有名日本料理店が手がける「食べ放題おでん」をリバーサイドのテラスで

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
福岡県 食・グルメ 和食 居酒屋 お酒 リバービューのレストラン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

室見川沿いに佇む、手作りおでんと家庭料理の店「あたご三丁目」。すぐ近くの老舗日本料理店「とり市」「三四郎」の姉妹店と聞くと、敷居の高さに尻込みしそうですが、緊張しなくても大丈夫。店内はとってもカジュアルな雰囲気です。しかも、独自スタイルの食べ放題&飲み放題のコースが3240円~と、まさかの二度見価格。誰を連れて行っても喜ばれること、間違いなし!

Summary

ハイクオリティな食べ放題+オリジナルシステムの飲み放題が驚愕価格!

「あたご三丁目」に入店できるのは、20歳以上の成人のみ。おでんの香りと大人たちの落ち着いた笑い声で満ちている、ゆるゆると穏やかなお店です。

開店時刻である16~19時までの間に注文できるのはコースのみですが、このコースがちょっとすごいんです!テーブルオーダー式でのおでん食べ放題、セルフでの家庭料理取り放題、さらに天ぷらと焼き物までデフォルトで付いてきます。

ドリンクはちょっと変わったシステムの飲み放題。まず、最初の3杯は、生ビールや日本酒、ワイン、ウィスキー、チューハイ、ソフトドリンクから好きなものをオーダーできます。焼酎なら何杯でもお代わりが可能です。

熱々サクサクの天ぷらと焼き物の内容は日替わりです。焼き物は旬の魚介がさまざま。今日は何が登場するか、来店するたびにワクワクします。

野菜とお魚がメインの家庭料理も、好きなだけ

注文したおでんが来るのを待つ間、大皿コーナーを物色。棚は、肉じゃがやサラダなど、奇をてらわない和の家庭料理でいっぱいです。それぞれの皿には価格が表示されていますが、コースを頼めばどれも取り放題なのでご安心を。

魚料理もちらほらと。大皿料理に使われる魚介は、長浜市場や姪浜市場で仕入れるもので、素材の良さは折り紙つき。

この日出ていた料理は菜の花、一口おにぎり、厚焼き卵などなど。どれもホッと落ち着く味わいです。お腹がいっぱいになってしまわないように、少しずつ取りましょう。

満を持してやってくる、あったかおでん!

注文後しばらくすると、おでんが次々と運ばれてきます。継ぎ足しながら味を深めてきた出汁の中でトロトロと煮えたおでんたちは、みんないい色合い。タネには厚揚げや卵、大根など定番がひと通り。

ボリューミーなワカメも、おでんの出汁と好相性!また、出汁の美味しさを余すところなく味わえる温かいそうめんは、最後の締めとしてもオススメです。

テラスでは、パノラミックな室見川ビューを独占

「あたご三丁目」テラスより、明治通り側を望む
「あたご三丁目」テラスより、明治通り側を望む

「あたご三丁目」が位置するのは、室見川が博多湾に注ぎ込むちょうど河口のあたり。テラス席を予約しておけば、リバーサイドならではのパノラミックな景色も楽しむことができます。季節によっては、たくさんのカモメの姿も。

日が傾いていくに連れて、刻々と変化する空の色にうっとり。傍には、おでんと焼酎。まさに、至福のひとときです。

テラスには屋根があり、寒い日や風が強い日には半透明のカーテンで覆ってもらえるので安心です。またテラスに出ずとも、店内のテーブルやカウンター席からも、広い窓越しに気持ちのいい景色が眺められますよ。

「あたご三丁目」は、地下鉄室見駅から歩いて5分ほどと、アクセスも良好。明治通りから室見川左岸の路地を入ってすぐの右手にあります。こぢんまりとした入口なので見逃さないようにご注意を!

text&photo:仁田茜

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • YURIE YURIE
  • 東原妙子 東原妙子
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • あや猫 あや猫
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ