「〆パフェ」ならぬ「〆ケーキ」?金沢の繁華街でひそかにブームなお酒の後のお楽しみ

「〆パフェ」ならぬ「〆ケーキ」?金沢の繁華街でひそかにブームなお酒の後のお楽しみ

食・グルメ タルト ケーキ クッキー 石川県 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

金沢市の繁華街「片町」は、おいしいお酒や料理を楽しむ人が集まる夜の街。その片町で「夜だけ」オープンするケーキ屋さんが、いま地元の女性を中心に人気なんです。お酒の後に〆パフェがブームの昨今、夜のケーキでひそかなブームとなっている秘密を探るべく、お店におじゃましてきました。

Summary

風情ある夜の木倉町に立つフランス菓子店

「エル・トレゾア」は、創業25年のフランス菓子専門店。今回おじゃました「片町店」は、2015年にオープンしたエル・トレゾアの2号店です。本店のパティシエが「いつでもケーキを提供できるように」と夕方からの営業をはじめたこちらのお店が、夜に大きな賑わいをみせる片町のスタイルとマッチして人気に。昔ながらの居酒屋さんが並ぶ風情ある木倉町通りでは、赤いフランス語の看板が目立ちます。

お店に入ると、ショーケース内には抹茶やベリー、チョコレートを使った、色とりどりの美味しそうなケーキがずらり。日はもうとっくに暮れていますが、「エル・トレゾア」はこれからが本番。イートインスペースではほろ酔いの女性ふたりが〆のケーキをつまんでいたり、お仕事帰りのOLが自分へのごほうびにケーキを買って帰ったりと、夜ならではの使い方をされているようです。

金沢のお酒の〆には、季節のケーキやタルトを

焼きフルーツタルト(単品378円)は、片町店限定の季節メニュー。表面サクッと、中はしっとりな生地で、季節の焼きフルーツの香ばしさが口の中いっぱいに広がります。春ぐらいまではリンゴですが、小ぶりなのにすごい満足感!コーヒー(432円)などドリンクとのセットでいただけば、54円引きでいただけます。

木いちごジャムロールのデザインがかわいいカジノ・イヴェール(432円)は、独特な口どけから優しい甘みが広がります。いちごムースの中にカシスのクリームが入っており、ふわふわなくちどけが印象的。イチゴ風味のソースでコーディングした光沢のある見た目は高級感もあって、フォークをいれるのがなんだかもったいなく感じてしまいました。

店主の奥様お手製のアイシングクッキー(270円~)も名物。「二度と同じデザインは作らない」のがこだわりなのだそう。猫好きだけあって、特に動物クッキーの描写には、並々ならぬ愛情と手間を感じます!

夜の片町で食べたケーキが忘れられないなら「もりの里本店」へ

夜限定で営業曜日も限られる片町店ですが、もりの里本店は朝10時30分から19時30分までの営業、火曜日のみ定休でできたてケーキを取り揃え。夜の片町で食べたケーキの味が忘れられなくなったら、もりの里本店に行くのもいいかもしれませんね。


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください