スペイン国鉄のエース 「AVE」!

スペイン国鉄のエース 「AVE」!

おでかけ &mores 久野知美 鉄道 鉄活 女子鉄
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

今回は、トレドへのアクセスの際にもご紹介したスペイン国鉄のエース・高速列車の「AVE(アヴェ)」についてのお話です!

Summary

都心のオアシス!マドリード「アトーチャ駅」

前回のコラムでも触れましたが スペイン旅の拠点となるのは、トレドにアクセスした時にも利用したマドリードの中心駅・アトーチャ。駅舎は伝統的なレンガ造りですが、 内部は近代的。スペインの近郊線と長距離線のいずれも有していて、こちらの駅からスペインの主要な都市へどこでも行くことができます。

駅構内に、植物園!?

駅構内には、熱帯雨林の巨大な植物園が設置されていて、 駅にいながらにして森林浴が楽しめます。出発駅となるアトーチャでは、荷物検査を経て高速列車「AVE(アヴェ)」に乗車します。AVEは出発の約30分前に番線が決定するので、場内アナウンスにはしっかりと耳を傾けてくださいね。構内はスペイン語と英語のアナウンスでしっかりとお知らせしてくれますが、AVEは基本的に先頭車と最後尾車を併せて10両編成と長めなので、予約が端の車両の席の際には特に気をつけておきたいところ。

特一等専用のビジネスラウンジで、待ち時間も優雅に

ちなみに、クラブ(特一等)なら、AVEビジネスラウンジの利用が可能です(一等のプリファレンテは不可)。乗車 券は、乗車時にホーム入り口にてスタッフがEチケットをスキャンする仕組みなので、構内は基本的に利用者のみ。 厳密な駅改札システムのない多くのヨーロッパ鉄旅の中でも、安心して使える駅の一つでもあります。ただ、出発の数分前には、予告なしに扉が閉まるので注意してくださいね。

時間によって、食事サービスも!

比較的新しいAVEの乗り心地は上々。加速もスムーズで、 今何キロ走行かというのが車端部の液晶モニターで随時確認できます。スペインの広大な敷地を320kmで走り抜けるので気持ちが良い!特一等(クラブ)・一等(プリファレンテ)は車内で食事のサービスもあり、快適に朝食が摂れます。ゆったりとした移動を楽しみたい方は、是非一等 以上の利用を!仲良し家族旅・母娘旅なら、いつもは話せないことまで語れてしまうくらいスペシャルな時間になるハズですよ。

食堂車も是非、活用を♪

車内はビデオやオーディオシステムも完備され、まるで飛行機の機内サービスのようなクオリティのおもてなしを楽しめます。食堂車は、路線の特徴か、ビジネスマンの利用も多く凛とした空気が。携帯片手に働くスペインの企業戦士とビジネスの話で盛り上がるかも!?このまま一気に、バルセロナ・サンツ駅を目指します。

バルセロナの主要ターミナル「バルセロナ・サンツ駅」

バルセロナ・サンツ駅は、バルセロナで最も主要なターミナル駅。ホームが地下なので、宇宙船の秘密基地のような雰囲気も漂います。一方で、改札階はファストフード店にカフェ、アパレルショップなどが並び明るい喧騒が。地下 鉄の駅とも接続しているので、身の回りの貴重品には十注意を払って楽しい旅を!


※この記事は「るるぶNEWS」で2016年に掲載されたものです

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください