースです。

バスルームも清潔感があり、シャンプーやボティソープ類、歯磨きセットなど基本的なバスアメニティはすべて用意されています。

全408室を擁する「THE KNOT TOKYO Shinjuku」にはいくつものランクがありますが、なかでも一番の景色が望める、13階の「エクストララージデラックスツイントップフロア」も見せていただきました。

宿泊した日は曇りでしたが、それでも大きな窓からは光が差し込み、部屋全体がとても明るいです!

「新宿中央公園」が一望できて、目の前には都庁!長年東京に住んでいますが、こんな景色は初めて見ました。春は桜、秋は紅葉と、お部屋から季節を感じられるので、時期を変えて泊まりたくなってしまいます!

最上階の部屋限定で置かれているこだわりが詰まったデザインチェア。珍しい形をしていて、包み込まれるような座り心地です。

こだわりは各部屋にあるカップにも。紅茶、珈琲、お酒、なにを飲むにも使いやすいサイズのカップは、長崎県で作られる「MARUHIRO(マルヒロ)」の波佐見焼のそば猪口です。それぞれの客室でデザインが違っています。

フォトジェニックなベーカリー&ティースタンド

宿泊者以外の方も利用できるパン屋さん「MORETHAN BAKERY(モアザン ベーカリー)」は、常に焼きたてパンの香りが漂い、朝から大人気。

アニメ映画『魔女の宅急便』に出てくるパン屋さんのような可愛い店内にワクワクしちゃいます。

定番のクロワッサンや食パンはもちろん、珍しいパンもたくさん。個人的には「アボカドベーコンエピ」(330円)がおすすめです!

「MORETHAN BAKERY」で一番人気の商品は「グリルドチーズサンド」(550円)。二種類のトーストから選べて、追加料金でカスタマイズができます。

トマト(プラス100円)や目玉焼き(プラス150円)を追加すれば、腹持ちも良くてランチにぴったり。暖かい日は目の前の「新宿中央公園」に持っていってピクニックをするのも良いかもしれません。

私はザラメ(プラス50円)を追加しました。トロッととろけるチーズとザラメの組み合わせが甘塩っぱくてとっても美味しい!この取材を機にプライベートでもこちらによく来るようになったのですが、必ずこのセットをオーダーしています。

ドライフラワーが吊るされているカウンターは「MORETHAN TEA STAND(モアザン ティー スタンド)」。ベーカリーと隣り合うティースタンドでは美味しい紅茶をいただけます。ストレートティー、ミルクティー、チャイなどがあり、トッピングにタピオカや生クリームの追加もOK。

ドライフラワーをバックに撮影するだけでオシャレな一枚に。宿泊した翌朝は、ホットティーを持って周辺を散歩。寒い時期はカップを持っているだけで手が温まるので嬉しいですよね。

ティースタンドで飲める紅茶は、スリランカ産の新芽の先端だけを使い、すっきりとした甘みの優しい味わい。アールグレイを飲んだのですが「茶葉だけでこんなにも味が違うのか!」と驚きました。

こちらの茶葉は普通の紅茶よりもカフェインが少ないということなので、夜でも安心して飲めます。気に入ったら自宅やプレゼント用に買ってみては?

また、エントランスを入ってすぐの吹き抜けになっている1階と2階には、それぞれ雰囲気の違うレストランがあります。1階「MORETHAN DINING(モアザン ダイニング)」は朝〜夜まで、2階「MORETHAN GRILL(モアザン グリル)」は昼〜夜の営業です。

1階「MORETHAN DINING」はモーニングとランチタイムがビュッフェスタイルになっていて、常に予約で満席の人気レストラン。フレッシュな野菜でビタミンをチャージ!

メニューの種類も豊富で、できたてのお料理がどんどん運ばれてきます。

もちろんスイーツも!見た目もオシャレでさまざまな種類のスイーツが食べられるということもあり、店内は女性が多め。ゆっくりお喋りしながらランチをできるような明るい雰囲気です。

アートギャラリーのようなホテル施設

ホテル内はギャラリーのようにアートが飾られていて、国内外のアーティストの作品を楽しめます。作品にもよりますが、大体2〜3ヵ月ごとに入れ替わります。

ロビーの階段下がDJブースになっていて、日によってはカクテルパーティーなどのイベントが行われます。これからイベントが増えていくそうなので楽しみです!

ホテル内の色々な場所で飾られている自転車。周辺を満喫するために「tokyobike(トウキョウバイク)」のレンタルサービスがあります。新宿だと電車で行ける場所も多いですが、自転車なら今まで知らなかった素敵なスポットに出会えるかもしれませんね。

ホテル施設の説明、周辺のガイドについては、各客室やロビーに置いてあるオリジナルニュースペーパーをチェック!

周りを見回すと外国の方ばかりで、宿泊客のおよそ8割を海外からの旅行客が占めているそう。アメリカ東海岸のようなレンガ造りのデザインも相まって、まるで海外に来た気分で楽しめます。

最近よくこちらのベーカリーとティースタンドに行くのですが、客室以外なら宿泊していなくても入ることができるので、皆さんもぜひ行ってみてくださいね!

■THE KNOT TOKYO Shinjuku
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-31-1
TEL:03-3375-6511
時間:チェックイン15時/チェックアウト10時
料金:パークビューデラックスツイン(一室)9300円~、エクストララージデラックスツイントップフロア(一室)2万2800円~など

photo:田島知華(たじはる)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • もえのあずき もえのあずき
  • Masa Masa
  • yui yui
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ